南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

アイスコーヒー。

前回の定休日。
マスターが、オーディオ関係で知られたお店で、常連さん達から
教えていただいた、オーディオのお店を不意に思い出し、
「とりあえず行ってみるべ」と行ってきたそうです。

が。

「まぁ行けるだろ」な気持ちで、簡単な地図も書いてもらわずに
行ったのもマスターにしては珍しいと思ったのですが、
結局辿り着けず。

その後、道をウロウロしていたら、喫茶店が目に入ったので
飛び込んでアイスコーヒーを飲んだそうです。

で。

うちと同じ問屋さんの看板だったのですが、うちとは豆の種類が
違って、すっきりまろやかな味で、美味しかったそうです。
うちのは、しっかりまろやかなコクで、飲みごたえがあります。

見つからないお店を探して彷徨い続け、まるでオアシスを
見つけたかのようなタイミングで飲んだので、心理的な美味しさも
加算されているとしても、マスターが珍しく褒めちぎっています。

が。

「で、どこだったの?」
「グルグルして、まったく覚えていない」

ぎゃふーん。

この辺はマスターにしては誠に珍しい出来事です。
その日は曇り。影の出方で方向を捉えること能わず。
「細い道だった」そうなので、目印になるような看板や建物も
そもそも少ない場所だったので、仕方ないのか知らん…

で。

早速、配達にきた営業マンに「アイスコーヒー」の豆の種類を
聞いたらしく、サンプルを貰うことになりました。

ところが。

2種類の新作のうち1種類しか来ない、何をブレンドしているか不明、
グラム単価も不明、豆で配達か粉で配達かも不明。
事務のおばちゃん、不手際です。その辺は後日支店長に聞くとして。

私は現在のアイスコーヒーが好きなのですが、さて今月中には
もう1種類来るであろうと想定し、まず届いた1種類を。

「これじゃないけどな。でもこれもスッキリはしてるよな。
でもお父さんが飲んだのは、スッキリして且つまろやかだった」
という一杯を私も飲みまして、たしかにスッキリサッパリとして、
喉が渇いている時はゴクゴクいけてしまいそうです。

美味しい。でも、やっぱり現行のほうが好き。
冷たいものをゴクゴク飲まなくなって久しいので、やはりもう少し
味の深みを求めたい…など、親子でぐるぐる意見を出しています。

常連さん達にも試飲していただいて、多数決といったところでしょうか。
現在アイスコーヒーに気持ちが向けられております。
[PR]
by saporterK | 2016-06-22 23:52 | Comments(0)