南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2010年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

仮装用になった。

夕べまんじりともせず眠れぬ夜を過ごし、悶々するまま起きました。
「ぎぃぃっ」な肩甲骨が痛すぎて。しかも頬に吹き出物が2つ。

起きて「ぎぃぃっ」のまま、境川へ卵殻モザイクの教室発表会を見に。
飾り付けてあるお花の中に、たっぷりのユーカリとローズマリーが
生けられていて、思わず深呼吸。

お店に戻ると、初ストーブ点火。わーい、ほかほか。
夜、友達を待ちながら、お化粧の練習をしていました。
お祝いの席に良いお化粧を練習していたのですが、そういえば私は
アイラインで目をぐるっと囲んだことがないので描いてみました。

しかし明日のお〜ばけぇ食堂のための仮装用の顔に仕上がりました。
なるほど、なんだか魔女的な何かな感じがします。面白い。
ちなみに両親には大不評でした。
[PR]
by saporterK | 2010-10-29 00:10

断髪。

本日定休。

マスターと母上は連れ立って南部へ。
近藤浩一路の「百駿図」を観に行ったようでした。

私はもぞもぞ起きだして、徐に電話予約して断髪へ。
「ここのところ3ヶ月周期くらいですよね」と担当さん。

本当は、もう少し頻繁に行きたいとは思っているんです。
でも美容院へ行くと、いつも左肩がおかしく突っ張って痛みます。
耳の後ろとかこめかみに触れる度に「ぎぃぃっ」と力が入って、
終わる頃には毎回ヘトヘトです。。。

「ぎぃぃっ」となるのを覚悟で行くので、一般的女子みたいに
そうそう頻繁には行けません。
強張りすぎて、左耳がよく聞こえなくなって困るし。
今回は、耳よりも肩甲骨までカチコチして変な音がします。

強張りはヨーガで解すとして、とりあえず髪はさっぱりすっきり。
[PR]
by saporterK | 2010-10-27 23:55

ガタガタガタガタ

強風に吹っ飛ばされるほどやわではありませんが、うかうかしていると
身体がブレてよろつくほどの木枯らしでしたね。現在進行形です。

お店の2階のスタジオでは、窓枠が異なるせいかガタガタする音が
異なります。換気扇なんて閉じているのに風が押し上げるのか羽根が
少し動いていました。

山梨における北風ったら、10月でも変わらないんだなぁと感じました。
人間性だって環境の影響を受けるんだもの、キツくもなるさ。
そんな言い訳めいたことが浮かびました。

帰宅後、私の住む離れは蔵造りですが、突風の度になにやらビミョーに
空気の流れがスースーと。
空気の出入りでなくても、天窓から冷気が降りてきたりします。
あぁ、そういう時季にタイムスリップしたんだわ。。。

このまま寒さが続いて冬になるわけでもなさそうですが、参った。
今朝すでに布団から出たくありませんでした。
[PR]
by saporterK | 2010-10-27 00:50

ネットワーク。

本日雲隠れにて勉学の日。
いよいよ卒業までに第4コーナー辺りまで来ました。
2例ずつの症例報告に対し、添削も入って、内容に赤は入らずとも
うっかり書き落とした部分の指摘を受けてきました。

こいつぁ、大学で書いたレポートより真剣に取り組んでるぞ。。。
パワポ発表も慣れてきて、ここへきて漸く最低ラインまで漕ぎ着けた
ような気がします。ランナーズハイ的気分です。

で、卒業後はそれぞれに戻るので、皆でネットワークを構築して、
学会だけでなく普段からも情報交換したり、勉強会したりしようでは
ないかという運びになり、水面下でじわじわメンバーが増えています。

一緒に勉強した仲間であるだけでなく、これからも共に向上せんと
協力しあえる仲間へ。特に私みたいな地方の人間には有難いですね。
人との繋がりを感じ、補完し合う為に互いに協力を惜しまない仲間と
出会えて歩めることに改めて貴重な機会を得られて感謝しました。

自分がいるあらゆる場所での関係もまた、同じだと感じます。
[PR]
by saporterK | 2010-10-26 00:31

ご相伴で…

したたかに酔いました。。。

パソコンの調子は変わらずイマイチ。

とりあえず今月分の症例発表用の論文とスライドと資料は完了。

あまつさえスパイダソリティアを楽しめるくらいの余裕まで有り。
ヨーガ・スートラの勉強をする余裕まで有り。
山日新聞の高校入試の練習問題(今週は数学)を解く余裕まで有り。
大好きなチャイを作って、2杯も堪能する余裕まで有り。

連日のおひとりさま読書会で寝不足のうえ、うっかり解放感に浸って、
勧められるがままに、チリの落盤事故からの生還を祝って、チリの
ピカンテのメルローを呑み、また呑み。。。

そんな状態で、しかし理性というヤツは私から引き剥がされることはなく
ちゃんと配布資料のプリントとホチキス留めもして、論文のプリントも、
スライド発表用のバックアップも、明日の支度もちゃぁんと完了。

私の理性のタガが外れるなんてこと、あるんでしょうかね。
っていうか、私から理性と自制を取り除いたら、一体何が残るやら。
明日は雲隠れ。ガンガン勉強してきます。
[PR]
by saporterK | 2010-10-24 22:38

秋の一気読み祭り。

別に秋じゃなくてもするんですけどね。
「ザ・おひとりさま夜通し読書の会」in自分の部屋。

厚くて重いから、という理由でお店に持ち込めず、ちまちまと
数行ずつしか読めずにいるのとか。
斜め読みでも楽しめるのとか。
理解するには「読書百遍」しなくちゃならないだろうから、ひとまず
流れだけ掴んでおきたいのとか。

