南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2007年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

あちこち刈り込み。

ひとまずお店に出てから、国民の義務を果たしに行く。市長選では敷いてあった透明で少し柔らかい下敷きがなくて「これじゃ無記名の意味がない。音でバレるじゃん」という、いつものひねくれがムクムク湧いてきて腹が立つ。ので、がつがつ音を立てて書いて投票。だからって、何ほどのこともないけれど。

日が落ちる前に曇ってきたので、首にタオルを巻いて植木の刈り込み。始めていくらもしないうちに母上が来て「あら、ちょうど刈り込みしてたのね。じゃ、お寺に付き合ってよ」と強引に車に乗せられた。刈り込みバサミを持ったまま。
で、我が家のお墓の植木を刈り込んだ。前回、母上が1人で適当に切ったのが伸びて、何だかただ伸びた植木より酷い見た目になっていた。椿は手が届かないのでペンディング、柘植に似た植木を整理した。雨がパラついてきたので母上が「はいはい、そろそろ終わろー、あー、きれーきれー。」といい加減で魂のこもらない褒め言葉を出したので終わり。お寺の植木も伸びたところが気になる。でもそれに手をつけたら騒ぎになるので、横目でチラッと見るに留める。でも、うずうず。戻ってきてお店の前を再開し始めたら、今度は本降りに。その後も断続的に雨が降ったので、諦めて刈り込みバサミの手入れをして、油を注して終了。投票日なんて日は、有り体に言って暇なのだ。

明日は曜日がズレて2本撮りの出稼ぎ。月曜日は出稼ぎ用に早起きしない日というルーティンなので、稀に変則が起きると、夜飲んだコーヒーが効いちゃったりするのだ。
[PR]
by saporterK | 2007-07-30 00:18 | Comments(0)

電車の中から花火鑑賞。

本日所用で雲隠れ。
あまりの暑さで体力がなくなり、用が済んだら早々に電車に飛び乗ってしまった。都会の暑さは、温度的には山梨より低くても、不快感が酷い。竜王駅に降り立って、たぶん平素なら「今夜は暑い」と言う気温だろうが、思わず「涼しい・・・そしてクリーンエア」と、深呼吸したくらい。カエルが田圃でゲコゲコいうのさえ、ホッとする。

お腹が空いていたけど、東京では行ったお店が長蛇の列だったので諦めた。ベルトが緩んで何度か締め直しながら山梨に着き、遅い時間に空いているお店へ。うちのと違う美味しさのホットサンド、シンプルだけどひと仕事が施されているサラダ、オレンジジュースを、無言で牛飲馬食の勢いでひとまず胃に収める。なんか、必死になってモグモグ。食べ終わって「ひと心地ついたので、コーヒーとチョコレートケーキ下さい」。都会には掃いて捨てるほどある飲食店があるのに、コーヒースタンドには入りたくない、フランチャイズの居酒屋もイヤ、と思いながら何も食べられない不思議な状況に陥った。1人で歩いていると、稀にそんなことがある。長蛇の列に1人で並ぶにはお腹が空きすぎて、でも変な物は食べたくない、なんて片意地を張るような場合に。そしてきちんとしたレストランは大抵予約でいっぱいだったりするのだ。

ゆっくり1日を思い返して、暑くて倒れそうになったり、椅子が悪くて腰が変に痛んだり、帰りの電車が遅れたりと、まずマイナス面が浮かんだ。でも、椅子は悪くても席の場所は良かったし、邯鄲の枕で寝たらどんな夢を見るんだろうかと思いを馳せたりする心の余裕もあったし、電車の遅れがあった為に山梨市駅前の夏祭りの花火が車中から見られた。しかも私の大好きな種類の花火だった。定刻だったらとっくに過ぎていたのだから、これはラッキーなのだ。車中の誰もが歓声をあげた。地元のお祭りだから花火の規模は小さいけど、だから余計に良かった。
[PR]
by saporterK | 2007-07-29 01:27 | Comments(0)

