南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2007年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

同窓会。

ちょうどお客さんが引いたので、仕事を抜けて帰宅。
これから同窓会。
女の花園の6年間。男より女の目のほうがずっと厳しい。
「ずっと変わらないね」が、いつ「変わったね」になるだろうかと、同窓会の時だけ不安になる。

お食事デートをする時よりも、同窓会に行くときのほうが何倍も緊張する。
美人が多い同級生たちに囲まれて、ぼこぼこと溺れるようにもがいている自分を想像してしまう。思い出話から未来のことまで、たくさん食べてたくさん話してこよう。

その前に、、、
お化粧しなくちゃ!着ていく服を決めなくちゃ!
女子って仕度が大変だ。
[PR]
by saporterK | 2007-06-30 17:21

話す心地よさ。

出稼ぎ帰りに、あまりに空気がモワッとして気怠くなり喫茶店に立ち寄る。運転中に目を回すとラッシュ時はキケン。3人お客さんがいて盛り上がっている。店内は控えめな音量のBGMなので話し声が響く。私もよくどうでもいいような話をする。終わった途端に会話の内容を忘れてしまうような話。

カフェイン含有物のコーヒーが、状況に応じて交感神経にも副交感神経にも作用するように、どうでもいい内容の会話の心的効果について考えた。平均的に女性のほうが、会話によってストレスを軽減させるそうだが、今日は男性のほうが発散している感じだった。不躾なほどはしゃいだ口調だったのが面白い。帰り際「長々ごめんなさい」と言っていたが、4時間ほどいたらしい。以前お店で6時間半の記録をつけたお客さんがいらしたので驚きはしなかったけど、居心地が良いにしても腰は痛くならないのだろうか。

お客が私1人になったので、オーナーと食べ物のことなどのまともな会話をした。自家焙煎をして他へも豆を卸し、併行して喫茶店も経営するのは休みが無いに等しくて大変そう。私でさえ色々なことが後手に回るのだから、営業時間が長くて週休1日なら、さもありなん。焙煎や配達のない私のほうが時間の余裕はずっとあるけど、同病ならぬ同業相哀れむといったところか。同業とは話してないので、一方的に私が同情しているだけ。でも、好きなことを仕事にしていると堂々と言える、良い顔をしている人。
[PR]
by saporterK | 2007-06-30 01:22

甘いワナ、わなわな。

数字に変化はなくても身体の重量感覚に変動がある。今はわりと軽く感じている頃。我が家の体重計はデジタルではない、30年選手。ここ数年、実際より少し多めに表示されるので、敢えてそのままにしている。時計を5分進めておくようなものか。それでも、軽く感じられる時期は、大抵甘い物の誘惑に乗ると歯止めが利かない。

出稼ぎ前にプリングルスが居間に置いてあって、ぽりぽり。出稼ぎ先で、Yさんから越後製菓のきな粉餅という、サクサクおかきに甘いきな粉をまぶしたお菓子を1つ戴く。すごく、美味しい。袋を差し出されて、1つ。もう1つ。また1つ。嘘でも「もう充分」と言えない。自分が重く感じている時ならすんなり断ってしまえるのだが。Gアナのお土産にもきな粉煎餅があって、すごく、美味しい。揚げ物お菓子は胃を荒らすので避けるけど、頭に「トランス脂肪酸、酸化油、活性酸素」などの警告ランプが点滅していても、身体が軽く感じられる時には気が緩む。

f0053615_23302737.jpgお店に戻ると、常連さんから戴いたという和風チョコレートアソートの差し入れが出された。しかも、がっつり夕食をとった後で。ゴマとジャンデュイヤ2粒で我慢。チョコレートには、プロセッコやシャンパンが夏には美味しい。でもその場合のチョコレートは、常温でも溶けそうなほどの物でないといけない。そして発泡ワインはブリュットであること。それを勧められたら、絶対断れない。たまたまベビーボトルのシャンパンもヴァンムゥスもないのが、そして勧める人がいなくて今日は幸い。2粒で終わるなんてこと、絶対ないから。
[PR]
by saporterK | 2007-06-28 23:54

出稼ぎオファー。

本日定休。
夕べ、ベビーボトルでヴァンムゥスを飲んだらあまり美味しくなくて凹んで朝を迎える。寝転んだまま、買っておいたBON JOVIのCDを聴いていた。不眠傾向を直すには(それが生活習慣に所以する場合は)、早寝早起き朝ご飯だと口を酸っぱくして忠告されている。健康を保つ人は、夜何時に寝ようと、起きる時刻だけは同じにしている場合が多い。一時実行していたこともあったけど、昼間に落ちるように眠ることもあっていつしかやめてしまった。睡眠の確保にも、人それぞれ向き不向きがあるようで。