今年は買いっぱなしがほとんどなく、読み通してから次を買うような
タイミングになっている為、積ん読がずいぶん減りました。
昨年は脳をぶんぶん使ってグルコースが分解されるような、エネルギーを
要する本が多かったです。そして残念なほど理解できないものも。

夕べは、ダイアン・デヴィッドソン「クッキング・ママ」シリーズ、
高田郁「今朝の春」、福岡伸一「動的平衡」。さすがに目が疲れました。

軽い小説はともかくも、ショーペンハウエルが「読書について」で
書いていることを思い出して「えぇ、どうせ私の読書なんて百害合って
一利なしですよ。へっ」と、大学時代に読んだきり2度と開かずにいる
文庫本に悪態をつきました。何だか毎年同じ事をしています。
[PR]
by saporterK | 2010-10-24 00:40

冒涜。

食べ物や食べることや作ってくれる人や助けてくれる人に対して、
1度も心から感謝したこと、ないのかもなぁ。。。

出稼ぎ先の生放送の電波上で、これ以上の行程を映したら、紹介した
会社の商品イメージも悪くなると判断が下され、強制的にカメラ割りの
急遽変更で映像が切り替わった、ある会社のパスタとソースの紹介。

私はよほどでないと「まずそう」とは思わないし言わないほうだと
思っていますが、茹でたパスタにレトルトソースを和えて盛るという、
まずそうになる要素がないはずの場面を目の前にして、モニターに映る
状況にアゴが外れました。「まずそう。。。」
商品そのものに問題はまったくない。でもすごく、まずそう。

食べ物に困ったことがないと、こういうことができるようになるんだ。
それは本当の「豊かさ」なんでしょうか。
本当に人が求めてやまない「豊かで」「食べることに困らない」幸福?

通常、番組終了後は料理をスタッフが「わー」と寄り集まって「わー」と
食べて「わー」と散って残るは皿のみとなるのですが、もうここのところ
誰も迷わずにゴミ袋に捨てている。味見すらしない。というか、できない。
そんな状況に追い込まれています。

食べることは明日の自分を創造すること。
食を軽んじることが自分にどう返ってくるのか問いたい。
食べ物は粗末にしないスタッフが揃う中で、起き得なかった事態が
普通になりつつある。実はとんでもない危機的状況だと感じました。

以前の番組で「本番3分前〜」と叫びながら、スタジオの雑観を映す、
という演出が暫し続きました。私はウォーリーを探せ、くらいの姿でも
自分が映り込むのがイヤでした。
しかしここまでになると、傲慢を承知で、女子アナはエア料理してもらい、
手元を映す部分は私が代わりたいと、本気で思いました。

私は買わないメーカーのパスタだけど、もったいない!
[PR]
by saporterK | 2010-10-23 00:36

なぜだ。

症例報告の修正箇所を送ろうとしています。
でもなぜか送れません。
受信できるし、ネットできる。
宛先も間違っていないし、送信用サーバも確認した(っていうか1度
設定してからそのダイアログ開いたこともなかった)。
それで送れないって、どういうこと???
しかも学会提出用の抄録ファイルも送りたいんです。
困った!
久々にPC関連に困っています。こんなタイミングで不具合になるとは…
[PR]
by saporterK | 2010-10-21 22:49

寒い。

本日定休。

曇りの寒い1日でしたね。

新刊本を買いに出かけて、ふらふら立ち寄った喫茶店。
昨日の今日で、カフェインを流し込んで鉄分を自ら排出するのは
少々(ホントに、ほんの少々)憚られ、そんなら相殺かなと言う
思いで、ソイミルクティー。貧血に豆乳も多少良いそうなので。

大抵の場合、人は好きなものを断つあるいは減量せしめんとする時、
「その代わりといっちゃぁ何ですが」という何かを足したり変更して
お茶を濁すものです。ふわりと漂う湯気を眺めて思いました。

外気温が低くなりだして、でも室内はほんわりとあたたかくて、
熱々の飲み物をふぅふぅして戴く。
一番ほっとする時季ですね。

代わりといっちゃぁ何ですが頼んだソイミルクティーは美味でした。
紅茶はね、やめられませんよ。人生の楽しみだもん。
[PR]
by saporterK | 2010-10-20 23:22

唯一の烙印。

出稼ぎ収録がサクリと終わり、お店へ。
その後しばらく仕事をして、時刻が来たのでいったんブレイク。
順番待ちの間、暇を持て余して、お説教みたいな改善メモが書かれた紙に
覚えたての分離動詞を思い出せるだけ書き出していました。

いつでもそうですが、唯一を残してその他は「健康優良児」なのです。
ヨーガ療法を実践するようになってからは安定的に。
しかし今回も予想通り烙印を押されてきました。
「ここまで数値が下回るとね…」「はい」を、気付いて数えだしてから
4回繰り返され、どうも返答が気に入られていないことに気付きました。

前回みたいな脅迫めいたことは言われませんでしたが、今回は「心臓に
負担がかかってくると…」という辺りから攻め込まれました。
私はいつからそんな重病人みたいなことを言われているんでしょうか。
たかが貧血と侮るなかれ。もぅ物心ついた頃から言われてますよ。
でもそれで死ぬなら、その時には私の今生に於ける役割は果たした後で、
お疲れ様でしたってことじゃん。

「ちゃんと毎食きちんと食べていますか」と言われた時は、ちょっと
引っ叩いてくれっかと思いましたが、「指導書にあるような物ばかり
食べて、これ以上も以下も無理です」と口答えをして帰ってきました。
[PR]
by saporterK | 2010-10-20 01:43