南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2010年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

先日録画していた韓国版「アンティーク」を観ました。
より原作に近い作りで、どうせならそんくらいしないとねぇ、と
思いつつ観てました。原作分を映画の2時間に詰めてあり、結構ざっくり
していましたが、面白かった部分もありました。

ちょうど朝の出稼ぎ生放送で、韓流ドラマの話をしたばかり。
殆ど観ませんが「私の名前はキムサムスン」とか好きなものもあります。

で、たまたまその再放送の一部と、今日の録画を観ている私を見て、
「なんだ最近はとうとう韓国か」とマスターが揶揄します。
そう、たった2つだけ韓国モノを観ていたところに遭遇しただけで、
あっという間に韓国ファンにされていました。

でもまぁ、かわいい或いはカッコいい或いは目の保養になるタイプなら、
国籍人種問いません。その辺は博愛主義です。
変わったなー、自分。と思う瞬間。
かわいい男なんて、目の保養にすらしていなかったんですけど。
今、かなり大好物(目にとって)。
[PR]
by saporterK | 2010-07-31 01:59 | Comments(0)

何年振りかの。

雨が降ったおかげで、久しぶりに人並みに眠れた気がします。

さて何年かぶりに単語帳を買いました。
今ではサイズも色々、単語帳サイズの緑と赤のチェックシートまで
付属していて、昔はおまけの薄手のシートを切ったりしていたのに、
便利な世の中になったわ〜なんて、感心していました。

単語帳なんて、大学の二外でフランス語を選択して使ったきりかと
思って引き出しをゴソゴソしたら、イタリア語が出てきました。
パラッとめくったら、教育テレビのテキストを書き出したものでした。
懐かしい…。本の整理と同じで、ついパラパラとめくって時間を
過ごしてしまいました。

そういえばドイツ語を選択した友達が、試験前に「デアデスデムデン…」
って唱えてましたね。そして試験はないけど自分も唱えています。
活用も厄介、格も厄介。只今少々記憶に難儀して、次へ進めずに停滞中。
星一徹みたいに、ちゃぶ台をひっくり返したいです。頑張れ、自分。

停滞中ほど、昔を懐かしんで他の言語に走りたくなる。悪い癖です。
走るかな…走っちゃおうかな…仏語か伊語に。独語に留まれるか、自分。
軽い趣味っていいですよね。いつだってそんなことを口走れるから。
[PR]
by saporterK | 2010-07-30 00:38 | Comments(0)

難しいのだ。

出稼ぎで収録をして、1時間だけ籠り部屋で仕事をし、ゴハンを食べて、
2時間籠り部屋で仕事をし、高校野球の代表校応援番組を2時間収録し、
ギリギリ時刻で飛び出しマジダッシュでお店に戻って、リセットに数回
太陽礼拝の一連を行ない、汗だくだくになってからクラスでした。

人に教えたり伝える難しさを痛感中です。特に出稼ぎ先で。
私は流れに乗るとスムーズですが、横から口を挟むのは苦手です。
収録の流れの中で考える先に体が動いていることがあり、
それを伝えるのは難しいのです。

しかし収録の仕方を見たことのない女子に、いきなり時間計りデビューを
させようとするのはどうかと思いました。

横でその緊張した面持ちと空気感が、見ていて労しかったです。
事前に午前の収録が見学できるように計らってあげれば良かったのに。。。
それは私の範疇外なので口も手も出せませんけれども、生放送を経験
してるから大丈夫でしょ、ってのは随分乱暴な話です。

負けるなF嬢。強くなれF嬢。そして羽ばたけ。
実は、教えるのが下手な私が、最も彼女を苦しめているやもしれません。
心苦しいです。
[PR]
by saporterK | 2010-07-28 01:36 | Comments(0)

不覚。

出稼ぎ先で「30を過ぎてから涙腺が緩くて緩くて…」と仰っていた
女子は、私より4歳上くらいですが、鉄仮面と言われてきた私は、
表情こそ動きますが、なかなか涙腺は財布の紐みたいにかたいのです。

