南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2008年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ガタガタ3日目。

自宅。

疲れました。でも終わりました。そして少し痩せました。

明日に向けて脳力を温存。

それでは。来年。
[PR]
by saporterK | 2008-12-31 17:26 | Comments(2)

ガタガタ2日目。

風邪の諸症状だと思いたくない筋肉の強張りは、ワックスがけなどによる筋肉痛の継続として、大掃除2日目。スタジオ。

結局、怠さと頭痛で寝坊したため、兄上が梯子に上って外の窓拭きをしていた。2階に上がって、窓拭きの続きから。義姉上と甥っ子が途中参加。甥っ子はゲーム。モップをかけさせていたら、磨き上げた鏡に指紋をつけられ、仏の顔も反転する3度目に雷を落とし、自分で拭き取らせる。窓を拭き、一端お昼ご飯休憩。

人間のエネルギーは消化に費やされる比率が高いとかで、体調が優れないときは無理して栄養を摂らずに必要分だけ水分を摂るほうがよろしい。食べた物を消化させるエネルギーによって、自然治癒力がそちらにも力を注ぐらしいので。しかし、私達兄妹は食べてしまう。食べているうちは大丈夫という暗示をかけるためか、食べる。消費カロリーや消耗した分を上回る摂取カロリー。
出稼ぎ先から出社時刻の連絡。大晦日の打ち合せは行けないので少々不安だが、こんな差し迫ってから日を押さえろと言われても無理な話なので、当日の自分の脳みそに賭けることにする。

スタジオを終え、自室の掃除。なんで1年で紙が山積するのだろう。本が平積みなんだろう。とりあえず本を隅に寄せただけで片付いた様子になり、掃除機かけて雑巾かければいいかと思ったところで終了。薬を飲んで明日に備える。明日はビタミンCたくさん摂って、掃除したり用事を済ませて、第九も威風堂々も聴かないで寝てしまおうか。
[PR]
by saporterK | 2008-12-30 21:56 | Comments(0)
大掃除1日目。お店。

私は今、どうやら風邪菌と闘っている模様で、左半分が強張っている。せっせと動いて掃除に励む。途中から義姉上と甥っ子がせっせと手伝ってくれて、お礼に甥っ子がハマっているスターウォーズのライトセーバーで戦う。プラスチックのくせに痛いじゃねぇか。頭には手ぬぐいをケンカ結び、トレーナーにジーンズというヨレヨレ姿で、お店の前で暫し「どりゃーっ。とあーっ。うぁーやられたーっ」で大騒ぎ。2人して息を切らせて鼻水が出たところで終了。

夕飯は、昨日の香草焼きとカネロニを温め直し、ほうれん草ゴマ和え、戴き物のポテトサラダ、ブルーチーズ、サワークリーム、赤ワイン。身体は1日目にしてガタガタです。ストレッチをしたけどすでに軽く筋肉痛です。お風呂上がりに、ヨーガのアサナをしながら「すぐに筋肉痛が出るのは若い証拠だ」と自らに言い聞かせ、速やかな乳酸軽減を願う。あちこちにアザが出現。脚立の上り下り、家具の出し入れ、床のワックスがけその他による。はぁぁ、とりあえず1日目終了。

明日はスタジオ。でもすでに鏡と窓の一部は拭いてあるから、それだけでもラクか。夕飯どうしようかな。小松菜と水菜とクレソンと豆腐がある。うーん、やっぱり買い物に行かずばなるまい。手軽に小松菜は豚肉と炒めて、クレソンはおひたし、水菜は豆腐と味噌汁か。そういやなんで小松菜買ったんだっけ。
[PR]
by saporterK | 2008-12-29 23:25 | Comments(0)

今日は最後の晩餐。

年内営業終了。残りの今年は怒濤の大掃除。ざっくり家3軒分くらいの量。クリスマスが和食だったので、今日はワイン試飲会料理の試作も兼ね、あとは漫画「きのう何食べた?2」を眺めててムラムラ食べたくなった料理を作る。昨日メインを作らなくて済んだお手軽版だった反動で、せっせと用意。これから3日間で消費できる(であろう)カロリーを考えれば、今しか食べるときがない。

f0053615_05188.jpg鶏もも肉の香草パン粉焼き。にんにく、タイム、オレガノ、マジョラム、パルメザンチーズ、パン粉、グレープシードオイル、胡椒、塩。筋切りをして、塩コショウして薄くオイルを塗った肉にパン粉を乗せて、200℃で19分ほど放ったらかし。なんてラクちん。散々食べ散らかしてから画像を撮ったのでイマイチだが味は秀逸。

