南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2008年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

雨なので、掃除。

客足の引けた頃を見計らって、厨房の細かい箇所の掃除。「暇な時こそ掃除!」が信条の友の声と、兄上の「お店くらいお前の部屋も掃除するならなぁ」という声が綯い交ぜになって錯聴を起こして「そうだね、そうだね、どっちもそうだね」と呟きながらゴシゴシ、ジャブジャブ。
侮れない掃除グッズ。ヘチマたわし。何のことはない、昔ながらに乾燥させて筋だけにしたヘチマをたわし代わりにしただけだが、繊維がざっくりしているので付いた汚れはすぐ落ちるので、ガシガシ使えるので便利。厨房では、水と油はどこにでも思わぬ場所にでも飛んでいく物質があるので、気にしてもしすぎることはない。

お店が終わって、帰宅して入浴。お風呂からあがろうとして、ふと使い古しの歯ブラシを手に取って床の石タイルを擦る。離れ家を造った時のお風呂場担当の職人の腕が悪くて、水切れがすこぶる悪い。うっかりするとぬめりが出やすいので、気付いた時にサッと擦り洗いしてカビ予防。「温度、湿度、栄養源」の3つが温床となるので、冷たい水を流し、栄養源となる石鹸カスなどを落とすしかない。

掃除日和な日。でも部屋は相変わらず本がテーマ別に平積みになっている。うーん。
[PR]
by saporterK | 2008-08-30 23:40 | Comments(0)

これって全部。

出稼ぎの番組スタッフさん達と、某冠婚葬祭何でもホールのビアガーデンに行った。私は呑まないでゴハンだけでいいや、と思っていたら放送終了後のげっそりしている時に有無を言わせぬ感じで、お昼ご飯後にお店まで車を戻しに帰った。当然、お店にいた母上が「なんで今帰ってくるの?」みたいな顔をしたが「今日は会社の人々とご飯を食べるので夕飯要りません」だけ言って、後続してきた車に乗って会社へとんぼ返り。

国道20号沿いの、排気ガスぶんぶんの横スペースで、ビアガーデン。空きっ腹にビールを飲み、ご飯を食べる。でも、やっぱりと言うべきか「これ、食べ物全部が業務用じゃん!」状態だった。生野菜とかスイカとか一部を除いて、たまにお店にも売り込みにくる食材関係の人が置いていくパンフレット(喫茶店なのに、なぜウソッこステーキとか焼き鳥とか売り込むんだろう、とは長年の疑問)に載っている食べ物があっちにもこっちにも。衛生面で言えば、確かに真空になってボイルするだけ、みたいなタイプのほうがラクだし安心なのかもしれないけど、なぁんか、お腹空かせてもなぁ。

お腹が空いているので、葉野菜のサラダ、チヂミ、焼きそば、唐揚げ、巻き寿司、ペンネのボロネーゼソースグラタン、ポテトサラダ、パンナコッタ。しかし帰る際、油物を食べ過ぎたせいで、一瞬貧血を起こした。そうそう、ここまで油物を食べることがないので、消化の為の血流が行き過ぎて脳まで届かなくなっちゃったのだった。以前もそういう経験があったのを忘れていた。だから私はお酒を飲む時は野菜中心でしか食べないのだった。うっかり。週末は果物と野菜だけで過ごしたい。
[PR]
by saporterK | 2008-08-30 00:23 | Comments(0)

そういえば。

ここのところ体重計に乗っていない。
昨日のご飯は1日分の摂取カロリーを摂っているだろうに、朝ご飯の後に巨峰1房食べたし、お昼は寝ていたので食べなくて、おやつにハーゲンのダークキャラメルを食べたんだっけ。と思いつつ、体重計を横目にしただけで通過。摂取/消費カロリーの調整は1週間くらいかけてプラマイゼロにすりゃいいのだ。それで乗り越えてきたんだから。

そういえば。
来月健康診断があるんだった。昨年はちょうど「太り時期」と重なっていて「昨年より2キロ増ですね」と言われて「違うのー!今だけなのー!」と心で叫んだ(その数日後には痩せたので、余計にがっかり)。今年は重なって欲しくないなぁ。

今日も、生姜をガリガリ擂って紅茶に入れて飲む。仕事帰りの友達には、戴き物の巨峰3房をあげ、私は友達宅では消費されない日本酒を1本貰う。戴き物の物々交換して、お互い「ありがとーう!」とニコニコ。いい日。
[PR]
by saporterK | 2008-08-29 00:03 | Comments(0)

ゴハン会。

1日中ずっと寝て過ごし、夕方起きて支度をして友達とゴハン会。夏ならフレンチレストランも予約が取れるだろう、平日だし、ということで、韮崎のキュイエット。2人で「茅ヶ岳広域農道ってどういくんだっけ?」と言いながら現地集合。

