南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

アーユルヴェーダな庭へ。

本日定休。
お昼前に家を出て、レッツ出稼ぎ。

途中まで2分以上押したのに、突然キューシート通りに巻く事件。
隣から「巻いてる!?巻き?!」を(心理的に)10回くらい叫ばれ、
思わず不安になり胃にバッキュンきました。

間違ってなかったけど、間違ったみたいな…。
知るかーっ。私は時間を読んでただけじゃーっ。
…とか思って、あまつさえ口にできたらラクでしょうが、少しの時間
「胃=己」くらい一体化してました。

ちょうどジョン・ガバットジンのマインドフルネス・ストレス低減法を
読んでいるところなのですが、人って例えば痛みが生じたら、
意識がもうそこにばっかりいってしまいがち。

つまり、痛み=自分になっている。
でも、全体性を意識化できるようになると、全体性としての自分の
「一部」として痛みが在る、ということになりますね。
この「余白」の違い、大きいです。
そうした認知の修正法をプログラム化した技法であります。

…なんてことをこっちのブログで書くなよって感じではありますが。

さてバッキュンした胃を抱えていたから、でもないのですが、
たまたま帰りに寄ったホームセンターで、アロエベラとブラーミーが
売っていたので購入してきました。

アーユルヴェーダ的に、アロエベラは健胃剤で、ブラーミーは
記憶力維持に処方されます。

ブラーミーを食べる人はアーユルヴェーダを知らないとまずいませんが、
味は食べ始めはキュウリの皮。で、よく噛んでいると苦くなる。
でも葉っぱ野菜によくあるタイプの苦みなので、サラダに混ぜたり
したらおいしいです。

昔の推理小説で、庭の草花が実は全部毒を持っている植物だった…
みたいなのありませんでしたっけ。
それの毒ではなく薬としてアーユルヴェーダな庭を目指したい。

徐々に、鉢にアーユルヴェーダで使う植物を植えております。
そのうちお店にも置こうかと。
[PR]
by saporterK | 2012-07-25 21:37