南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

おしくじり。断面。炭素。

朝の出稼ぎで、ほうとうネタから郷土料理「おしくじり」について。要は煮崩れたかぼちゃの煮物といった位置づけで「しくじった煮物」だけどちゃんとした1品なので「お」を付けた、歴とした「おかず」。ほうとうが各家庭で異なるように、おしくじりも異なることが判明。でも、山梨県民なのに「おしくじり」を知らない世代が増えた。スタッフのYさんが「若い人達は知らないんだろうな」と言われて軽くショックを受け「私もまだ若いですよぅ…」。命名はともかく、普通に美味しいんですってば。(つい「しくじる」が方言なのか辞書を引いたが、標準語でした。)

今、少しばかり気持ちが下降気味なので、本日DのN君から「結局、昨日ケーキ切ったの、Kさんですか」と聞かれ「え、ダメだった?汚かった?」と条件反射的にドキッとしてネガティブな反応をしてしまった。昨日の放送後、借りた食器類を返却した折にお店の人から聞かれたそうで。「いや、きれいだったって」だそうなのでオーライ。キッチンセットにある切れないナイフで「ああでもにゃぁ、こうでもにゃぁ」と、薄暗い給湯室でどう切ろうか緊張しながらだったので、事なきを得てひたすら胸を撫で下ろす。番組で見せた物がイコールお店の品物として認識される以上、できる限りお店で供される状態に近づけたい。せっかくの食べ物、少しでも美味しそうに見せたいから。ホールケーキを一部カットして断面を見せるだけでも工夫が必要なのだと、昨日もモニター越しでは少し異なって見えるのを確認しながら思った。

今日の放送で、ダイアモンドの話が出た。私が「炭素にそこまで執着しない」と言ったら、オーディオ担当Nさんに静かに笑われた。同じ炭素なら私は鉛筆を選ぶかも。私が本物を身につけてもニセモノにしか見えないなら、鉛筆で漢字の練習でもしたほうがよっぽど為になるってものだ。
[PR]
by saporterK | 2008-02-16 01:13