南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

不具合か

IL DIVOのCDを開店前に聴いていた。お店のオーディオ機器はアンプがAccuphese、プレーヤーがSONY、スピーカーがAltec。家で聴くよりお店で聴いたほうが良いに決まっている。ジャズ向けの組み合わせの機器でも何でも、音が良ければ良いのだ。開店前は音量を上げて聴いている。
2曲目に入ったら突然「ブチッブチッ」と雑音というか音を拾い損ねたような音がしてきた。どうもアンプの調子が悪いようだ。オーバーホールに出して1年しか経っていないのだが、新たな不具合だろうか。
マスターが「いつも同じ音量で流すからなぁ(しかも小さめの音で)」と言いながら音量を上げたり下げたりして不具合の起きるところを探していた。そこを避けると問題はないようなので、暫く様子見ということにする。
修理に出している間、良い代替機を借りれれば申し分ないけれど、前回はひどかった。音の良し悪しの分からない私ですら「そりゃねぇっすよ」と呆れたくらいだ。
マスターは「湯水のように金を使えるわけじゃない」からあまりオーディオには深入りしなかったようだが、お客さんや知人の中には「家が建ちます」くらい入魂した物を持っている人もいるらしい。たまにオーディオに目をつけて話しかけてくれるお客さんと出会うと、マスターもノリノリになる。そして私は交わされる会話の殆どが理解不能に陥る。CDをYANNIに替えて聴きながら、今度修理に出している間は、私のBOZEのコンポをお店に持ってこよう、などと考えていた。
[PR]
by saporterK | 2006-01-29 23:49