三つ子の魂みたいに、泣いたら血管切れちゃうから泣いちゃダメという、
知らない人が訊いたら首を傾げる習慣があったので、滅多に目から汗が
出なくなっていました。むしろドライアイだし(関係ないけど)。

ヨーガの師匠が「たくさん本を読みなさい」と講義で仰っていました。
様々なヘビーな体験を疑似体験して共感力を養うことにも繋がるし、
語彙力も増えるし、感性も育まれる。本は世界を広めてもくれます。

で、昨日買った宮部みゆき「あんじゅう」を読んで、表題の一編で
思わず「不覚!」と思ってしまったほど涙腺を緩めました。
今の自分の感性では、こういう場面に共感するんだなと、1人納得しつつ
号泣ではなく、しみしみと目から鼻から。よよ、落涙。
[PR]
by saporterK | 2010-07-27 00:19 | Comments(0)

歩き通し。

本日雲隠れ。
待っている為の約4時間は自由の身。

本屋を巡り歩いたのが殆どでした。
とはいえ、目的を果たしながらてくてく歩いていましたが、世間は
当然休みの人が多く、東京駅界隈も賑わっていて、お茶を飲もうと
したのにどこもかしこも行列で、夏休みに入ったらしい若者が普段より
かなり多くて新宿みたいでした。

用事を済ませて新宿に戻り、喉が渇いたのでベルクでビールを1杯。
その後入った、お客さんの殆どが外国人というファミレスみたいな
雰囲気のイタリアンで、あまりパッとしない赤ワインを1杯。
パスタとピザを食べて、ベイクドチーズケーキは意外に美味しくて、
1日が終了、、、

と思ったら、夕方に落雷があった為に中央線遅延。
座れましたが、結局到着は予定より遥かに遅くなり、足腰がもう
パンパンです。いやー、歩き通して座り通した日でした。
[PR]
by saporterK | 2010-07-26 01:10 | Comments(0)

閉店したかも、と。

友達から「前に行ったお店、閉めたっぽいの知ってる?」という
メールが来ました。ロマーニャ地方のイタリアンのお店。

友達と「じゃぁ食べながら追加していけばいっか」と言いながら、
前菜から始めて、概ね2、3種類ずつオーダーしていって、最終的に
「お客様達みたいに食べて下さるの、初めてです」と言われたお店。

その後ランチに行った際、すごく広いフロアで席数も多いとはいえ、
1回転もしていないのに驚きました。
つまり、マダムデジュネ的な人達が、コーヒーまで終わっているのに
席を立たずに喋っているだけで、そのテーブルはランチ終了時まで
動かない状況でした。外に並んで待っている人がいても平気そうで。

そういうスタンスではないお店だろうに、残念だと思っていました。
早晩このお店はこういう人達によって経営圧迫になる、申し訳ないけど、
そんなふうに感じていました。

移転したのかもしれないけど、張り紙はないそうです。
開店してまだ1年ちょっと。結構使い勝手の良い感じだったので
閉店してしまったなら残念です。

逆に閉店していないのに、友達曰く「中が雑然としていて、休業日で
お店を閉めている状態っぽくない」のなら、それはそれで問題ですね。
[PR]
by saporterK | 2010-07-24 23:49 | Comments(0)

Oh!Tempura!

基本、天ぷらを食べるのは蕎麦屋です。
そして実は好きとはいえ揚げ物にあまり執着がありません。

猛暑が続きます。
もう若者っぽくなく「昼も夜も蕎麦か素麺でいいっす」とか平気で
口にします。「むしろ栄養学的に問題がなければ、果物だけで」。

で、ガストロノミークラブ3人で、夕食を。
昼休みに電話で「暑いからさっぱりしたものですかねー…」と
生気なく答えたのですが、候補が「じゃぁ天ぷらは?」と言われ、
正直、一瞬頭に「?」が浮かびました。

