南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

軽く本気で「イラッ」

夕べ、はぁやれやれと寝た頃に雨が降り出し、雷がガラガラ鳴って目覚め、そのまま朝の出稼ぎ。7時半ちょっと前には雷雨で「冗談か何か?」と思いながら家を出て、会社に着く頃に太陽がビガーッと照って、これまた「冗談か何か?」みたいだった。

40分番組なのに、リハーサルで4分10秒も押して責任なんか取れないんだから!と言いそうになりながら本番。私は触ってはいけない「CMを入れるスイッチ」を、とうとう私が押してしまった。持ち回りで担当するディレクターの中で不安要素がいっぱいの人が当たる時はいつも、横で「CM、CM!」と指でスイッチを指したり、ボールペンでコンコン叩いて教えているのだが、今日はカウントを始めても無反応なのを横目で見て、頭の中で「ぎゃーっぎゃーっ」と叫んで、CM入り3秒前でも何もしないディレクターを無視して2秒前にスイッチを押してしまった。心の中で言ったつもりが、装着した自分のインカムから「Aさん、APC押してくれないと困りますっ」という自分の声が聞こえた。その後も、VTRを流し始めるタイミングやらスーパーを出すことなどで、TDさんからもダメだしだらけの本日D担当さん。左右からダメだしを出されているのに意に介さずスルーしているのは、性格なのだろうか。久々に「もう!もう!」とダメダメな放送日。本番終了後はキューシートと台本をぐしゃぐしゃに丸めて叩き付けてしまった。もう!もう!本当に、もう!ただでさえネタがギッチリで余裕がないのに!

いつもは口で出している程には怒っても困ってもいないけれど、今日は久しぶりに本番中「軽く本気でイラッとした」日。心理学的に、高血圧以外はほとんどタイプAに合致する私だからではないはず。そんな私の隣で、普段物静かな本日オーディオ担当Nさんは、本番終了後私が丸めて投げつけたキューシートを見て、今日も静かに苦笑していた。おかげでハタと我に帰った気分なり。うぅむ。
Donna nobis pacem!!
[PR]
by saporterK | 2007-03-31 00:47 | Comments(0)

優先順位。

ワイン試飲会レポートをアップする度に、どうしてホームページ作成ソフトを使わないのだろうと自分で思う。もっと良いものが手早く作れるかも知れないのに。
それでいて、朝の出稼ぎでストップウォッチとモニタ、午後の1人仕事で放送テープを眺めている。「そのうちメガネっ子になるんだ」と恐れながら、しかもそれは労災が利かないのだともっと恐れながらやっている。

目が疲れて頭痛が起きるのに、本屋には足が伸びて、池内紀「作家の生き方」島村奈津「バール、コーヒー、イタリア人」を買ってくる。他の本は思ったほど今は面白く感じなかったのでやめる。実際買う本より立ち読みに時間がかかるのは仕方が無いが、その後お店までの約20分の運転のほうが疲れる。

お店では新聞の見出しを読んで、帰宅後はまずメールの返事、ネット。だんだん目の前にフラクタル図形みたいなチラチラが見えるようになる。今日、マスターが区の会計監査用資料を作ってくれと細かい表を手書きした物を渡してきた。私は事務職ではないので、とっくに表計算などの使い方は忘れている。でも期日が金曜なので、マニュアルでも眺めながら作るしかない。
今更近眼になるのも癪なので、せいぜい遠くの山を眺めるしかないが、今は夜なので、どうやって目を休めるかが難しい。まず、マスターの頼まれモノを片付けるのが最優先。でもその前に眠いし。。。
[PR]
by saporterK | 2007-03-28 00:03 | Comments(0)
お店に行きがてら桜を愛でる。まだ三分咲きほどだが香りが良い。甥っ子に「ここだけ香りが違うでしょう。桜の香り。すぅーはぁー。」などと教えてみるが、深呼吸だけは理解した模様。ユリアンに袖にされてため息もついていたけど。

