南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2008年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

寒い。

ここ数日は寒いし今日は雨が降るし。で「うぉー寒いぜー」ばかり言っていた日。マスターは、地区の水路清掃とお寺の護持会と総会が朝昼晩と続いて不在。

紅茶をがばがば飲みながら仕事をする。お昼ご飯は母上が余り物の野菜を入れてオムライス。ケチャップゴハンにオムレツを乗せるスタイルを取ったので、てっきり半熟かと思ったら、自分が食べられないせいか結局かっちり火を通してあった。半熟に仕上げる術すら、母上の中では忘却の彼方へ追いやってあるらしい。何度教えても、やはり自分が嫌いな状態に仕上げることに抵抗があるのだろう。

さすがに息が白くなるほどは冷え込まないけれど、春の雨は冷える。閉店時刻にも帰らぬマスターの代わりにお店を閉めて帰宅。夜でも氏神様の桜は白く妖しい。
[PR]
by saporterK | 2008-03-30 22:08 | Comments(0)

お花見は。

「あ」と気付いたら氏神様の桜もほぼ満開。いつものように、硬い蕾が綻んで、次第次第に花開き、芳香に鼻をくすぐられ、蜂が蜜を採取したら香りが消え、次第次第に散って行く、なんて悠長な日々はなさそう。「ありゃ」と見上げたら、もう満開。あっちに1輪こっちに1輪って探す楽しみをすっ飛ばされた。今年は(も)花見は氏神様と、運転中に見える景色を楽しむくらいか。

f0053615_0562914.jpgといっても、身の回りには花がたくさん。椿はまだ勢力強大。近所の畑では、満開のスモモの根元でホトケノザが咲き乱れる。菜の花の黄色がビタミンカラーで目に眩しく、タンポポも足元で存在を主張している隣でフキノトウが大きくなっている。毎日、同じ太陽を浴びている。同じ空気を吸い込んでいる。だから、私達の身体の中にも、花と同じ沸き立つ力が起こっているはず。深呼吸して、ボディービルダーがとるようなポーズを決めて、花咲く生命力を感じながら、毎日を過ごすとしよう。
[PR]
by saporterK | 2008-03-30 01:10 | Comments(0)

幸福のお守り、とかや。

本日定休。
あちこちの桜が咲き出して、空気が良い香りがしてきそう。

f0053615_1722222.jpgさて、フクロウは様々な国で幸せの象徴だったり幸福のお守りだったりする。本屋で「LaQ」シリーズを眺めていたら、プチコレクションがあった。カッパ、パンダなどと共にフクロウを見つけた。単一電池くらいの大きさに仕上がるミニパズル。おぉこいつぁカワイイや、と思うがこれは私に買ったのではない。それにしてもこれは、かわいいけど、あまりフクロウには見えない。嘴は赤くてタラコみたいだし。。。うーん、これならカッパを買ってくるべきだったか。
いやいや、幸福のお守りとして買ったのだった。

命名:福太郎。
[PR]
by saporterK | 2008-03-26 17:36 | Comments(0)

カウントダウン。

朝の出稼ぎ。1人の異動で4月いっぱいで終了するので、カウントダウン中といったところ。眠気が取れず、ぼーっとしたまま収録が始まってしまう。でも、初めのネタで何度もやり直しが発生して、その間に覚醒。しかも合間合間にオンエア中の昼ドラ再放送をチラ見していた。音声なしで映像を途切れ途切れに見ても内容が追えるのが昼ドラの威力か。純愛ドラマだが、見たところ女性脳の解釈なのを感じる。女子校だったことも手伝って、思春期の幼なじみの多角関係な淡い恋心の行き交いや、自転車の2人乗り、手を繋いで帰る放課後に、憧憬の念も抱き(ながら収録をして)見ていた。甘酸っぱい青春、あまりに他人事すぎて理解できないでいる自分を認識して沈没。

安普請と言っては申し訳ないけど、使い回しやら使い古しみたいな見た目になりつつあるセットの痛み具合もまた「あぁそろそろ番組も終わりだなぁ」と感じさせる。誰も掃除機をかけないカーペット。剥がれた壁紙。手垢がついてグレーっぽいピンクのソファ。傷だらけのテーブル。つくも神が憑きそうには、見えない物達。
[PR]
by saporterK | 2008-03-26 02:22 | Comments(0)

Buoncompleanno!

