南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

4月目の前

春は出会いと別れの季節です。
私は先月に別れを済ませ、今月に出会いをしました。

基本的に私は何事も「初めて」が大層苦手です。
しかし今回は思っていたよりスムースに移行しています。
意外でした。
何かを辞めて、何かを始める。
そういう変化で自分にも変化が起きるのかもしれませんね。

その変化に対応できるには、「変わらない何か」もまた必要。
お店に出ることは、私にとっての変わらないもの。
お店にいる曜日も回数も変わったけど、いること自体は同じ。
気持ちも身体も安心します。

新しい職場でも、変わらないものを持ち込みました。
いつも飲んでいる紅茶。いつも使うカップ。ハッカ油スプレー。
など。
自分を落ち着かせてくれるもの。

初めての仕事を教われば心臓ドキドキ。
電話を取れば声が裏返るし。
片道1時間超えの運転でヘトヘト。

でも、変わらない何かがあることで、浮き足立った気持ちが
ちゃんと治まっていきます。

喫茶店も、そういう「落ち着きを取り戻せる」場所だと思います。
小淵沢へはホントに往復するしか時間がないので、
素敵なカフェとかあるだろうに、未だ探すことができていません。

移動のエネルギーが増えている分、逆に安定(動かない)エネルギーの
充填が必要だと思いますから、休みの日は一歩も外に出ていません。

お店にいることも、安定というエネルギーチャージ。
暇でも忙しくても、変わらないという安定感で、疲れた心身が
勝手に癒えていく。
働く側もまた「落ち着きを取り戻して」いることがあります。

[PR]
by saporterK | 2017-03-29 18:12