f0053615_0144839.jpgさて2歳を迎えた甥っ子に「はちみつパンを進呈しよう」と宣言をしてしまったは良いが、ウケを狙って「2」の形にしたものの、1個あたりの生地が思っていたより大きく膨らんで、成形した本人だけが「2」と認識できるような有り様。フカフカふわふわなのは同じだけど。焼きたての時に来た義姉上に「2、になるはずだったのだが」と言い訳をしておく。むむむ。


f0053615_0173040.jpgくるりと天板の向きをかえて、チョコレートスプレッドで目を描いて「似てないけど、はらぺこあおむし」ということにする。これでは見えないけど、ローズマリーを刺して触覚も付けた。これを見たマスターが「なんだこれは」と真剣に聞いてきて凹む。「はらぺこあおむし」と答えて苦笑され、なお凹む。左下が頭で、上へ下へくねくねして右上が尻尾、のつもり。「2」のまま進呈したほうが可愛げがあったろうか。いや、味は良いのだ。気にするまい。
[PR]
by saporterK | 2007-03-27 00:28 | Comments(0)

男の料理。

f0053615_23332059.jpg寝過ごしてご飯も食べずに慌ててお店に。スイッチが切れないよう、昨日焼いたパンで、チーズを乗せたり、ミルクジャムとチョコスプレッドを塗ったり。ディンブラでミルクティ、オレンジの蜂蜜とヨーグルトで朝ご飯(世間の時間ではお昼)とする。

結局お寺のイベントには母上が行き、マスターはずっとカウンターにかじりついて、区の総会用資料を作成。電卓と通帳を見ては「なんでこれが特別会計じゃないんだ」などブツブツ言っている。脳みそに糖分を補うため「甘いほう」と紅茶を献上。

夕方に来店された常連さんが「料理を習ってみようかとも思うけど、どうせなら栄養学的なことも教えてくれる所はないだろうか」という。丸元淑生「豊かさの栄養学」みたいな分子レベルまでか、或いは糖尿病対策やメタボ対策的なことか、ともかく「どうせやるなら徹底追及」ということらしい。料理は「化学と技術」を要するが、まず技術を身につけてから作っているうちに化学の部分は解ってくるだろう、と説明する。これからプロになるのでなければ、最初からそこまで気負っていると、料理そのものが苦痛になるのではなかろうかと危惧する。セカンドライフから始める男の料理は不経済になりがちらしいので、どうせなら経済にまで徹底追及されたし。
[PR]
by saporterK | 2007-03-25 23:59 | Comments(0)

春の雨。

f0053615_23321123.jpgお昼頃にちょっぴり日が差しただけで、1時をまわった頃だったか、ユリアンが風が吹き雨が舞ってくる中、朝ご飯が足りなかったと見えてお店にやってきた。お店の前に植えた夏椿の根元と、大きな植木鉢にこぼれて生えてきたところに菜の花が咲いた。その隣にはミントもちょっぴり葉を出している。桜も咲いてきている中での寒い風雨なり。花が咲いての雨は、果物に影響しそうだ。

f0053615_2332378.jpgあまりザックリしないタイプの配合でパンドカンパーニュ風のパンを焼く。捏ね始めて間もなくオーダーが重なって、何回か中断した割には影響は無かった。ただ、成形がヘタだったのか、微妙に球体っぽく高さのある焼き上がりになった。もう少し扁平に成形しないとダメだったのだろう。皮が、上顎を削るほどにはバリッとしなかったけど、中は思いのほかフカフカ。焼きが甘いわけでもないのだが。

f0053615_2333111.jpgカステラとパンがあったら迷わずカステラを選ぶのに、地区の総会から戻ったマスターが、虫養いに珍しくパンを選んでチョコレートスプレッドやハチミツを付けてモグモグしていた。カステラを切るのが面倒だったのかもしれないけど。
[PR]
by saporterK | 2007-03-24 23:51 | Comments(0)

