南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2009年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

のはぁ〜。

昨日「千秋楽の中入り後の取り組み全部見たいけど、2時まで起きていられん」と昼間テレビ欄を見ながら言っていた。その後スポーツニュースでも見られずガッカリだったのだが、バタバタして、途中でコンビニで夜食を買って帰宅してみたら、ちょうど中入り後からの取り組みの番組が見られた。

夕方用事を済ませてお店に戻り、急いで夕飯をつまんでいると、甥っ子兄と兄上が立ち寄る。コンビニで何か買ってきたついでに「これはH(自分)の、これはお母さんの、これはKちゃんの」と言って、チュッパチャップスのカプチーノバニラ味をくれた。おいおい、泣かせるじゃねぇかぃ。この気持ちが嬉しい。周囲の人に対する気遣いっぷりは兄上に性格が似ている気がする。甥っ子くらいの頃、私は天下無敵だったと思う。
なんだか嬉しすぎて勿体なくて食べられない…。
[PR]
by saporterK | 2009-03-31 01:06

予言なのだ。

f0053615_2561713.jpgお店の隣の氏神様の桜は、咲きも残らず散りもせず、な感じ。で、季節のフルーツタルトをお裾分けで貰う。季節のフルーツなのだが、パイナップル、マンゴー、カンタロープメロン、葡萄、苺、ブルーベリー、キウイ、バナナを、季節の、と謳っていいのか意見交換などをしつつ、家族で分かち合います。味はまずまず。

で、夜に甥っ子が予言めいたことを仄めかして寝たそうだが、それが現実となった。彼は神様体質なのだろうか。それとも子供というのはある程度まではこうした不思議な直感を持っているのだろうか。そんなこととは知らず、仕事が終わって家で風呂上がりのワインを飲んで酔っぱらってしまった私は、ただ付き添って実況中継メールを送り続けただけ。しかもそろそろ家に戻ろうかとした時に貧血が出てくらくら。何の役に立ったのかわからぬ出来事であった。やんぬるかな。
[PR]
by saporterK | 2009-03-30 03:06

今月の試飲会も終了。

起きて、買い出しに出掛ける。春野菜のキラキラした緑などを眺めて楽しむ。買い出しから戻って仕事をしながら、生理学と解剖学の教本に付箋を貼ったり線を引いたりメモしたり。読んで理解しなくてはノートにまとめられず、しかもノートは1ページくらいしか埋まっておらず、終わりが見えず。記憶力もだが理解力もまたバリバリ脳みそ使って維持しなくては。。。

夕方になって試飲会の料理を作り出す。今回も少人数だったけど、自分達の試食分も加えてえっさえっさと作っていく。サツマイモのさらりめポタージュ。ブロッコリ、スナックエンドウ、アスパラ、赤パプリカの洋おでん。サニーレタスと貝割れ菜のサラダ。イングリッシュマフィンのピザ(モツァレラチーズ、トマト、ピーマン、ドライトマト、トマトソース、玉ねぎ、ハーブ)。ローストポテト&スイートポテト。イタリアンソフトサラミ。チーズ4種。グリッシーニ。

常連Aさんから「手づくりパン耳ラスク」を戴いた。母上に。確かに母上が好きな味。バターたっぷり。グラニュー糖たっぷり。お甘に関して、出入りの業者に出すおやつならば、私はパイシートを使って甘いのと塩っぱいのを作ったり、パウンドケーキやマフィンという作りやすい物を作るかも。ワンボウルで作れるし、時間もあまりかからないし、中身は、チョコに抹茶にフルーツにナッツにキャラメル、チーズにドライトマトにアンチョビに黒こしょう。何でもいけるから…。なんていうのはこれでも喫茶店の人だから…。一般家庭で何日も何日も、家族のおやつではない物を作り続けるのは大変な労苦であろう。パン耳ラスクはしかし、どこか懐かしい味わいで、牛乳が欲しくなる美味しさがありました。おごっそさん。
[PR]
by saporterK | 2009-03-29 03:15

ぐも〜っ。

朝の出稼ぎ生放送。だぁかぁらぁ、リハもきっちりかっきりしてほしいんですよぅ…。じゃないと今日みたいにガツッとコメント削って「え?」みたいに時間が巻いて、思惑を超える事態になっちゃうから…。あと、連絡不行き届きも困りますよ…。放送終了後、ペイドのコーナーの尺の確認を受けた。だって、ペイドだから…。どうやらスタジオのカメラさん達までもが「引き延ばして」の合図を送っていたらしく「何分で計ってた?」ってことでした。ペイドなのに、余裕分を差し引いても時間以下なんて尺の台本、無理矢理伸ばしてもらうしか、ないじゃない…。結果オーライ。あぁ、でも、ぐも〜っ。

異動や退社する女子の机にプレゼントやカードがあったり、他の部署のシフト表に名前が書かれているのを偶然見かけて、再び「皆いなくなっちゃうんだぁ」と涙腺がゆるり。籠り仕事部屋がある建物で、新制作部長さんと行き会い、制作部が若返りになるのを感じる。