世話焼きマスター。

出稼ぎから帰ると、マスターが植木に水を撒いていた。ユリアンが、爆発したゆで卵をドッグフードに乗せてもらった豪華版を食べているのを眺めていたら、マスターが「朝と夕方水を撒いても、お前のアサガオは鉢が小さいからすぐひからびる」と言って、少しおかんむり。ついでに「こいつら(サラセニア1号、2号、ハエトリソウ)も植え替えないと成長できない」とお小言がとんだ。ちょっとした植物虐待でもしているような言い方。むぅ。

植木とユリアンの世話が済み、我らも夕食。お腹いっぱい食べている私に「新しいケーキを取り寄せるか検討中だ」と、マスターが私の目の前にパフェスプーンを置く。直径4センチ程度で高さ10センチ程度のプラスチックの円柱状の器に、ビターチョコムース、ココアスポンジ、スイートチョコムース、グラサージュの層になった物。なんかすごいボリュームだぞ。紅茶をたっぷり飲みながら、完食。「上にホイップクリームを乗せると、チョコレートの濃さが和らぐ」と言うので「それは、私達には何てことないことだけど、too muchではなかろうか」と危惧する。マスターが言うなら、それはほぼ決定事項だが。夏にこってりチョコレートムースの層とコーヒーや紅茶。私なら打ち震えて喜ぶところ。健康志向に逆行しているような親子です。

私と交替するように出掛けた母上が、戻ってくるなり「桃があるわよ」と言ってくれるが、もはや一口だって食べられなくなっていたので丁重に断る。2人とも、何かと言うと兄上に「あれを食べるか、これもあるよ」と勧めていたが、兄上が結婚してからはその役が私にまわってきた。体重に変化はないけど、良いのか?
[PR]
by saporterK | 2007-07-28 00:07 | Comments(2)

化粧顔はどれも一緒。

履き替える靴を忘れて、サンダルのまま出稼ぎへ赴き「足がつる。足がつる。」と呟きそうになりながらも、情けなく猫背やズルズル歩きはしたくないので、社内をがつがつ歩く。「女の子って大変だよね」と言うのを聞いて、男の人って、女が思うほど何って見てないんだよなと改めて思う。兄上には「薄かろうと濃かろうとお前の化粧した顔で見られると、蛇に睨まれたカエルの気持ちがわかる気がする」とまで言われた。でもスッピンだとガン飛ばしているようでそれも怖いと言われた。

帰りの運転中、冗談抜きで足がつりそうになった。立ち寄ったお店で、大きな声で「31歳で、同棲に懲りて以来誰とも付き合っていなくて、実家暮らし。料理はできない。長時間の仕事も嫌い」と豪語している女の子がいた。同棲に懲りて、の部分は違うけど、世間には思ったより似たような人が多いと思ったら笑えてきた。私を「平成のシーラカンス」と評した人がいたが、どうも私だけじゃないぞ。もちろん、その子は人間的な失敗を経験している点では私とは異なる。もはや古い「負け犬の遠吠えですよぉ」と嘯いていたが、チラッと見えた顔に、私は蛇に睨まれたカエルの気持ちがわかった気がした。と同時に、私の化粧とこの化粧と、兄上に限らず多くの男性は同等に見ているのかと思うとショック。わ、私はクレオパトラみたいな目張りは入れてませんぞ。
[PR]
by saporterK | 2007-07-27 00:41 | Comments(0)

桃がメロンに。

本日定休。近所の子供は夏休み。課題なのか、朝からリコーダーで「エーデルワイス」の練習に励んでいて、何度やっても高音がひっくり返るのが聞こえて目覚める。

母上が「石を踏み外して、すっころんだ!」と足を引きずって大騒ぎしている。朝ご飯を作ったり洗濯などを代行する。すると、ご近所さん2軒から桃を戴いた。母上が夕方になって突然「叔父さんの所へ桃を届けるわ。足が痛いから運転して」と言い出し、7時過ぎに出掛ける。大叔父宅につくと、イギリス土産に紅茶詰め合わせを戴いた。そして「5個も送られてきて食べきれん」そうでメロンまで戴く。桃15個とスモモとみかんジュースが、メロンと紅茶に早変わりした。