はらぺこ。

本番中ずっとお腹がぐぅぐぅ鳴っていた午前の番組放送終了後、マスターが日曜日のお寺のイベント準備の為に不在となるので、すみやかに帰る。あまりの空腹でお腹がえぐれ、母上が特急でパスタを茹でてくれ、特急でモグモグ。空腹でスイッチが切れそうな時の目眩を、久しぶりに味わう。朝はおにぎりを2つ食べたのだが、はらぺこ。

常連さんの息子君が、マスターに会いに来店。「ごめんね、まだ戻っていないんだ」と言うと、ちょっとしょんぼり。彼1人で来る時は、マスターと話すのが目的なのだろう。コーヒーを出して間もなくマスターが戻ってきて、ジャージ姿のまま「よぉ、いらっしゃい」と言うや、息子君の顔がパッと明るくなっていた。しょんぼり一転笑顔。かわいい。大学こそ共学だったのに、同級生男子と交流が無かった私は、大学生男子が珍しくて仕方ない。私は、お年頃な男の子に出来る話ってないなぁと、ちょっぴりしょんぼり。ま、一人暮しやバイトの話くらいはあるけれども。

義姉上がアップルパイを焼いてくれた。でも虫養いする時間がなくて、閉店後、夕食分のエネルギーが切れてまたも空腹で目眩を起こしたのでモグモグ。パイを食べた3時間後の今、またもスイッチが切れそう。
くらくらでへなへな。

はらぺこな1日なり。
[PR]
by saporterK | 2007-03-24 01:52 | Comments(0)

くす玉ケーキ大風呂敷。

f0053615_23281240.jpg何っていつもと変わらない1日を始めて、いつもと変わらない出稼ぎ先へ。放送終了後、照明機材にくくり付けた「何度も使える」くす玉が、パカリ。わー。ぱちぱち。人生に1度くらいは、はしゃいでみることが、あっても良い。くす玉の中身が、ひらひらよれよれ揺れる姿がおかしくて、帰りの車中で思い出し笑いが止まらなかった。放送終了後の忙しい時間を割いて下さって、皆さんありがとう。

f0053615_23283164.jpg色々と気にかけてくれる、社内で一番親しいYさんからは兼ねてよりの希望でケーキ。「3つ1度にどうぞ」ってことで、本当に夕食後3つ戴きました。苺カスタードのスポンジケーキ。クラシックショコラ。真っ白スポンジの真っ白ケーキ。さすがに蝋燭は立てなかったけど、味覚の快楽もまた満たされて幸せ。

f0053615_23315096.jpg私の良き助言者且つ理解者の姐さんから、ピリリと利いた一品。以前、雑誌に載っていたのに反応していた私を覚えていて下さったらしい。おめでたいがびっしり。で、大風呂敷なのね。制服姿の時代から私を知っている姐さんらしい贈り物。姐さんがお店に通い始めた年齢に、私が届く頃になりました。そして姐さんは、当時の母上の年齢に届く頃になりました。

昨日はフォションのアールグレイとミルクジャムを戴き、4日前は苺のクラフティを焼いてもらい、今日はこうしたウィットに富む人達から祝ってもらい、嬉しい1日。

最後に貰って一番ウケたのは、なんか半端な金額が1冊になっている「商品券」とその半端を埋める「2千円」をキャッシュ(しかも1000円札と500円玉2枚)でくれた母上。母上らしいと言うか人柄があまりに現れていて、ありがとう以外何もコメントできなかった。くす玉以上に笑えるのだが。うぅむ。
[PR]
by saporterK | 2007-03-23 00:12 | Comments(0)

Auguri di Buon compleanno!

ご先祖様のお墓の前で、無事に生きていることなど、あれこれ報告。墓標を見て、ふいに厄年について考える。祖母は本厄で亡くなり、母が本厄の時に私が難病を患い、では私が本厄を迎える時は何が起きるのだろうか。数年後は迫っているので、気を付けられることは気をつけるようにしよう。

母が結婚した年齢を超え、母が私を産んだ年齢を超え、その度「ほげー」と一息ついてお茶を飲んでいる。平和だ。なんて平和なんだろう。と考えているうちに日付が変わった。今年はお茶がワインになっているけど、無事にワインを飲んでぼやぼやできて、おめでとう、自分。

