素。

開店前から、サクランボ狩り帰りという2組で、まだ洗濯機の順番を
待っていた私は、スッピンにかろうじて日焼け止めを塗った状態で
お店に行きました。
でも厨房でダリダリに汗をかき、お化粧をしていなくて良かったです。
その後しばしお茶ひきだったのですが、夕方ちょっと前に再び
食事のお客さん達がいらして、またダリダリ。
どこからこの水分は出てくるのだろうか…。

久しぶりの「まとまった」雨。かなり蒸し暑いですが、まさに恵みの雨。
サクランボ観光も、この土日がピークでしょうかね。
観光の後にお店に寄って下さるのはありがたい。

でも、いつも言うのです「しこたまサクランボを食べた後、水物はNG」。
食事するくらいにお腹を空けておくのは、目の前にサクランボがドサッと
実っていたらなかなかコントロールできないかもしれません。
夏の果物ですから身体の熱を冷ます作用がありましょうし、繊維質も
あるし、可愛いサイズなので良く噛まないでいると、とても消化しにくい。

「サクランボって、おいしいけど、食べても1度に5、6粒だよね」
地元だけに言える贅沢なこと。しかし消化力のためでもあるのです。
食事をしてからサクランボ狩り…という順番をお勧めしたいところですが、
せっかく農園で穫ったそばから食べるなら少しでも多く食べたい、のが
人の心理というものでしょう。

お腹が痛くなるほど食べた果物の記憶…

私は、子供の頃の、スイカ。
力強くスッピンで断言。
[PR]
by saporterK | 2013-06-15 23:19 | Comments(0)