現地集合で、国営放送甲府の近くにある「天松」へ。
呑めませんのでキリンフリーで乾杯。
海老、アイナメ,ズッキーニ、アスパラ、小玉ねぎ、トウモロコシ、
茗荷、ホタテ、イカと大葉、アナゴ、天茶、ナスとイワシの甘辛煮、
お漬物、ブルーベリーのミルクシャーベット。
覚えている範囲なので、まだ食べた気もしますが。

海老はちゃんと頭も別に揚げて、ポリポリ戴きました。
天ぷら概念を変えました。美味しかったし、もたれなかったし。
胃袋がいくら四次元構造でも、同じ調理法が続くと飽きてしまって、
これまでは苦手意識がありました。
滅多に食べないので、たまには目先が変わって楽しかったです。

穏やかなご夫婦のお店は21年になるそうです。
うちのマスターもそうですが、1つのことを20年ひたすら続けるって、
なんかそれだけで1つの境地だなと思いますが、終わりの無い道です。

帰宅後、ちゃんとしたビールを飲んで、余韻を味わいます。
[PR]
by saporterK | 2010-07-24 00:46 | Comments(0)

もう乾涸びても。

W杯の期間中は交感神経優位で眠れず、今は暑さで眠れず。
ブンデスリーガやセリエAでの、移籍問題も次のシーズンに
向けての情報も、暑い中で読んで脳が融解しそうです。

当初の予定では、とっくに家を出ているはずだったので、自室に
クーラーは不要と宣言してしまった手前、何だか今更ねぇ…とか
昨年は言っていました。しかし今年はちょっと半端ないですね。

乾涸びてもいいや、と思って扇風機を自分に当たるようにして、
体をクールダウンさせる呼吸法をしながら、いつしか意識が落ちる
ように寝ています。

熟睡はあまりできませんが、起きたら返って疲れていたなんてことが
以前ほどないので、せめてもの救いですかね。。。

今日はクーラーの効いたお店の中で、がしがし実習報告用の抄録を
書いていました。パソコンの為にも涼しい環境は必要ですね。
体は冷やしたくない、でも脳の為にも快適さは求めたい。
悩むところです。今年は例外的にクーラーの必要性を説きたいです。
[PR]
by saporterK | 2010-07-22 23:36 | Comments(0)

避暑…のはずが。

居間で録画した「にんじん」が実は吹き替えでがっかりしながら
観ていました。だってジュール・ルナール好きなので。
(とかいって、あとは「博物誌」しか読んだことないですが。)

さて、なるほど屋内でも熱中症になりかねないので、マスターに
「今日みたいな日は、どこまで北上したら涼しいだろうか」訊いて、
暗に「どこかいこーぜー」と仄めかし、「行くか」と言わせて出かけました。

白州への途中、20号線の温度計が36度。見なければ良かったです。
ワンマイルまで、青木鉱泉の看板を左折して行くルートを私は初めて知り、
到着して降り立ったら「暑い…。里よりはちょっぴりマシだけど、暑い」。

冷たい蕎麦を手繰りながら、親子で汗だくだくです。
ワンマイルのご主人が団扇を貸してくれました。
帰りにまだ暑いので、夏は水曜も営業中の白州道の駅で、ジェラートを。
カボチャと米を食べました。
イタリアで食べればこのサイズなら1ユーロするかどうかだなぁとか
ちょっとケチなことを思いつつ、アルデンテの米が結構な芯を感じた、
でも甘さはちょうど良いアイスで涼を取りました。

で、急ぐものでもないので、20号を途中左折して知らない道を行き、
結局「これって遠回り」みたいな結果となりながら、韮崎にある直売所で
大根などを仕入れてきました。まぁ、ドライブってことで。

帰ってきても当然暑いので、今日は日本初の缶ビール復刻版のアサヒと
超長期熟成のキリンを飲んでおしまい。飲んでも汗が出るのね〜。
[PR]
by saporterK | 2010-07-22 00:10 | Comments(0)

どこにも行けない。

本日定休。

車検に出して、代車が家にありません。乗って行かれてしまいました。

え、じゃぁ私は、この暑い中、家で悶々と過ごすってことですか。

わー、勘弁して欲しいー。。。
[PR]
by saporterK | 2010-07-21 11:13 | Comments(0)