うれしやな。

15〜20年ほどぶりのお客様がいらっしゃいました。
「娘さん、学生さんでしたよねー」ということでしたので、
私が高校生から大学生の頃、お店の初期の頃に「いつも7、8人で」
来て下さっていたそうです。

全てを懐かしみ、当時カウンターに置いていた、丸くてでっかい
花器に枝物をよく飾っていたことなど、思い出話をしてくださいました。
当時ほとんどお店には出なかった「病的超絶人見知り女子」だった私も、
うっすらぼんやり「あー、このくらいの、大きくて丸い花瓶に…」と
記憶が蘇ります。よく常連さん達から、切り花ではなく桜などの枝物を
頂いていたので、見応えのある飾りが多かったのでした。

「あそこが、ここが…」タイムスリップしたみたいな時間でした。

たまに「ン年ぶりに来ました」と仰るお客様がご来店します。
嬉しいですね。
「まだやってるかなー」と思いつつ、周囲もだいぶ変化しているので
驚きつつ、「あったー」といってドアを開ける。
トンネルを抜けるとそこは雪国だった…かのように、ドアを開けると
ティーンエイジャー(!!)だった私がアラフォーになっていた…「うわー…」

そして必ず問われます「奥さん(お母さん、ママ)は、お元気ですか?」

そうですよね。
10年以上ぶりの方にとっては、母のほうが記憶に深く刻まれているはず。
「今はスッカリ家庭菜園農家です」
ホントなら、両親が揃って「いらっしゃいませ」とお迎えするほうが
より一層懐かしさが増すのだと思います。

こうして「何年ぶりに来ました」と言ってくださるお客様達のおかげで
記憶刷新、上書き保存できます。
今なら昔のようにごった返してテンテコマイ、ということもないので
かなりゆっくり過ごしていただけますし、当時から時間が経って、
壁面に使用している赤松の板も、お店オリジナルの器も、家具類も、
全てが経年変化による「味」が乗ってきていますから、その違いを
感じていただくことでも、懐かしさと再びのスタートを味わって頂けると
思います。

私が居なかった頃の話も伺いたいですね。
私にとっては新鮮なので。

[PR]
by saporterK | 2016-10-29 23:30 | Comments(0)