以前から立ち読みなど料理雑誌を読んで気になっていた物が料理として出てきて、ふと共時性を感じる。食べてみたいと思ったものが出てきた喜び。マイクロトマトも、鱗付きの鯛の料理も、ココナツブランマンジェとマンゴーピュレの組み合わせも。友達が食べていた黄パプリカムースは、確か液体とガスか何かを注入したボンベみたいなので「ぶじゅぅ」と絞り出すとムース状になる、みたいな器具が載っていたと思うので、もしかしたらそれで作ったのか、感動的に軽くてフワフワ。友達のデザートは巨峰がごろごろ。香りの良い赤ワインのかっちりしたゼリーを絡めてこれも美味しい。アミューズにタコのマリネ、タブレ添えが出てきて、改めてタコを克服したのを喜ぶ。

帰りにはお店の前の葡萄園でとれた巨峰を1房お土産にくれた。これは葡萄好きの友達に譲る。気になる食材や調理法が、雑誌やテレビではなく目の前に出てくるとすごく理解できる。百聞は一見にしかずなり。だからゴハン会って楽しい。
[PR]
by saporterK | 2008-08-28 00:49 | Comments(0)

ビミョーな風邪。

夕べは寒すぎて毛布を1枚追加。ぶるぶる、なんかヤバいかも。昨日も座学で隣の女子と、ハラマキユーザー且つ腰痛持ちの共通点で「厳しいよね」。あまりに辛そうで、痛い所を訊いたら私が座骨神経痛一歩手前になった時とよく似ていたので、休憩中に揉み解した。お互いの腰痛対策などを話す。外は寒い、電車の中も寒い。長袖のカットソーにTシャツを重ね、パーカーを着てカシミアのファーを首にぐるぐる巻き。夜になって耳が聴こえにくくなったので「あ、風邪だな」と思いながら山梨に戻ってきたのだった。

朝起きて「うぅん、大丈夫だろうか」と思いながら出稼ぎへ。収録中が最低に具合悪かった。そこへMCが読み間違えを指摘される度に発するキーキー甲高い声が神経に障ってウンザリ。怒鳴りそうなのを必死に堪えているとき「私の評判を落とす理由がこの子じゃいくら何でも私は救われぬ」という自意識で思い留まっていて、ちょっと嫌な自分。午後の仕事は休んでお店に。

ゴハンを食べたら帰って寝ると言ったけど構わず母上は家に戻ってしまう。どうにもならないので喉を守りながらお店に留まる。ホカホカのミルクティを飲み、パーカーとファー姿の私を見てお客さんに「…暑くないの?」と訊かれながら過ごす。お裾分けのスイカと大量の巨峰で喉の渇きを癒しミネラル補給。今日は生姜を一片分くらいすりおろしてミルクティーに混ぜてガブガブ。おかげで酷くならずに今日を終えそう。季節の変わり目に風邪をひく、ありがちすぎて恥ずかしい。
[PR]
by saporterK | 2008-08-27 00:18 | Comments(0)

目的。

同じ目的をもって集まった人達と「普段はしない」ようなことを実習した。月に1度会うだけなのに、10年の付き合いより深い話をし、ちょっと見せられない顔を見せたり、苦しいことも乗り越えられそうな同志という感じ。

今日は3食パンだった日。クラブハウスサンド、チョコ苺ベーグル、カプレーゼのせトースト。やっぱりパンはすぐお腹空いちゃうなぁ。。。7時間の座学は、どれくらい脳みそに糖を送る必要があるだろうか。

ここのところの秋模様に、うっかり窓を開けて寝てしまった報いで少し風邪っぽい。
[PR]
by saporterK | 2008-08-26 01:09 | Comments(0)

朝顔咲いた。

これが夏休みの宿題だったら、明らかに間に合わない。お客さんからお裾分けで戴いたヘブンリーブルーが、昨日から咲き始めて現在3輪。今日の電話で「ウチのは花が終わったんだけど、種が1個もついてないんだよ、どうしてかな」と訊かれて「さて…。あ、ウチのは漸く花が始まりました。」と時差のある話をした。

11時の予約から始まる。今日は食事が多かったので、大汗かいて厨房にこもる。お昼ご飯は、ボロネーズソースに水菜と大根葉とトマトを加えたスパゲティ。雨で湿気の多い時は少しさっぱりさせたかったので。

休憩中、立ち寄った兄上にココアを作り、自分には先日余所のお店で飲んでがっかりしたキャラメルミルクを、自分で作れば良いんじゃんと思い立ち、久しぶりに作ってみた。グラニュー糖ではなくてザラメをちょっぴりのお湯で溶かしてから焦がし、じゅわっとミルクを注いで煮溶かし、泡立ててしあげる。飲んで、そうそう、このほんのり苦味がなくっちゃね。市販のキャラメルソースにはない旨味。これ、メープルシュガーでもできるのかな。シンプルな物ほどきちんと作らなくてはいかんのだ。
[PR]
by saporterK | 2008-08-25 00:10 | Comments(0)
眠れずに瞑想して、ガッと眠って5時半頃目覚め、レポート書きに4時間近く費やした。ところが何が原因か、途中から上書き保存に不具合が生じていた。ショートカットで、組み込まれたように時々保存を選択していたので、書き終わってからメニューの「保存」が選択できなくなっていても、それは既に保存されたからだと思い込んでいた。長時間休みなく考えて書き続けて推敲した後の興奮も手伝っていたのだろう。書いた物は一端閉じて熟成させる。というか、自分が離れて冷静さを取り戻し、後で読み直すのを常としているので、その通りにした。で、メールをチェックしたり居間に降りていったりして改めてファイルを開いたら、もはや言うこともないが、書いた物(しかもレポートの中で、我ながらよくまとめて書けたと思った項すべてを含む)が殆ど消えていた。
一体何が起きたのか判らず、久々に「思わず息をのんで」から、事態を理解した途端に「頭が真っ白になる」のを体験した。
復旧など色々試みたがダメだった。しかもその後モデムの調子もおかしくなり、このトホホな書き込みさえも送信できなかった(それは恥を露呈するなという見えない力の警告だったかもしれないが)。