少し前に籠り部屋で、異動する前に「気になっていたことを始末しに」来たNさんを、長時間引き留めて話をした(一方的に主に私が)ことで、つい先日、自己完結的に頭を殴られたみたいな気付きを得た。あれからずっと「なぜ私はあれほど非建設的な無駄話を繰り広げたのか」考えていて、その後の出来事も加味して、毎年の春の不定愁訴なども「なぜ起きるのか」考えていて、突然腑に落ちたことがあった。うじゃうじゃと話を聞かされたNさんにとっては傍迷惑なことであったろうが、おかげさまで私は「うわぁ、大学でやったことを自分が体感しちゃった」という事に打ちのめされて、返って春の不定愁訴という憑き物が落ちました。多謝。

お店に戻って少しして、S師匠来店。誰が異動とか退社とか話す。またゴハンでも行きましょう。帰宅後、友より贈られたワインを飲む。口福。酒に滅法弱いマスターが、試飲用に注いだほんの少しを「これは随分軽いなぁ。軽すぎないか」などと口走ってグイッと飲んでしまった。いえ、ほんの一口分です。私が今日の取り組みも盛り上がった話をしながらスポーツコーナーを観ていると「お風呂に入る前に酔ってきたぁ」。飲み口が軽いワインほど気をつけていないと、そうなるんですよ、マスター。がっつり濃いワインも好き。でも軽やかに春風に遊ぶような飲み口のワインは、飲んでいて楽しい。目の前に水仙や菜の花、もちろん桜などが広がるよう。
[PR]
by saporterK | 2009-03-28 00:52

愛だ。

メールで祝ってもらうのも嬉しい。サプライズな感じがするのも面白い。美味しい物を戴くって嬉しい。生きていることを祝ってくれるのがプラスされるとなお嬉しい。てなことで嬉しい日が続く。出稼ぎを終えてから、嬉しい物をセラーに入れて、たくさんの人達にすげー愛されてんなぁ、自分。とか思ってふわふわ。もともとイベント色の薄い我が家、この歳になって誰かに祝って貰えると、何やらくすぐったいような、どう反応して良いかわからずモゾモゾ。でも、嬉しいんですよぅ。
[PR]
by saporterK | 2009-03-27 00:14

難しいなー。

本日定休。
なのに普段通りに起きて、マスターと義姉上と甥っ子と出掛ける。晴れたら愛宕山こどもの国か遊亀公園の動物園、雨ならプランBで本屋とお茶。朝から雨なのでプランB。前日、出稼ぎから戻るとマスターが「困ったなぁ。ほんの1時間ちょっとだけど、2人でどこ行こうかなぁ」と困っていた。義姉上の用件が済むまでの待ち時間、自分の孫をどこか引き回し、もとい連れ回す役目を担ったらしい。

その辺が軽々しく何でも引き受ける我が家の特性を表している。で、プランAとBをさっさと提示し、その流れで私も同行することに。プランA提示理由は、私1人ではもはや行けない場所なので行ってみたかったから。プランBはいつでもどこでも私の「安全な場所」だから。

ってことで、甥っ子の誕生日プレゼントをついでに買う目論見もあって本屋へ。だがしかし、マスターは気が短いので選ばせるのにも「これが良いのか?要らないか?」とやたらせっつき、だんだん甥っ子から生気が抜けてきた。私が試飲会用のワインをじっくり選びたいのに、ラベルも読めないのに「それか、これか」と急き立てるので、甥っ子の気持ちも少し判る。でも私も買い与えたい本のほうへ誘導したくなって、自分が子供時代に惹かれなかった戦闘ヒーロー物を選びたがるのを阻んでいた。そりゃ、生気も抜けますって。

その後、4人でラーメンとギョウザを突つき、甥っ子は彼なりに普段一緒に出歩かない我々と出掛けて疲れたのか、ぐったりしていたっけ。
子供の相手ってなぁ難しいもんだなぁ。
[PR]
by saporterK | 2009-03-26 00:57

どこもかしこも。

当然ですが野球一色でした。出稼ぎ先で収録中に試合が始まり、AIRのモニターに近い私は時間を計りながら、ちらっちらっと盗み見。籠り部屋ではワンセグを横目で見ながら仕事をし、お昼を挟んでまた携帯を眺めつつ仕事。延長になる頃には「携帯のバッテリー保つか」の心配をしながら。隣部屋に保守で珍しく人がいたので、イチローのヒットも優勝が決まった瞬間も、携帯画面に小さく拍手してました。
いい日だ(なんちゃって俄ファンだけど)。

制作部に戻ると、フロア全体が「テレビに釘付け」。帰り際に運転中のラジオで相撲中継。途中で朝青龍と日馬富士の取り組み。勝負の一瞬を「あっうわわわわ」と締めてしまったラジオ中継アナ。私が聴き取れなかったのか、その辺に車を停めて携帯です。ワンセグは少し遅れて映るので、リピート映像が見られました。銀鼠のまわしが似合う日馬富士。また携帯画面に小さく拍手。白鵬勝って全勝。小さく拍手。
いい日だ。