自分が無事に生きていることを確認した後は、好きな人たちのハッピーを祈ろう。皆の健康と、また一緒に過ごせる1年を願おう。大切なことが控えている人の成功を応援しよう。ぎゃいぎゃい喧嘩しても生活している家族を想おう。

大好きなみんなが、それぞれハッピーでありますように!!
なにより、私自身がハッピーでありますように。なむなむ。
[PR]
by saporterK | 2007-03-22 00:15 | Comments(0)

放置しておいしい。

ワイン試飲会で、ボトルにちょっぴり残っていたワインがあった。自分のことでいっぱいですっかり忘れていたら、マスターが自宅に持ってきていた。漸く少し首が動くようになったので、お風呂上がりに飲む。
f0053615_1062178.jpg岩崎醸造の「果王」2002。マスター曰く「今ブラッククイーンを使うの珍しい」、カベルネソーウ゛ィニヨンとのブレンド。これを飲む前に開けた別の会社のワインが、結構「緊張して」いたので、さっさとこれも開けて空気に当ててみたものの、20分くらいではあまり変化がなかったのが、ちょっと私には引っかかる感じがした。

栓をし直して2日も置いたら、その引っかかりが取れて飲みやすくなっていた。腰が抜けている感じでもなくて、今まで飲んだことのない味がした。それがマスターが好きなブッラククイーンの味ということか。ふむ。おいしいぞ。でもグラス半分に満たない量しか残っていなかったので、まるで幻の味みたいな気がした。

デキャンタージュというと、うんと寝かせたワインか、逆に若いテーブルワインのためという気がしていたけど、ワインは1種類飲むのに時間をかけた方がずっと面白いことは改めて判った。もちろんグラスの中で変化するのを楽しめば良いのであって、事情はあったにせよ2日も放置する必要はない。

お楽しみに飲んでいるチリ産のカベルネソービニヨンも、濃くてなかなかおいしい。お楽しみ用では好みじゃないのが続いたりした後なので、ことのほかおいしく感じる。
[PR]
by saporterK | 2007-03-21 10:24 | Comments(0)

チョコレート。

よく眠れないまま朝の出稼ぎ。今日の収録ではチョコレートがたくさん。鼻の血管が弱かった子供時代は、冗談抜きにチョコレートやナッツ類を食べると、お約束みたいに鼻血を出して大騒ぎになった。今ではそんなこともなくなったけど、リハーサルで食べる必要もないのにボリボリ食べているMCを見て「健康ってことなんだろうなぁ」と、ちょっぴり羨ましくなる。

コンビニで売っているのじゃなくて、2粒で1000円を超えるようなチョコレートも稀に食べたくなる。今日の番組ではスロットのお店を紹介して「2時間もいなくて1万5千円が消えた」というP&Dの話を聞いて「なんて勿体ない!」とギャンブル全否定の感想を述べたものの、私が「2粒で1000円超えるチョコ食べたい」なんていう考えも、人によっては「勿体ない!」と言われることなんだよな、と思って黙っていた。どうせ、私のことだから「おいしい」と言って終わるんだし。そういうチョコレートこそ、とっておきの時に自分で買って食べたい。

古本屋で藤原緋沙子の時代小説を2冊買ってお店に戻ると、母上が、以前一緒に食べに行った蕎麦屋「兎鳥」の蕎麦ピザの再現を試みていた。玄米味噌なので、兎鳥で食べた甘い麦味噌とおぼしき味よりすっきりして、私は母上の方が好き。ただ、生地を下焼きしていなかったようで、少し胃に重かった。要改良。先日お客さんから蕎麦粉を戴いて、私は蕎麦パンを作ろうと思っていたのだが。そして昨日の今日みたいに「パイ生地使うの?どうするの?」と畳み掛けられて返答に窮する。アンチョビパイを食べ損ねた恨みを、こんなところで突つかれても。ただパイ生地にアンチョビを挟んで焼いただけなのだが。むむむ。
[PR]
by saporterK | 2007-03-21 00:45 | Comments(0)