嘆いても始まらないので、また同じ様に、お店で労働した後、ひとり反省会をし、夜1時過ぎに布団に入り、ガッと寝て、5時半頃目覚め(今朝は雨の音を暫く聞いて)レポート書きに勤しんだ。モデムは初期化したら戻ったみたいだし、上書き保存はできるし(それでも一応別のファイルにコピーもしたけど)、文章の出来は消えた幻に比べると凌ぐほどではないかもしれないけど、ともかくさっき書き終わった。
データが消えた時の自分の反応については、勿論レポートのテーマのひとつに関連したので、その状況を必死に思い出して書いた。小説家ではなくても、自分の失敗を書かなくてはならない状況も、あるのだ。
あぁ、何だかタイムマシンで昨日に戻ったみたいな感覚になるほど、同じことしちゃった。しかも今日は開店時刻前の予約が入っているのだった。さすがにハイな早朝が2日続くと、変な感じがする。ともあれ、朝ご飯食べて支度して仕事に意識を向けなくては。
[PR]
by saporterK | 2008-08-24 09:14 | Comments(0)

眠れなかったので。

不眠を根本から治すには、かなり自分と真っ向向き合わなくてはならない。その中で、日々寝る前に行なう「ひとり反省会でトホホタイム」のせいで1日を振り返りすぎているのは自覚している。ひとまずそこからなら改善させられるだろうと思う。まずトホホタイムがあってもなくても、日々の入眠儀式として、心臓から遠い部位から初めて、最後は頭頂部までの、全ての筋肉、関節、内臓も血管もリンパもリラックスさせるイメージをとる。

割りと効果的だけど、夕べはそれも効かず。気付いたらそろそろ夜が白んできそうだったので、ひとつ瞑想を試みる。瞑想は無になることではないそうなので、呼吸法に集中することを試みる。本で確かめたりせず、自己流で。窓を開け、日が昇る方に座り、習った呼吸法をひとつに絞って行なう。ここ数日、急に明け方涼しくなったので、吸気がヒヤリと感じる。空気の入れ替えが判りやすい。呼吸が整ったら、身体の中を蜂蜜かオイルのようなとろりとした物が絶えず流れているイメージを持っていく。でもそれは、ちょっと離れた家で鳴く雄鶏の声や、高速を走るトラックの音、新聞配達のスーパーカブの音などですぐ中断されてしまう。ひとつのことにフォーカスし続けるというのも難しいものだ。

まだ太陽は出てこないがすっかり空は明るくなって、何となく眠れそうだと思ったので、目に畳んだタオルを乗せて寝てみる。ガッと熟睡。まるで身じろぎもせず眠っていたように、ハタと目覚めた時は同じ姿勢であった。眠れぬ夜、無理して窓を開けて呼吸法をしなくても、寝転んだ状態でも瞑想はできる。少しの時間、日々の事を放した何かに集中すると、眠りはやってくるらしい。ひとり反省会をやめられなくて、リラックスイメージも強迫的になるような夜は、瞑想すれば良いのかもしれない。瞑想の目的とは異なるけれど、不眠改善に関しては、ちょっと希望が出てきたぞ。
[PR]
by saporterK | 2008-08-23 00:18 | Comments(0)

バテ。

本日定休。
夏バテ?今ごろになって?だるくてなのか、眠くてなのかイマイチ判別できなかったけど、どこでも寝転んだが最後、しばらく意識を飛ばしてぐぅすか寝て過ごした日。本を開いても、お休み3秒。普段の睡眠もそうあれば良いのになぁ。

「最後のまとめ」で戴いた桃、買ったのか戴き物かわからないピオーネ(タネがないから巨峰ではあるまい)をたんと食べる。夏の果物はカリウムが多い。兄上が来て、デジタル対応のデコーダを見て「何が見られるの?」とチャンネルをまわしていく。頭の回転が鈍くて、話しかけられても吃りながらしか返せず、会話が盛り上がらなかった。

女子ソフトボールの試合を見た。従姉が中学生時代にやっていて、壁に豪速球を投げて練習していたのを思い出した。ルールがよくわからないで見ていたが、決勝に行けておめでとう。オリンピック中、初めてまともに見た競技であった。
[PR]
by saporterK | 2008-08-20 22:40 | Comments(0)