南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ぐはっ。

土曜日はワイン試飲会でした。
6種類のワインを飲んでいただきました。

今回は、大根と白菜の和風ポタージュ、生春巻き(エビ、紫キャベツ、
人参、紅芯大根、白菜の中心の柔らかい葉っぱ、貝割れ菜、サラダ菜)
長芋チップス、里芋ニョッキのブロッコリーソース、タコのガリシア、
アメ色玉ねぎのピサラディエール、カマンベールチーズ、サラミ、
ミックスナッツ、バゲット。

で、散々食べてしまってから、画像を撮るのを忘れていたことに
気付き、もはや残骸しかなく、、、。ぐはっ。

いつもマスターと話題になる「saporterKが嫁に行ったら試飲会自体を
やめるのか」という懸案ですが、やめません。
つか、それ以前に嫁に行くことのほうが現実あり得ていません。
希望的観測すらできていません。
つまり試飲会はほぼ私が死ぬまで続きます。

今日は越後屋さんとあずさんと3人で、手相を見合っていました。
私はどうやら金運が良いようなので宝くじを買えと言う解釈になり、
恋愛とか結婚とか「この線?これがそう?」みたいに、うっすらしか
見えなくてがっかりしました。よほど縁がないようです。ぐはっ。

たくましく生きていけって啓示なんだ。きっと。
[PR]
by saporterK | 2010-01-31 23:48 | Comments(2)

不調→復活。

濃霧の中を朝の出稼ぎへ。ラジオビタミンでも山梨からの投稿が
紹介されていました。南アルプス市から甲府市へ、向かうほどに
霧が濃くなり、ほんとに盆地なんだなー、なんて思ったりして。

母上は完全に沈没しています。
さて朝ご飯にコンビニおにぎりを買い、結局食べられずに帰宅の
車中で食べました、

ら、

うぅぅ、、、胃が痛い。腸の蠕動運動が急に止まったみたいな
変な感覚。今日は私が野菜だけスープになりました。
でも調子は戻りました。万能だな、野菜スープって。すげーな。
なんて、厨房にあった半端野菜をフィーリングでポイポイ切って入れて
コトコト塩味で炊いただけなんですが、万能薬みたいだと思いました。
内臓が、もくもく動くのが分かります。

さて明日はワイン試飲会です。
ふいにマスターが「今までは1ヶ月おきだったけど、毎月にするか」
と言い出しました。今でもかなり細々と開催していますが、さらに
少人数で静かに楽しむ時間というコンセプトも良いかもしれません。
[PR]
by saporterK | 2010-01-29 23:45 | Comments(0)
母上が本格ダウンしております。普通(?)の風邪ですが。

ここで倒れてはいかん、と、主にマスターに対して感じたので、
ちょっと身体を温める夕飯をご用意しました。
うっかり急いで食べちゃって画像に撮り忘れましたが、カレーうどん。
ポーチドエッグ、大根2種、人参、玉ねぎ、青ネギ、白菜、小松菜、
えのき、お揚げ、豚バラ。野菜に隠れて麺が見えないくらいにして。
お出汁は鰹節を切らしていたので昆布で。
うどんとして充分美味しいつゆへ、カレールーとソースを垂らし、
トロッとしたらオッケー。ホカホカを急いで食べます。

病人の母上には、野菜だけスープを作り、食欲に応じてご飯を入れて
食べよと言い置いてきました。
そして「デザートに」好きなマンゴー入りフルーツジュース(常温)を
置いてきたら、何故か空腹のところへジュースを一気飲みしたとかで、
いきなりお店に「具合悪い」という電話がきました。
マスターが行ったら、貧血を起こしていたそうです。
胃に血液が集中しますからね、だから負担の少ない野菜だけスープを
持って行ったんです。そんな中学生の生物か保健みたいなことをして、
マスターがおかんむりで戻ってきましたよ。
何だか気遣いのつもりが裏目に出てしまいました。がっかり。
[PR]
by saporterK | 2010-01-29 00:46 | Comments(0)

からす。

本日定休。
起きたらお昼でした。わおー。

母上はまた風邪をひきマスクをしたまま寝ております。
マスターは相変わらずアバラと腰が痛んで、ビロウです。
私は風邪ではない発熱で午後もガボッと寝ていました。
いやー、よく寝ました。