f0053615_0513233.jpgラザニアが売ってなくて買ったカネロニを茹で小さなヤケドを負う。絞り袋がなくスプーンでフィリングを詰め、あまりに面倒で「もう作らないだろうなぁ」と思った。ベーコン、ソフリット、ほうれん草、ブロッコリー、椎茸のトマトソースを詰め、ベシャメルを纏わせて、チーズをかけ180℃で20分ほど放ったらかし。仕込むまでが一苦労だが、あとは焼くだけでラクちん。
f0053615_0514831.jpg赤パプリカのポタージュスープ、水菜と大根とブロッコリーのサラダ。ブルーチーズ。家を出る前にWOWOWで「天国のスープ」を放送していて、そういえば最後にパプリカと豆腐のスープが出ていたのを思い出して。カブも豆腐も入れず、油は使わず、パプリカ、ジャガ芋、玉ねぎ、セロリを蒸し煮にして牛乳と野菜スープストックで。サッパリして美味しい。

ベーコンミートソースの為のソフリットを作るにあたり、何も包丁で全て微塵切りにせずフードプロセッサがあれば1分かからないのになぁ、と刻みながら思う。文明の利器は使うべきである。ほうれん草とブロッコリをドサッと加えて、野菜たっぷり。ベシャメルもさらりめでバターは控えめ。見た目より油脂は使っていないのだが、マスターが「カロリーたっぷり」と言って心配していた。いやいや、大丈夫だから。
食事の種類が何であれ、必ずご飯を食べたがるマスターも「お腹いっぱい」と言って一口食べただけ。私は食べず。ブルーチーズも食べて、お裾分けで一口強奪したワインも戴いて、良い夜。明日は今日食べた分、消費するぞーい。
[PR]
by saporterK | 2008-12-29 01:14 | Comments(2)

今日は手軽。

スーパーそれぞれに得意分野がある。1カ所で済ませたいのにできない。これって、通り1本を歩くだけで全て買いそろえられる商店街のほうが強いじゃん、近所にないけど、と思いながら会計を済ませた。そういう点では江戸のほうが昔からの商店街が多い。茶道の先生宅へ訪れるときは祖師ケ谷大蔵駅前商店街を抜けたのだが「こんなとこ車通るなよ!」な道に沿って、みっしりと様々なお店があった。電車に乗らなくても用が済む。田舎では、なまじ車で移動するせいか、あっちへこっちへ行く面倒を誰も面倒だと思わないのだろうか。いや、私は面倒です(キッパリ)。

f0053615_0113810.jpg夕方マスターが「ちょっくら…」と出掛ける。魚(だけ)買いに出掛けるんだった、と思っても遅かった。でも冷蔵庫の中を思い出して「ま、いっか」。メインは夕べ残った鶏レンコン団子の煮物。味がしみしみ。更に残ったタコの刺身を湯引きしてワカメと酢の物。明日使う予定で買ったベーコンの一部と、そろそろ使い切りたいキャベツとサラダほうれん草の炒め物。椎茸と水菜の味噌汁。メインを用意しないで済むって楽だ。

お店の営業は明日まで。年始の営業は3日からです。
[PR]
by saporterK | 2008-12-28 00:19 | Comments(0)

ガス抜きリセット。

おつかいで、叔母宅へお届けものをした。で、上がり込んで叔母と従妹と3人で(主に私が)おしゃべり。話しながら自分で気付いたり、叔母のアドバイスに耳を傾けたりして、色々なことの分析が進んだ。この1年は、訪ねて下さっても私が不在だったりしてあまり会えなかったので、何だかおまとめって感じで「愚痴だったらゴメンなさい。私の口から黒いもの、出てませんか?」と言いながら、悩みなんだか愚痴なんだかみたいな事をたくさん話した。すごくガス抜きして、リセットしました。多謝。

日も暮れてきたのでスーパーに寄る。今日も鯛が安いけど、見たら私が料理したい物には向かない(作る腕前を棚上げして)と思ってやめた。私の課題はちょっぴり高級な魚料理のレパートリーを増やすことと、怖じ気づかずに挑戦する意気込みか。

f0053615_0505084.jpg時間も迫っているので、バーッと買い物して帰る。鶏レンコン団子の煮物(椎茸)、サラダほうれん草のゴマ和え(やはりゴマ最高)、タコの刺身(プチトマト、水菜、ポン酢)、味噌汁(玉ねぎ、じゃがいも、大根葉)。残っているはずの木綿豆腐が無くなっていて、蓮根団子がフワフワの食感になる。これはこれで繊細な味わいだけど、ネギや人参も入って豆腐の弾力を加えた食感のほうが美味しいと思う。マスターも普段の鶏レンコン団子と違う食感なので「何でまとめてあるの?」と不思議そうな顔をしていた。タコの刺身はとても柔らかく、トマトと水菜を巻いて、リンゴ酢のポン酢で。手抜きと言えなくもないのに、立派な1品。サラダほうれん草はサッと湯がいて、量的には結構取れる。そんなわけで本日はたっぷり野菜を取った日。しめしめ。
[PR]
by saporterK | 2008-12-27 01:00 | Comments(0)

