南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

栗にスイッチオン。

私が、ではなくて。

常連さんから、お手製の栗の渋皮煮を戴きました。
ふっくらしっとりほろりとろり。そんな食感の流れを持つ渋皮煮。
丁寧な作業がうかがえる美味しさでした。

で。
母上が早速スイッチ入りました。「私も作りたい!」

レシピをいただき、私が昨日重曹を買い、夕べ仕込んで、今朝食べました。
似たものができていました。なかなか美味しい仕上がり。

でも本人は「渋皮のところが、もっとしっとり柔らかくならないと!」
ということで、またどこからか大きな栗を調達してきました。

「水じゃなくてお湯につければ皮が剥きやすいのだ」と言ったが最後、
結局30個ほどの栗の鬼皮を、オーダーをはけながら厨房で剥くことに。
渋皮の下処理から母上が担当。まぁ、分業制はいいのですが。

今年は栗が不作だと聞いていたのですが、何だか贅沢だなぁ。
家で作るのは、何より味を自分達の好きに仕立てられるのが一番ですね。

スイッチが入った母上は、もう誰にも止められません。
2度目で成功したら、今年は2度と作らないか、栗が入手できる限りは
作り続けるかのどちらかでしょう。
[PR]
by saporterK | 2010-09-30 22:22

行くというだけで。

本日定休。

検診があったので行ってきました。
行くというだけで何やら過剰に不安だし、何より面倒だし。

私が帰る時、ちょうど同じ検診を受けにきた友達とばったり。
「おぅ。」「おぉ。」

最近、出稼ぎ先からの帰りが早い曜日、ラッシュの道中で、
どちらかの車がどちらかの車の前を走っている、なんてことが
何度か続いていました。ミラー越しに手を振りあって。
仕事している場所も時間帯も違うのにね。

「きっと積もる話が積もりすぎているから、話せってことだね」
と言い合いながら、次回再会の目処を立ててきました。

指定された時間帯が午後の半端な頃だったので、何だかすべきことの
半分もしなかったのですが、その分ゆっくり美味しいミルクティーを
飲んで、静謐な時間が流れるようなフォンダンショコラを食べて帰宅。
[PR]
by saporterK | 2010-09-29 23:59

共感的理解。

出稼ぎ先から戻り、お店のドアから入ってフロアと厨房をスルーして
裏口から出て行って、階段昇ってスタジオ到着。
流れ作業です。掃除と準備と自分用ヨーガのため、お店の状況を見て
なるべくこの流れを保っています。

クラスの後、お店に降りていったら、造園屋社長が。
健康問題に話が及んできたので、ヨーガ療法について話しました。
ちょうどプロスタグランジンI2のことをクラスで話したばかりで、
そして長寿遺伝子SIR2について話しそびれたばかりだったので、
ここでも復習の機会となりました。
肯定的立場でヨーガの存在を捉えて下さって嬉しかったです。

ちなみに。
SIR2が働くようにする鍵は、日々の食事のカロリー制限(もちろん、
ミネラルなどは削らず、炭水化物、脂質、糖質をカット)だそうです。
腹八分目とは、よくいったものです。
レオナルド・ダ・ヴィンチだって、手記に「少し食べ」って書いており、
古今東西、共通した理解だったのでしょうね。現代で証明されました。

…と書いて、我が身を反省する日も時折有ることを、ここで告白。
[PR]
by saporterK | 2010-09-29 01:14

交感神経優位。

無事に、出来の如何はともかく、論文を提出し発表し受理されてきました。
またひとつ、山を越えた安堵感。しかし交感神経優位。

夕べは試験前夜の受験生みたいな気分がどこかにあり、時間内に発表を
収められずに悶々していたせいもあって眠れませんでした。

ただ布団の中で、心音共鳴法(声なし)とか、インスタントとクイックと
ディープの3種リラクゼーション等、行なって副交感神経とのバランスを
取り戻し、脳の興奮は取っていたので、朝になっても辛くはなかったのが
幸いです。さすが、ヨーガ療法。

存外、移動中にガツッと眠ったことで、身体の疲労が増えて疲れました。
発表後の実習で、心身が解れて事なきを得て、その後のスートラ講義も
集中できて。幸い幸い。

新しい班編成になり、しかしここまでくると初めて同じ班になったのに
顔は認識し合っているので、初めてという緊張がなくて幸い幸い。
スライド発表を聞きながら、ここにも個性が出ているのを感じました。
ともかくも、一段落。ほっ。
[PR]
by saporterK | 2010-09-27 23:49

事前準備。

指差し確認。
症例報告も書いた。スライドも作った。配布資料も印刷した。

今回はじっくり時間を取って書くことがなく、全てすき間時間を狙って
書いていったから、何だか終わりが見えなかったなぁ。でも終わったなぁ。

…と高らかに両腕をあげて自らを労った瞬間。
発表の為の原稿を忘れていました。
スライドを流して無言というわけにはいきません。
長い文章を延々と書いた後なので、16枚中実質14枚分の口頭説明を
書くのはあっという間、だったような気がします。

その後、時間内にスライドを進めながら読めるか練習。
緩急強弱に気をつけて読み込みます。
出稼ぎ先の報道アナ達は、原稿の読みを念入りにしています。
そうだよね、私はアナウンサーではないけど、その心構えは必要よね。

でもこれ以上要約できないけど、時間内に収まらない!と言いながら、
時間計りの鬼なので、文章を削るべきか。うーん、でももう削れない。
後は、早口だけど聞きやすいように、自分の話し方に期待するのみか。