なんてことを考えていたら、母上が「映画に行きたい(から一緒に来い)」というので付き合った。「舞妓Haaan!!」。初めは笑えるシーンもあったけど、途中から間延びしてきて、とりあえず映画の2時間分に引き延ばしたような印象。終わり方も良くなかった。結局、母上も「予告編で観た印象と違ってた」という。入った喫茶店「ダン」で、ポットサービスでたっぷりのアールグレイを飲んで、しっくりこなかった映画の残念さを消す。ご近所さんらしい年配客がたくさん入るタイプの地元密着型の喫茶店。その後、母上の供で親戚が経営する写真屋へ。おじが経営するジャズクラブを手伝ってくれと言われたが、母上が茶化して有耶無耶になる。移転後まだ訪れたことがないので、私の聴覚が店内の音量と折り合いがつくかの確認も含めて、1度行ってみようか。駐車場さえ確保してくれるなら、出稼ぎして勉強になるだろうし。
[PR]
by saporterK | 2007-06-27 23:27
時々お昼を食べに行くお店で、またメニュー改変。ランチメニューが基本セットとオプションに分かれていて、基本セットの各料理も種類が増えて、選択肢がより細分化していた。で、基本とデザートと飲み物全てをチョイスすると、以前のランチメニューと同額になる、という構造。プリフィクスより、「選ばない」という自由度がある。だって、日によってお腹の空き具合は変わるので、デザートに辿り着く頃には苦しくなることもあるから。苦しんでまで食べる必要はないから。もちろん私の場合、滅多に選ばないことはないけれど。

食べたい物をより自分の好みに構築しやすい点でも嬉しい。でも、プリフィクスなだけでも嫌がるのに、デザートで300円、飲み物で200円足されていくのを意識することが加算されるのも嫌な人もいる。以前、プリフィクスのシステムを「何かの知能テストかセンスの有無を試されているみたい」と言った人がいた。私が「前菜にエビとグレープフルーツのサラダで、メインにエビのグリルを頼んでも、誰も文句は言わないよ」と少々極端な例を挙げたら「でも君は笑うよね」とやり返されたけど、それだけ自由だと言いたかっただけ。なので、気難しい人や優柔不断な人には向かないシステムかもしれない。私などは「この中から何でも選べる」と思っただけで嬉しくなる。時々「オードブルはこっちでメインはあっちが良い」と思う。豪華にしようと思えば、少し金額をプラスして選ぶこともできる。

お客さんに「選べる自由」として認識されるか、「選ばされる不自由」と敬遠されるか難しいところか。だからちょっとしたレストランには、ほぼ確実にデギュスタシオンがあるのだ。自分で食べる物を構築したくない人は、シェフに味覚も心もお任せすれば済むのだ。でもそれをランチにできるとは限らない。
[PR]
by saporterK | 2007-06-26 23:07

喜びの母上。

常連の姐さんに、私の強い帰巣本能や一向に進まない関係性について突つかれていると、勝手口が開いて、母上が「じゃ、ママ、出かけてくるから」と言うや、びゅーんと出かけてしまった。朝どこかへ電話をかけてから、私に「大倉正之助さんって、太鼓?」などと訊いて(太鼓ではなく、大鼓です。)いたので、随分ご熱心だことと思っていたら、甲府の桜座2周年記念でイベントがあったという。

結局、私があれほど「正之助さんは、大皮(大鼓)だから」と言ったにも関わらず、母上は「太鼓じゃなかったのね。でもテレビで観たことある人が目の前にいて、良かったわー」だそうで、いたく喜んでいた。母上は、まだ能楽師の職業は他と違う認識がある。「(少なくとも話す機会のある方達は)普通だよ」と言っても実感が湧かないのだろうか。母上は土壇場で積極性に欠けることがあり、正之助さんをはじめ、出演した人達に話しかける時間があったのに、尻込みしてしまったという。「娘がお能好きなんです」でもなんでも、話すきっかけならあったのに。もったいない。

でも、出演前の樹木希林と近所の喫茶店で行き会って写真は撮ったと言う。予定外に出演した堤真一は普通だったと言う。何が違うんだか。
[PR]
by saporterK | 2007-06-26 00:52

アイスモンブラン。

久しぶりに水道橋駅に降り立った。鼻の下に玉の汗を噴き出しながら、汗を拭き拭き能楽堂に入る。「景清」みたいに1時間前後のうち、シテが15歩しか動かない曲の場合は、普段行く能楽堂くらいの距離感が私には良い。しかも前列に座るおじさんが松の木となって、障りの月状態。若のシテがほとんど見えないので、謡を聴きながらツレやトモを眺めていた。シテの面が観たかったのだけど。冷房が足元を冷やし、休憩でお手洗いの列に並んでいる時に貧血を起こしかけた。後で、地謡座にいて暑くなかったから、さぞや見所は寒かっただろうにと言われたが後の祭り。観ている途中で目の前が数秒暗くなったのは、眠かったせいか目眩を起こしたせいか判別できなかった。