帰りに2人でコーヒーを飲む。老眼が進んで、ミルクと砂糖の容器が同じなせいで「なんで2つも置かれるの?」と、きょとんとして呟く母上、私「それ砂糖とミルクだよ」とショックのあまりコーヒーの嚥下に失敗して咽せ、お店の人は「よく言われちゃうんですよねー」と苦笑していた。親の老いをこんなことで実感させられるのは切ない。大叔父宅でも切ない話をしてきたばかりだから余計に。帰宅すると、マスターは夕飯を1人で食べさせられて拗ねていた。母上はコーヒーを私が驕ってご機嫌の様子。すっころんで痛む足はそのままだけど。
[PR]
by saporterK | 2007-07-26 00:21 | Comments(0)

お疲れマスター。

大家でもあるので、マスターは店子の面倒も見る。来月新しいお店が開店するので、マスターは大家さんとしてあれこれ気を配っているところ。「このテナントは、食べ物屋で埋めるのだ」という考えがあるので、参院選の選挙事務所に単発で貸すことは別にして、地元の業者を選択肢として紹介したり、立ち会いをしたりと忙しそう。

午後まで出稼ぎだったので、帰り途中にお見舞いに寄ってからお店に戻ると、マスターがいない。はて、と思ったら、母上が「今日は暇なので、選挙事務所で油を売っている」という。広く多くどの陣営からも情報が欲しいのだろう。それはお客さん商売だからというよりは、単に訊かれた時に知らないと言いたくないだけなんだと思う。我が家はそういう傾向があるので。

私は暑さで頭の天辺から温泉マークが出てきそうになりながら、植木の刈り込みを開始。ここのところ、とりあえず10分でも手を入れるので変に伸びた部分が減って気持ちが良い。仕事に戻ったり、時々ユリアンと遊んだり。植木で腕を引っ掻いたり、大汗かいて元々あるかなきかの女っぷりを下げたり。

大家業と本業と地区の副区長とお寺の護持会と父親と祖父と、マスターは色々な顔を持たねばならず、クーラー病も併せて、お疲れ気味。
[PR]
by saporterK | 2007-07-25 00:55 | Comments(2)

試飲会まとめ。

今回の試飲会のワインと料理をアップし終えた。
当初、グジェールを作るはずだった。アンドリュー・トッドハンター「タイユバンの優雅な食卓」で、グジェールを出す利点が書かれていたから。でもこれは、母上が調理用トマトの使い道に困ったのでレヴィソケフテデスを作るために「次回」へ。タコセロリサラダが、予想以上に葉野菜が良かったので「いずれ作るはず」に。大きく緑の濃いズッキーニが採れたので、トマトとチーズとバジルの3色ムースも「次の旬が来たら」に。ムサカが、ナス嫌いがメンバーにいることを思い出して「明日の夕飯のおかずは焼き茄子」に。

あまり揚げ物をしないので、かぼちゃをチップスにしようと、包丁で薄く薄くスライスして揚げてみたものの、ここのところの雨の影響か水分が多くなかなか飛ばなくて、今一歩パリッとしなかった。ひとまず電子レンジでチンしておけば、スライスも楽だったろうし水分が飛んでもしかしたらパリッと揚がったかも。時間が無くなったのでそれ以上は追及せず、後で食べようと塩をふって端に寄せておいたら、母上が全部食べていた。あぁ。。。
[PR]
by saporterK | 2007-07-23 02:32 | Comments(0)