何事も事前準備は大切ですね。
それでも途中で千秋楽を、魁皇の取り組みからですが見られました。
1日の、ふと気が抜けた時間でした。
お店にいて、仕事をして、仕上げをして、気を抜く時間もある。
時間をうまく使えた気分です。
[PR]
by saporterK | 2010-09-26 22:32

一瞬ひやり。

夕べ、ルーターの調子が悪くなり、一瞬ひやり。
リセットして回復。ほっ。

人数が揃わず直前のキャンセルもあり、延期しようかと言っていた
試飲会を、飲むワインを変更して行ないました。
・鶏もも肉とトマトのビネガー煮込み
・メリジャノサラタ
・名も知らぬカボチャのスープ
・ジャガ芋ロースト ローズマリー風味
・ズッキーニオムレツ
・カマンベールチーズ、サラミ、ナッツ

カボチャは「もらったから名前は判らない」といって手渡されました。
今回は、母上農園の夏野菜がちょうど終わるのに間に合い、卵、鶏肉、
ワインビネガー、チーズを買っただけでした。
ご近所さんやお友達と、母上は野菜の物々交換もしているので、かなり
使わせてもらいます。助かります。
[PR]
by saporterK | 2010-09-26 12:10
出稼ぎ先の生放送が1回休みなので休みました。
これで曜日感覚がズレるのがもどかしいところです。
何だか木曜日か土曜日に感じてしかたのない1日でした。

さてここ数日、顔のマッサージをいつぶりか再開したおかげか、
二重のシワが少し変わったみたいです。
老廃物や水分が移動して、これが本来の私の目の大きさなのでしょうかね。
時々左右で二重の深さが異なるので、良いかどうかは微妙です。

尤も、私は瞳が小さいので、あまり目の形ばかりくっきりしても
困るんですよね。何だか三白眼になるようで。
とか、そういうことに意識が向くのって実は当人だけで、存外周囲の
人が気付くほど変わっているわけでもなかったりします。

自意識について考えつつ、それでもまぁ腫れぼったい顔がすっきり
してくるならば、マッサージは続けようと思います。
あくまで、やる気が続くまで。
[PR]
by saporterK | 2010-09-25 01:50

それほど。

普段、雲隠れした先々では、ガツガツ歩いてむしろ競歩みたいな
状況になりますが、連れがいると歩みも緩やかになります。

おかげで周囲を眺めつつ歩けて、気持ち的に余裕がありましたね。
楽しかったです。
反面、今朝体重を測ったら、何の変化も起きていませんでした。
まぁそんなもんだよね。

母上は雲隠れの思い出に、トータルで幾ら使ったのか計算しており、
でもだからって、その先は「結構かかったね」か「それほどかからずに
行けたね」で終わるんですが、何やら熱心にやっていました。

買ってきたパンとか焼き菓子とか落花生などを食べつつ、思い出も
一緒に胃袋へ。思い出もまた、明日の細胞へ。血肉となって私の一部へ。

そして論文とパワポ資料作成の為のエネルギーへ。
オンとオフの切り替えがパキッとしたので、返って集中できました。

「てにをは」の確認と、要約がこれで要約されたのかの確認を。
でもそれって、最終段階に辿り着いたってことなので、なんかもー
終わった気分すら起きていて危険。
[PR]
by saporterK | 2010-09-24 01:59

乗りテツな旅。

夕べ遅くなってから乗り換えなどを確認して、あまり眠れぬまま朝。
朝のラッシュの一波がおさまった時間帯だったのか、わりにスムーズに
運転して駅へ。800円だった駅前コイン駐車場が、先月は900円に、
そして今日見たら千円になっていました。

特急の中で意識を落とし、体力の回復を図り、とりあえず目的の駅へ。
「初めて降りる駅で、どうしてそんなにスイスイ迷わずに歩けるの?」
目的地まで連れて行けるよう、キョロキョロと情報をピックアップして
いるからですよ。あとは太陽の向きで方角を見ているからですよ。

適当に入ったうどん屋が、意外なほど盛況だったり。

モノレールという乗り物は、高い所を苦手とする私には怖い存在だったり。

市立美術館にミッシリお客さんが入って息苦しかったり。

方向を失っているのに「あっちじゃないの?」という横槍に対し、如何に
自らを律して冷静さを保てるか修行したり。

友達を、まるで突撃!隣の○ゴハンみたいに訪ねてみるか、と、電車を
数本乗り継いでみたり。広大なニュータウン的な町に目を見張ったり。

今日は結構電車の旅でした。電車内にいるほうが長かった感じで。
[PR]
by saporterK | 2010-09-23 02:08

いんそつ。

日付変わっていまして、本日定休。

引率なので主導権はあまりないような、しかし、むしろ
「あたしに付いて来な」くらいの意気込みで出かけてきます。

学生時代、バイトした会社の本社に書類を届ける、という理由だけで
行ったことのある県。滞在時間は会社までの徒歩を含めて30分ほど。
友達の実家があるとか、友達がいるとか、そういうご縁はありつつ、
訪ねることのなかった県。

楽しむのと同じくらいの割合で「はぐれたら困る」気持ちが大です。
もちろん。
私がはぐれるんじゃないんです。
立ち止まっていて、振り向いたらいつも居なくなってるんです。

はぐれる人は誰でしょう。
無事に(私が雷をボカスカ落とさずに)行けるでしょうか。
[PR]
by saporterK | 2010-09-22 01:06