あー、私って愛されてるなぁ。と、つくづく感じた日。

特別なひとりがいなくても、家族がいて友達がいてお店にはお客様がいらして。兄上は、曰く「給料日前のかなりサミシい懐」から私が貰って嬉しいベスト3の図書カードをくれた。初めてご来店のご夫婦からも(母上が何かの話のついでに誕生日のことを出したので)お祝いの言葉を戴きワインを1杯ご相伴にあずかった。1日中、何だか嬉しくてふわふわしていた。

さて31歳になったので、何か始めようと考えた。
Where there is a will, there is a way. って言うし。

漢字とペン字の練習は「なぞる」系を続けるとして、友達から勧められていることがあったので、うだうだ「検討して」などと言わず始めることにする。で、通常の手続きでは開始に間に合わないので電話をして確認を取った。申し込み受け付けが可能だと言われたので「じゃ、お願いします」と言っていた。思い立ったが吉日とはこういうことなのだろう。
どうせなら感情に関しても、これくらいの瞬発力が欲しいものである。
[PR]
by saporterK | 2008-03-23 01:50 | Comments(2)

でゅわっ。

夕べから朝までずっと風が吹き荒れて、結局一睡も出来ず。
朝の出稼ぎ。ウルトラマンメビウスがゲストの日。

f0053615_0224032.jpg午後の籠り仕事で「コタロー」がお手伝い。というのは勿論冗談だけど、私はウルトラマンは殆ど区別がつかずおしなべてウルトラマンだが、幼稚園の頃は兄上につられて観ていた覚えがある。改めてよく見るとかわいい。甥っ子にと思って戴いたが、一寸「部屋に飾ろうかなー」と考えた。

お店に兄上が立ち寄ったので確認したら、甥っ子はウルトラマン好きとのこと。そんなわけで部屋に飾るのを断念して、後日甥っ子の誕生日プレゼントにする算段がつく。ちなみに明日は、ナントカレンジャーのショーを観に行くそうで。そういうショー、行った覚えないなー。昔から夢のない子供だったのを思い出す。
[PR]
by saporterK | 2008-03-22 00:39 | Comments(0)

母上の同級生。

雨で寒さが戻る2日間。
夜、母上の高校時代の同級生2人がご来店。うち1人の誕生会を兼ねて、母上を訪ねてきて下さったという。朝、電話があって慌てて買い物へ出掛けたという母上だが、私達には、ただ「誕生日を祝うので、2階で、ママが作るから」みたいに、まるで文脈のないことをボソボソ呟きながらまた出掛けてしまった。誰の誕生日だろうと首を捻っていると、エビを茹でたり、ベビーリーフをむしったりしているので、邪魔をしちゃいかんと思って厨房には入らずにいた。

3人の還暦女性で、ワインで乾杯。お酒に弱いそうなのでハーフボトルでマルキ・ド・シャッス’04。母上のエビとタコのサラダやピザ、パスタなどをつつきながら昔話に花が咲いている。同じ同級生でも、私が友達と話すような内容とは、やはり異なるものだ。会っていなかった年月を知るよりも、共有していた過去を懐かしむのは当然だ。それに、いつ会っても当時のあだ名で呼び合うのがすごい。あだ名の付けようがない名前の私はあだ名の愛着が希薄なので、何十年もあだ名で呼ばれることに脅威すら感じる。

せっかくお店を訪ねてきて下さって何だが、母上としては、他のお店で会うほうが気楽だったのではなかろうか。だって、嫌でもマスターと私がその場に居合わせていれば、言いにくいこともあろうし、どうしたって仕事モードから完全に解放されないのだから。それは少々可哀相であった。次回は、どこか出掛けて下さいまし。
[PR]
by saporterK | 2008-03-21 00:27 | Comments(0)