試飲会終了。

お昼前に、はちみつパンを引っ越し祝いに渡そうと、友達と他所の喫茶店へ。お店の厨房へ籠る前に、少し話もしたかったので。コーヒーを飲みながら、新しい生活や、犬も喰わぬナントヤラの顛末などを聞く。

f0053615_2359228.jpg気を引き締めてお店に戻ると、厨房に野菜がどっちゃり置いてあった。朝、母上が自分の菜園に行ってみないと、どの野菜が使えるか判らないスリル。使いたいと言っていない野菜まであるので、思いつきの試作もしたりして。葉野菜こそ「採れたて新鮮」が望ましい。まだベビーリーフの朝採りを選り分けて洗って水にさらし、1枚食べる。気をつけないとそのまま食べ続けてしまいそうになる。草がぼうぼうして、紐を張って列を整えることもせず、かぼちゃやズッキーニに至っては蔓が果てなく伸びているような菜園だが、色々あって面白い。予算が厳しいときほど、母上の野菜がありがたい。

結局お昼も夕飯も食べないで、空きっ腹にワインを飲み料理を食べた。今回のワインは、フランス、スペイン、ポルトガルの3種。うち2種類が発泡ワイン。もう1本開けようとしたら「もうお腹いっぱい」ということで終了。毎度、季節の野菜を使ったムースは好評で嬉しい。ブリヤ-サヴァラン曰く「ムースは、完成された料理」。スープと同様、胃に優しく子供からお年寄りまで無理なく食べられ、栄養がきちんととれる。
[PR]
by saporterK | 2007-07-23 00:23 | Comments(0)

腰椎。2種のパン。

f0053615_2356714.jpg骨格標本で自分の趣味を露呈したら、腰椎モデルのペンホルダーを戴いた。マスターも兄上も面白がっている。兄上に至っては「オレも欲しい」と言うので、今度の誕生日プレゼントに肩叩きにもなる大腿骨ペンホルダーを約束してあげた。私の趣味に理解のある家族でよかったよかった。腰椎分離症持ちなので「この部分が折れてるんだなぁ」と矯めつ眇めつ。尻尾みたいな所が少し。

f0053615_011835.jpgf0053615_03345.jpg
腰椎の模型ばかり眺めてもいられないので、夕方からパンを作る。明日の試飲会用のパンドカンパーニュと、自分達用のはちみつパン。
発酵を待つ間に、夕飯を食べるとメールを寄越してきた兄上に「困った時の和定食」な、肉じゃがと出汁巻き卵をメインのご飯を作り、植木の刈り込みをして、ユリアンと遊ぶ(もちろん仕事もしてる)。
珍しく減点もせず兄上がご飯を食べると思っていたら、ふいに「顔がてかてかしてるよ。髪型もっとかわいくしたら?」と言う愚行を犯し、私の怒りにふれた。理由あっての髪型であることと仕事内容を滔々と説明し、テカった顔をティッシュオフ。
[PR]
by saporterK | 2007-07-22 00:24 | Comments(0)

だるだる。

寝不足の翌日はわりと心身が動くけど、更に翌日になると2日分の疲れが一緒に出る。朝起きだすまでが1日の中で最も葛藤がある。誰でもそうだろうが、動き出してしまえばエンジンがかかる。現実として時計の針は動き続けているのだ。

出稼ぎ先でメイク担当さんが「入院すると肌がきれいになるわよ」と言っていたが、つまらないほど規則性を持たせた生活の、身体への影響力が証明されている。早寝、早起き、朝ご飯。人に関するあらゆることにこの3要素が提唱される。

眠れなかった不景気な顔をすると母上が嫌な顔をするけど、飲酒や疲労やカフェイン過剰摂取はあまり関係ない。昨日は1日中コーヒーと紅茶を飲み続けていたけど、夜は少なくともレム睡眠とノンレム睡眠の波があった実感がある。

早寝、早起き、朝ご飯。先日の新聞記事によると、早起きとは「布団に入ってから6時間後」という定義づけをして良いという。人によって生活形態が異なるので、最低賃金が定められているように、最低睡眠時間を確保しつつ「規則正しい生活」を送るのが大切だそうだ。ただそれも問題なく眠れて6時間の人なら希望も持てようが。
[PR]
by saporterK | 2007-07-21 09:54 | Comments(2)