南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

気づいたら3月。

2月が逃げていきました…というくらいの感覚です。
2月は「ヒヨドリとパン耳」月間だったので、ちゃんと楽しんでいました。
今もまだヒヨの旅立ち前なので継続中です。

私事ですが、今月から転職しています。
でもこれまでの出稼ぎ先と同じ曜日をあてているので、基本的に
週末にはお店でとぐろを巻いていることに変化はありません。
繁忙期になったらほぼいないかもしれませんが、それもなってみないと
わからないため、今のところこれという変化はありません。

とはいえ「初めて」が何事に於いても超絶苦手な私ですので、
職場が変わるというのは一大事です。
なので、お店でとぐろを巻いているという「日常感」によって、
その緊張感をおさめて、緩めて、明日へ繋ぐ、という大いなる流れが
ひっそり、なされています。
そのくらい、お店にいることに馴染んでいる、のかもしれないですね。
自分で思っていた以上に。

そういう感じ、お客さんにも抱いていだたけるようにしたいです。
私が「(私にしては)長時間の通勤の運転でメッチャ緊張するーっ」とか
騒いでいる間は、お店の空気もワサワサしているのかもしれません。

今日もワサワサしているので、ヒヨ達がパン耳を食べにくる姿を
ぼやっと眺めていました。
最近は、パン耳が盛られていても、とりあえず夏椿の枝にとまって
激しく鳴いてから、ふわっと降り立ってはドシドシ食べていきますので、
ヒヨ達も「来た」と知らせてくれているような気がしてきます。

もう明日5日は啓蟄です。
夏椿にも白い芽がたくさん。氏神様の桜も赤い芽の色が見えてきました。
夜がまだ寒くても、確実に季節が移ろっているのを実感しますね。
昼の空気の柔らかさ。
花粉症を刺激するモゾモゾ感。

虫も動き出す季節。
人も動き出すにはいい季節。

[PR]
by saporterK | 2017-03-04 23:19 | Comments(0)