地味めし。

クリスマス当日。でも、私の作る夕食は「ザ・地味」。寒い寒いと言いながら、夕方に買い物へ出掛ける。ブリのアラが安いけど食べたばかりなのでパス。存外に鯛が安かったけど今日はパス。

ゴマがまだあったはずなのに、探しても見つからず。それがおかずを作り出してから判明したので、何だか今日の副菜はひと味足りなかった。お客さんと話ながらだったので画像を撮り忘れたが、本日は、モヤシの酢醤油(ホントならすりごまたっぷり)、ほうれん草の白和え(これもコク出しにゴマが欲しかった)、こんにゃくのピリ辛炒り煮、野菜と豚肉の中華炒め、味噌汁(ほうれん草、大根、お揚げ、ネギ)。
たまたま常連さんに副菜をお裾分け。マスターみたいに、美味しいんだか不味いんだか反応が薄いのと異なり、美味しい物は美味しいと言ってくれるその反応が嬉しいです。差し入れのクリスマスケーキも美味しく戴きました。ごちそうさま。この2日で都合ケーキ3カット食べた。でもこんな時でなければできないから、良し。

いくら昼間が暖かくても、いよいよ夜になると空っ風が吹き出してきた。家族が風邪をひかないように免疫力を高める食事を作らなくては。カレーも食べたいんだけど、明日はまた魚を食べたい。まだ鯛が安かったら買おう。何よりまずゴマを買わなくっちゃ。ゴマ万歳!こうしてどんどん私の作る夕飯は地味めしになっていくのだ。
[PR]
by saporterK | 2008-12-26 00:47 | Comments(0)

カニとカルタとケーキ。

本日クリスマスイブにして定休。
しかし不景気とは言え、世の中のワクワク浮かれ気分に乗ることなく大掃除第一弾。スタジオの鏡と窓拭き。エコたわしでゴシゴシと指紋とか埃などを洗うように拭き、水拭き、乾拭き、仕上げ拭き。メガネかっつーの。

その後、年越し蕎麦を頼みに白州までぶーんと。温かい蕎麦を啜る。大晦日は酒飲めないなぁ、第九と威風堂々聴いてからかその前に寝ようか、つか出稼ぎ先から元日の集合時刻の連絡来ねーなー、などつらつら考えながら嘆息。まだ考えるまい。出汁をたっぷりしみしみ含んだ椎茸を味わい、ひと心地つく。

f0053615_17367.jpgさて、自分がクリスマスにワクワクしないカテゴリーの人間だとしても、ワクワクする人はいる。皆でカニ鍋。カニはそれほど好きではないので白菜やブロッコリーなどをつまみつつ、戴き物のワインとスモークチーズをもぐもぐ。やはり私は鍋料理は苦手。その後、プレゼントした「にほんごであそぼ」カルタを連続4回も付き合わされた。なるほど、子供と接するには忍耐と自制が必要である。あまりに続けて読んでいたら文句を覚えてしまった。これじゃ四字熟語バージョンにすれば良かった。酔った頭で調子に乗って「知らざぁ言ってきかせやしょう」と歌舞伎っぽく言ってみたり「黄金虫ぃはぁ金持ちだぁ」と歌ってみたり。やっと解放され、東條英機の番組を観る。予想外にちょっぴりの出演だった団十郎さん。戦争について、甥っ子はどういう教育を受けるんだろうかと考えるが、私の子供ではないので口は出すまい。クリスマスにしては色気もへったくりもなく且つ宗教色の全くない、普段通りの我が家の光景であった。どっちかっていうと、年末って色合いか。ケーキは食べたけど。
[PR]
by saporterK | 2008-12-25 01:32 | Comments(0)

どさくさに紛れて。

そのまま私が夕飯作りを継続するらしい。
それはともかく、来たる大掃除の為にアクリル毛糸でエコたわしを編み編み。クリスマスイブに大掃除第一弾かー。いつも差し入れを戴く常連さんにもエコたわしを差し上げる。せっせと編み編みしながら、本当にクリスマスとは無縁な人生だなぁと感じる。