小さい数字。

本日定休。そして雨。

起きたらマスターは税理士さんを訪ね、母上は義姉上と甥っ子と出掛けた後。居間のテーブルには1枚の紙。
「む。」
マスターが今年度でお役御免となる区の役員会総会資料の下書き。下書きなんだから大きな字で書いてくれれば良いものを、わざわざ昨年度私が作った表と同じサイズで線を引いて書き込んである。いくら視力の良い私でも、眉間にシワを寄せて「なんて書いてあるだか読めん」ような小さい字。更に小さい数字。

昨年のを残してあるので1から作る手間はないものの、小さい字で書かれた多額の数字を「1、10、100、1000・・・」と子供みたいなやり方で、指で辿って確認しながら「だからなんでこんな小さい字で書くんだよー」ブツブツ。これも今回で終わりだと思えば協力はするが、ずっと続くんだったらマスターに表作成くらいはマスターしてもらわねばならぬ。何だかんだいって、機械にすっかり弱くなっている。尤も、老眼が災いしてやる気が出ないのは、まぁ理解できぬでもないが。
[PR]
by saporterK | 2008-03-20 00:52 | Comments(0)

送別会。

朝の出稼ぎはゆるゆる。この番組は4月いっぱいで終了。そして6月から新装。ということで、午後の籠り仕事中に内線で「6月からもTKよろしく」と新プロデューサー兼ディレクターに念押しされた。TimeをKeepするのに、キューシートさえ作成していただければ、私はもう申し上げたいことは何も何も。

夜。一端出稼ぎ先を出てお見舞いへ行き、現地集合。送別会。江戸へ異動になるN君と、担当を外れる女子2人を送る会。乾杯でなぜか私の誕生祝いのお言葉も頂戴する。突き出しはキャベツ。ゴママヨネーズで兎のようにバリバリ食べていく。ほうれん草のシーザーサラダ。やきとり。ししとう焼き。プチトマトのベーコン巻き。アボカドのわさびマヨネーズ。出汁巻き卵明太子入り。ハンバーグ。かき玉スープ。信玄アイス(ワラビ餅がアイスになったもの)。ブリュレ風アイス。各自飲み物。大勢だと話が錯綜して収集がつかない感じ。「同じ釜の飯」を食うわけではないが、直箸で料理をつつきあうことで、何かしらの仲間意識が芽生える、のかもしれない。でもアイス2種を1人で抱えて食べる。

何やら懐かしい曲が流れる店内で、店員達が不思議なイントネーションで「あぁりがとーぅごぉざいましたぁっ」と声を揃えて轟かせる。そういうノリの居酒屋。会計後の店先で、お店のサービスで缶のお茶と記念撮影。「伊藤園の時にこれ載せましょう」という冗談と共に、お〜いお茶缶を片手にハイ、チーズ。この写真は会社に送られるらしいので、わたくしにもプリントしてくださる?(やっぱり上から目線)。
2次会は遠慮させてもらって帰宅。それでも日付は変わっていた。部署が変わっても、担当が変わっても、みんな頑張ってくれ給え。
[PR]
by saporterK | 2008-03-19 02:30 | Comments(0)

友よ。

f0053615_23303767.jpg昨日会った友達の1人から、ガラス製のカエル達を贈られた。ありがとう。私の撮り方がまずいので可哀相だけど、かわいい。かなり心を鷲掴みにされた。部屋に飾ってます。カエルグッズの多くは、その緑色が鮮やかで美しいから好き。特にガラス製。緑はニュートラルな色。青ほど冷たさはなく、赤ほど激しくなく、黄色ほど注意を喚起されない。目に優しく心を穏やかにしてくれる。かわいいカエルなら尚更。おぉ。


緑色で他に好きな物;木々の芽吹き。緑茶。食べ物の緑はどれも好きだと思う。キャベツから顔を出すシャクトリムシの緑も、きれいだと思う(触れないけど)。
[PR]
by saporterK | 2008-03-17 23:56 | Comments(0)