夜、出稼ぎ先の女子3名で、地元にある「からす」でご飯会。
鶏の水炊き、色々なキノコのあたたかいサラダ、エビマヨ、
野菜サラダ、つくね串焼き、レバー串焼き、モヤシの味噌和え、
仕上げの雑炊、って感じでした。1皿が結構たっぷりしていて
2名はあまり食べないので、まとめ役でした。

やはり鍋料理をしない家庭でしたので、奉行役も覚束ない私。
どういうタイミングで次の食材を入れて良いのか、、、。
私にも苦手な料理はあるのです。

昔、Y嬢とイタリアンを食べた時、私が普通に食事をした後で
ドルチェを選べず、結局「ハーフポーションにして全部盛りで」と
食べきる姿に驚いた、という思い出話が出ました。
私にはドルチェ用の胃袋が体内に入っているんです。

からすには甘い物は一切なくて残念でした。
[PR]
by saporterK | 2010-01-28 00:46 | Comments(0)

ただもう、

貧血週間もあり、眠くて眠くて。
眠い目を擦り擦り、出稼ぎ先の番組収録へ。
隣に座るおじさんは、年がら年中1日たりとも調子の良いことは
ないんじゃないかと思うくらい、収録の度「ぐぁぁ、調子悪ぃ」と
こぼしています。どんな生活を送っているんでしょう。

f0053615_011480.jpgさて今日の収録で使った江崎グリコのプッチンプリンいちごを1つ現物支給されました。プッチンプリン自体が何年振りでしょうか。懐かしい味でした。籠り部屋でひとり、久しぶりにメタリカを聴いたり、プリンを食べたりしつつ仕事をしていました。

眠い目を擦りながら帰りに本屋に立ち寄りましたら、店長らしき人が
レジカウンターの中で電話をしていました。部下に説教しているのか
それがすごく聞き苦しかった。内輪トラブルの電話なんてのは事務所で
しませんかしら。みっともない。
最近とみに置いてある本の種類がしみったれている。そしてフェアの
企画がほぼ毎回つまらない。殿様商売している姿勢がムンムンなのも
非常に残念な本屋です。でも県内で大きな本屋はここしかないのが
最も残念です。急ぎ必要でもなく流行りでもない本を買うという点だけ
便利だと思いつつ、貸して返ってこなかった本を買い直しました。

そう、ここ数ヶ月ためていた本をガツガツ読もう。結構どっさり。
でもとりあえず眠いので、今日はもう布団へ。
[PR]
by saporterK | 2010-01-27 00:29 | Comments(0)

終わった!(ひとまず)

本日は勉強の日でした。
症例報告の論文提出とスライド発表が終わりました。
内容の出来はともかく、不備は無かったようで受理されました。
ひとまず無事終了。
皆、灰になっていました。

発表が終わり、先月のレポートの宿題の報告をし合い、その後
今度また別の方法を用いて、同じようにデータ収集が始まり、
皆、灰になりながら計測しました。ホッとしたのも束の間でした。
でも、提出と発表までの流れもわかったので、何となく雰囲気は
落ち着いた感じ。集中力も途切れずに続きました。

「帰って早く眠りたい」と同期の殆どが言い合って、私も実に
同感でしたが、なぜこんな遅い時刻になっても起きているのか。。。

でもすっかり肌は元に戻りました。そっちのほうがホッとしました。
[PR]
by saporterK | 2010-01-26 01:32 | Comments(0)

自信。

全てを、CDに焼いたり印刷したりスティックメモリにも入れたり。
終わった。終わりました。すごい勢いで印刷用紙が減りました。
インクも減りました。

これを完成させるために、主義を曲げてWindowsを買いました。
今ではすっかり仲良しさんです。なんでもこいって勢いです(無理)。

人には言うけど自分には敢えて言わない「千里の道も一歩から」。
長い道も、とことこ歩いて、寄り道したり休憩したりしているうちに
気付いたら目の前です。ゴールです。
そしてゴールテープを切ったら、それはスタートを切ることです。
山あり谷ありの道が、すぐそこにまた。行くぜ。一歩ずつ。