お店に戻ると、訪れたいけど定休が同じで行けないお店のケーキを、同じ春っ子さんから戴いていました。ありがとう〜。ごちそうさま〜。
いい日だ。
[PR]
by saporterK | 2009-03-25 00:18

寒すぎて…。

風が強すぎて、寒すぎて、頭を何かで締め上げられている感じ。

5時間半、生理学と解剖学の基礎を一気呵成に詰め込んだ。本は当日手渡しだったので、事前学習ができなかったせいもあって「ちょっとでも頭を揺らしたらこぼれる」くらい詰め込んだ気がする。余裕なく講義を聴くのって相当疲れると実感した。ページを慌てて探して捲るなんて作業が特に。耳は講義を聞き、右手は書き留め、左手はページを必死に捲り、頭は講義と本の理解を進める。そんなもん同時進行できるかーっ、とさえ考える余裕無し。頭の中がぱつんぱつんです。

生理学は医学の基礎。今日のは生理学の基礎。冒頭部分に、このテキストは医学部以外の学部や短大生が60時間で取得できる小生理学書とあった。260ページみっしりでも「小」なのか…。でも生理学や解剖学を極めるために勉強しているのではなくて「だからこうするのだ」という展開ができるように勉強しているのだ。つまり基礎は押さえていないといかんのだ。次回はこの60時間分を頭に入れたのを前提に講義が当然進められるので、こぼさないようにしなくちゃ。ちょうど神経のシナプスのことも今日やったな…。短期記憶と長期記憶さ…。

それでも、大学で心理学を専攻して、認知心理とかで脳の生理学をちょっぴりやった土台があったのは良かったのかも。
[PR]
by saporterK | 2009-03-23 23:24

お天気雨で…。

夕べ帰宅後、ドラマ「プライベートプラクティス」を観る頃に新たな1年が明けており、今年は自分も家族も無事に過ごせたら良いという抱負を思い描いてみる。

今日はお天気雨が続いた。もっさりした空気のおかげか、早い木では三分咲きくらいの桜の香りが立ちこめていて素敵な昼下がりといったところか。アブラナ科の植物は等しく菜の花を咲かせて、食べるには遅すぎるが眼に鮮やかな黄色が良い。

今日もお客さん同士で久しぶりの再会場面があったりして、お店がそういうきっかけの場になるのって良いなぁと思う。縁が繋がる瞬間というのは見ていても心が和むものだ。

美味しかったですと、蕾も綻ぶ笑顔を貰ったとき、あぁこの仕事の醍醐味のひとつをまさしく味わう瞬間であった。コーヒーが美味しく点てられたとき、全てのオーダーをタイミングぴたりと合ってお出しできたとき、当意即妙な会話が成立したとき、挙げれば色々ある仕事上での喜び。
[PR]
by saporterK | 2009-03-22 22:49

休みで…。

野球中継で朝の生放送が休みだった。でも習性で寝ぼけ眼くらいにまで目覚めた時、外は大雨強風であった。「あぁ今日が休みで良かったこと」と安心しきって2度寝。次に起きた時はピーカン晴れであった。その後1日中、強風を眺めて過ごす。借りた漫画は読み終えていたので、手持ちの本を読んでいたら、マスターがよしながふみの「大奥」を読んでいた。親父殿に男女逆転の大奥なんて話、理解できるんだろうか、チラチラ横目で観察するも、本人は至って普通に読み進めていた。ふぅん…。

たまに出稼ぎが休みになると、今日が何曜日かパッとわからなくなる。強風すぎて外に出られず、最近購入した国産の紅茶などを美味しく啜って本を読むなんて優雅なことをしていると、尚更今日は何の日だろうか思い出せない。お彼岸の中日です。頭の中を「おはぎ(きなこ)」でいっぱいにして、お墓参りを後回しにしている辺りが不信心っぷり全開であるが、ちょうどリンボウ先生「旬菜膳語」でおはぎの件を読んだばかりなので、尚のこと頭は食い気に走る。

そんな中、母上から「誕生日に服を買ってしんぜよう」と珍しいことを言われて振り向いたら、その手にはユニクロの広告が。間もなく本厄に突入せんとする娘に、ユニクロってところがどうも母上の価値観とのズレを感じずにはいられないが、珍しいことを逃す手もないので、キャミやソックスくらいは買ってもらうか。

夜はベジャール追悼ガラを観る。ギエムの「ボレロ」も良いけど、ジョルジュ・ドンに勝る「ボレロ」はない。私が好きだった頃のベジャールバレエ団の公演が観たいなぁ。でもDVDになっているものが殆どなくて残念。「ピラミッド」好きだったなぁとか、色々思い出した。
[PR]
by saporterK | 2009-03-21 01:24