南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

グリコーゲン+水。

曇っていると、肌が楽です。チリチリしてくる感じが減じます。
さて、金曜日の出稼ぎ生放送で、いつも感じることがあります。
「すっごく、お腹が空く」のと
「すっごく、はばかりへ行く回数が増える」こと。

前者は、座り仕事中、密やかに脚部強化のアイソメトリックや
呼吸法で、それ相応の運動状態を造り出しているから(たぶん)。
後者は、もちろん時間計りで声をあげて口も乾くので、水分を
摂るからでもありますが、ひとつ判ったことが。

脳は身体の5分の1ほどのエネルギーを消費しているそうです。
栄養分は糖分ですよね。
糖質を食べるとグリコーゲンと水が結合して体内に蓄積する。

で。
脳をたくさんたくさん使うと、これが分解されて糖分が脳へ行く。
すると、グリコーゲンと離れた結合水が、排出される。
これが、午後の籠り部屋へ行ってからも続く、あたかもミルク飲み
人形であるかのようにお手洗いへ行く理由。

…なんだろうな、と。仕組みは知っていたけど、今日はつくづく
実学として理解が深まりました。
運動機会を作れない時は、ガツガツ脳を使うがよろしいようで。
(筋量、骨量は別にして、少なくとも蓄積した物は分解されるし)

何か突発的なことが生じて、すぐさま反応し対処していた皆さん
今日は殊の外グリコーゲンの分解率も高かったかと思われます。
[PR]
by saporterK | 2011-05-27 23:31