大学では実は感じなかった苦しい読書やレポート書きの達成感。
今回は、それを取り返す以上に感じています。
そして、それだけのことを成し遂げた自信も得られました。
自分って、まだまだ怠け癖があるけど、頑張れる人だ。大丈夫。

今回、結構心の中で言いました。「大丈夫。大丈夫。」
人は、言葉にしたり思った方向に進んでいきます。
だから、設定する最終ゴールは同じだけど、思考のアプローチが、
「こうはなりたくない」「こうしたくない」となると、なりたくない
方向へ、したくない方向へ進んでしまい、目標ゴールと逆に向かって
しまいます。
「こうしたい」「こうなりたい」方向へ。

大丈夫。大丈夫。
言霊になって、本当に大丈夫になっていきます。
[PR]
by saporterK | 2010-01-24 22:52 | Comments(0)

灰になりそうです。

同期生たちとも励まし合い、ぐずぐず自分の不甲斐なさを愚痴るのを
聞いてくれた友達からも励まされ、人の温かみを今日も感じました。

私は往生際が悪いので、明日まで印刷とかCDに焼くとかせずに、
今日も「まだ手直しするところはないか」ぐずぐずPCを前に、目を
皿にしていました。目が疲れただけでした。

まだビミョーに残っていた今月分の宿題を仕上げたら、本当に完成。
いつもそうだけど「長い、苦しいと思っていてもあっという間」です。
頭の中で水戸黄門のオープニングテーマを歌っていました。

ちょっと解放感でぼんやりしそうです。
でも明日ギリギリまで、ぐずぐず手直しはするんです。
それで安心感を持てるから。
何より月曜日に無事、提出と発表が終わり、無事、帰宅しなくては
本当の解放感は得られません。あと少しだ〜。
[PR]
by saporterK | 2010-01-24 01:50 | Comments(0)

わかりやすい。

夕べ珍しく日付が変更して間もなく布団に入りました。
ウトウトしたら、夢で「口を挟むなら私の代わりが務まるんだろっ。
できないなら口を挟むんじゃないっ」と、なぜかカウンターの中の
調理台を両手でダシンダシン打ちながら、あらん限りの大声あげて
怒鳴りつけていました。おそろしぃ。
出稼ぎ先の生放送中の叫びなどかわいいくらいだと思いました。

そんな夢の中、友達からメールが来ました、現実で。
「論文テーマって、みんな違うよね?!」って。提出4日前にして
そんな危険発言ですか?!一気に目覚めました。
「違わないよー。5人分の症例報告を、あれこれの解説をしながら
まとめるやつだよー。パワポ作成もだよー。」
そんなやりとりをした後、冬らしい強風の音も重なったりして、結局
眠れぬ夜を過ごしてしまいました。交感神経優位でした。

私はほぼ書き終わっているせいか、傷んだ肌が少しずつ治ってきました。
少しだけど喉の奥の口内炎も小さくなったみたいです。
身体は正直です。わかりやすいです。
[PR]
by saporterK | 2010-01-23 00:22 | Comments(0)

苦い経験。

会合の後、貧血話になりました。
貧血持ちは大抵、常時耳鳴りを抱えて過ごしています。
私は高音と低音のハーモニーを奏でています。
残念ながら、男性から甘く囁かれるような場面には滅多に至りませんが、
ちょうどそんな音程が、ほぼ聴き取れません。

以前それで「え?」とか聞き返しすぎて、場の雰囲気をぶち壊した
ことがありました。全く気のない返事と誤解された苦い経験でした。
男どもよ、囁くな。むしろ叫べ。(叫ばれても嫌だけど。)

こちらの問題を敢えて話したのに理解されなかったのは哀しいものです。
聴こえにくい状況は経験がないとわからないのかもしれないけど。
それが重なってか、今は囁かれる状況がありませんので、心の中で
理解を示せ、このやろー、とか言わなくて良いので心穏やかですが。。。

ささやかれたくありません。腹が立つから。
いちいち聞き直すのも面倒。聞き直すのを嫌そうにする顔を見るのも嫌。
所詮、男は自分のことしか考えていないのだ、と思う一因でもあります。
何かを抱えている人間に優しくない場面を見ると、人間性が透けて見える
気がします。でもそれを許せない自分の狭量さも見えてしまいます。
あぁ苦い。
[PR]
by saporterK | 2010-01-22 00:15 | Comments(0)