今日は珍しく若者のお客さん来店。私とおっつかっつくらいだろうけど、皆若くて緊張する。でも「こんなお洒落なお店でドキドキする」と言われて、お互い違った意味でドキドキしてるんだなぁと思うと楽しかった。マスターは「木をたっぷり使った家具とか、食器とか、オリジナルのオーダーメイドに気付くほうが、むしろ少ないんだよ」と言っていたっけ。あまりに馴染みすぎた空間なので、お洒落なのかわからないけど、木の温もりは田舎に住んでいたって、やはり落ち着く。

f0053615_053250.jpg熱心に語り合う若者達の姿は、何だか良いなぁと感じつつ厨房へ引っ込む。さて、昨日けんちん汁の話をして、頭の中がそれでいっぱい。蓮根、大塚人参、キノコ類、大根、牛蒡、木綿豆腐、蒟蒻、ネギでたっぷり食物繊維。モヤシ28円の特売だったので、ヒゲ根を丁寧に取ってゴマドレ和え。ほうれん草の鰹節おひたし。天然ブリも特売で甘辛煮。けんちん汁だけど仕上げに味噌を香りづけにして、野菜エキス堪能。たっぷり作って明日の分も。ブリは先日の贅沢お昼ご飯の焼き物で甘辛ダレだったのを再現。でもグリルを使わず、煮付けながらせっせと煮汁をかけ回して煮詰めてちょうど良かった。魚臭さもなくて旨い。ホッとするような食事。もう「しみじみ」するご飯って大好き♪
[PR]
by saporterK | 2008-12-24 00:16 | Comments(0)

今度こそハンバーグ。

夕べは雨の後で強風。今日も風は強いのに、なんとのぅ生温いというか山梨の空っ風とは違う空気。富士山も八ヶ岳も雲に隠れてどんみりした感じは冬なんだけども。本屋へ行き、寄り道して、スーパーで買い足しなどしてからお店へ。入れ替わりで「ちょいと梅の甘酢漬けを買いに下部へ」行きたいマスターと交替。しかし程なく帰還。「財布を忘れた」愉快なマスター。もしもし?

6人分の夕飯を作るにあたり「こんな大量な肉は見たくない」と思いつつ、急かされて開始。基本的に夕飯は私が食べたい物を作るが、あまり動機づけがない場合はやる気が薄い。ゆえに動きも緩慢だが、一気呵成に作る。
f0053615_092878.jpg先日、出稼ぎ仕事納めのお昼ご飯で食べた、野菜のホットサラダが美味しかったので再現。蓮根と牛蒡はコンソメで炊き、その鍋にザルをかけて、皮が紅い大根、大塚人参、黄パプリカを蒸す。ゴマだれは、炒りごまを油が滲むくらいまで擂って、お店のドレッシングと混ぜたら美味しかった。全てゴロリと大きく切って、大根と人参とパプリカは歯ごたえを残して。
f0053615_0134922.jpgメインのハンバーグ。合いびき肉、水切り豆腐、エリンギ、ソフリット、ケチャップ、卵でまとめる。6個なので2枚のフライパンで焼いて、ほぼ焼けたら1枚に移し脂を捨てて赤ワインを注ぎ、煮詰めたところへ煮詰めたトマトジュース、ウスターソース、ケチャップ、マスタード、レモン汁、醤油、ブイヨンを投入し煮詰める。そこへハンバーグを入れて、空いたもう1枚のフライパンの脂を捨てて赤ワインを注ぎ、煮詰めてから加える。空いたフライパンにシメジ、エリンギ、舞茸を入れ、少しの水で蒸し焼きにしてからソースの中に投入、少し煮て調味して完成。付け合わせはタイム風味のローストポテト、プチトマト、茹でたブロッコリーとサヤインゲン。
あまり粘るまで肉は捏ねてはいけない。ふんわりした焼き上がりと、少し煮込んで縮むのを考えると、割れやすいけど粘りが出始めた辺りでやめるのが良い感じ(今回の合いびきの割合やら卵の大きさやら豆腐の水切り具合では)。

残念だったのは、気が急いたあまりに「肉の3倍は野菜を食べる」はずが、目の前に置いていたキャベツを忘れてコールスローを作らなかったため、今一歩になったことか。でも良いや。倍量は食べたし、お昼は蒸し焼きした白菜と人参たくさん入れたボロネーズソースでパスタ食べたから(私は)。6人分を作るのは、狭い厨房では皿など出せずに厄介だが、食材を割りと使い切れる意味ではスッキリ。
[PR]
by saporterK | 2008-12-23 00:37 | Comments(2)