会の後、温かいお茶を飲んで暖をとり、巨大モンブランを食べた。すると、ナッツざっくりブラウニー、ミルクシャーベット、シャンティ、和栗クリームという構造。その割に器は冷やされていないので、慌ててシャーベット部分をつつく。マロンクリームは、白いんげんの味もした。添えられたコーヒーメレンゲが甘過ぎた以外はまずまずの味。でもナッツ以外、全て溶ける食感なので、メレンゲではなくて何かパリパリした食感で、キャラメルみたいに少し苦味のある物でアクセントをつけて欲しいかも。食べた分だけ動くため、四ッ谷駅までのたった5分を歩いてみる。上智大学沿いの道には真っ青な紫陽花が、涼やかに咲いている。その横を私が大汗かいて歩いている。
[PR]
by saporterK | 2007-06-24 00:16

若者よ。

朝の出稼ぎを終えて、バイト君と制作新人君とお昼を一緒に食べに行く。近所にできた「ごはんや」。トレーをスライドさせて食べたいお皿を取り上げて会計するタイプで、学食みたい。全メニューの表示がないので、料理を取ったものの後のケースにあるほうが良かったなんて思った時はどうするのだろうと疑問を抱きつつ、勝手がわからないので、おのぼりさん状態。

新人君は、顔が良いとか性格が良いとかあまり気にならないほど世代差を感じる。なんか、素直な「ボク」という印象。出身校を聞いたらさもありなん。現代っ子らしく、よく噛まないで、あっという間に食べ終わっていた。食べ方はまずまずきれいだったけど、よく噛まないと栄養にならないよ、と口が滑りそうになった。世のオジさん達が若い女の子の区別がつかないように、私がもはや若い男の子の区別がつけられなくなってきたのか、若者が往々にして存在感というかオーラというか印象が薄いのか。それも現代っ子の特徴か。

帰り途中、喫茶店に寄り道。「マノン・レスコー」を読んでいるけど、シュヴァリエ・デ・グリューのダメ男っぷり、マノンの不貞っぷりに拒絶反応(解説によると、娼婦型の女性が出てくる文学はマノンが最初だそうだ)。オペラではホセ・クーラが歌う「なんと美しいマノン」しか聴いたことがなかったので、もっと違う話かと思っていた。原作は3分の1を読んで「懲りない人達だな」という印象に、すでに食傷気味。古今東西、こういう昼ドラっぽい劇的さを人は求めているのだろうか。
[PR]
by saporterK | 2007-06-22 23:38

最後に頭をぶつける。

夕べ、気を取り直して友達と待ち合わせて夕食。「隠れや」。通された2階は屋根裏の物置みたいに天井が低く、身体を折り曲げなくては中に入れない。油断していたが、靴を脱いで正座(あるいは横座り、その他)のお座敷タイプ。女同士なので最後は足を伸ばしていたけど。腰痛持ちには要注意。シーフードサラダ、名古屋の赤みそモツ煮、鶏の唐揚げスイートチリソース、和コロッケ、漬物盛り合わせ、スパゲティカプレーゼ、バニラアイス、チーズケーキ、ウーロン茶で、近況話。

以前「喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな」という斉藤孝と倉田真由美の対談本を読んだ。私は女友達だとシラフでも何時間だって話ができる。女同士の会話は終着点がなくても成立する。相手が男だと、話し始めの話題に帰着する逸脱で留めてしまう。「で、結局何が言いたいの?」なんて言われたくないから。そうなると、突然話題を変えられない。仕事ではいくらでも話の接ぎ穂が見つかるのだが、仕事とは違う緊張感に晒されると、まるっきり貝の口になってしまう。私はそんなことばかり考えているから会話に花が咲かないのだろう。友達と永遠に話の軸が見えないような逸脱をしながら思った。料理は和洋何でもありで、ワインと焼酎がたくさんある。交通手段を確保できたら、お酒を飲みに行くことにしよう。靴を脱がず、正座にもならないカウンター席もあるというので。でも飲んだ際は、迷路のようで狭い階段がキケン。飲まなかったくせに、食事が終わって帰る時に天井に頭をぶつけた。もう!
[PR]
by saporterK | 2007-06-21 23:43

だらだら。

本日定休。
朝からテレビを見続ける。普段ドラマは見られないので、かちゃかちゃチャンネルを回していく。ジェイミー・オリバーの料理番組(何度目の再放送か判らないくらいのリピート)、ザ・クローサー、ギルモア・ガールズ、CSI:5、Sex And The City(これも何度目のリピート放送だろうか。)、ドクトル・ジバゴ。

見すぎて目がちくちくする。折よく(あるいはカナシイことに)体調が悪い日と定休日が重なってどこへも出かけられないときだけは、テレビドラマの存在を少し嬉しく思う。ドラマの中軸が関係ない物でも、強迫的に登場人物達が恋愛して躓いて思い悩んでいるのは、少々うんざりするけれど。特に今日は機嫌が悪いピークの日。熱はあるし顔は浮腫んでるし、頭はぼんやりして眠気があるのに眠れなくて。

居間で座りすぎて腰が曲がってしまう。ハーゲンのクッキーアンドクリーム、森永ビスケットのアイスサンドを続けて食べたりして、夏休み中の小学生みたいな過ごし方。でも甘い物を食べた後にすぐ歯を磨く点では大人か。
[PR]
by saporterK | 2007-06-20 17:11