南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2011年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

マスコバド糖で。

朝ご飯をモサモサ食べているところへ、母上がショットグラスに
茶色い液体を入れて出してきました。

ひとまず食事を終えてお茶を飲んだ後に、それを飲んでみたら。
「ぐあっ!甘い!…、…、…、ぐあっ!辛い!」

「ぷーたろ」と「吉平商店」から取り寄せたジンジャーシロップは
飲み終わってしまい、その後は母上がキビ糖で作ったのを
飲んでいました。

今回は甘みにマスコバド糖を使用しており、茶色です。
しかし量も結構入れたようで甘みも強く、辛みを感じるまでに
時差があります。要注意です。

お店に持って行き、柚子茶に混ぜたり、ミルクティーに混ぜて
飲んでいました。甘みが強いので少量+ジンジャーパウダー。

来るお客さんごと「外は寒いよ〜!」という声を聞きながら、
1人でホカホカあったまって、顔をテラテラさせていました。

お礼と言っては何ですが、リクエストがあったので、今夜は
鶏手羽の塩バターペッパー煮、カブのレモンマリネを作り、
ペッパー煮の汁と柔らかく煮えたニンニクを潰したソースで
茹でたサヤエンドウとカブの葉と茎を炒め合わせたのが
結構旨かったです。手羽もホロリ。軟骨もゴリゴリいけます。
[PR]
by saporterK | 2011-01-31 23:28

思い出。

投票日は、なぜかお店が暇になる、というパターンです。

今日久しぶりに甘酒を飲みました。生姜すりおろしも加えて。
「子供の頃は、なんで生姜なんて!って思ってたけど」
今は生姜のピリリとした引き締まった味が好きです。

母上の甘酒は、酒粕の粒が米くらいの大きさに残したもの。
どうやら母方の家では、母上が子供の頃は酒粕を買うのでは
なく、米から作った、とのことです。
曰く「すり鉢で、こうして(と擂る真似をして)作ってたのを
覚えてる」思い出の一品らしいです。

そこで思い出したのが、子供の頃、掘りごたつで母上が
ヨーグルトを作っていたこと。

オレンジっぽいピンクの縁取りに花柄の陶器製で、蓋が金具で
留めるタイプの容器が、いつも私が座っている足元に
置かれていたのでした。500mlくらいでしょうか。

てっきりヨーグルトの素を買っていたのかと思ったら
「その辺で売ってるヨーグルトを2掬いくらい、温めた牛乳に
混ぜて掘りごたつに置いただけ」だったことが判明。
ほんのり甘くしてあって、毎日食べていました。

「あ〜、ピンクのね。花が描いてあった。うちにしてはちょっと
洒落た器の。そうそう」
私が容器のことを話しても、当初思い出せていなかった母上も
不意に記憶が蘇ったのか、しばし母娘で盛り上がりました。

市販のヨーグルトで作ったヨーグルトは、実は元の製品よりも
かなり美味に感じました。あの容器がそう見せていたのかも。

混ぜる為のハチミツが固まっちゃってて、ちょっとジョリジョリと
結晶を感じたり、母上の手作り苺ジャムはいつも緩く仕立てて
あって、白いヨーグルトに混ざるのが楽しくて好きでした。
[PR]
by saporterK | 2011-01-30 23:19

はぁ…眠いです。

私は珍しく夕べ12時過ぎに眠くなり「睡眠黄金時間に眠れる」と
喜んで布団に入りました。

うとうと、心地よく寝付いて、いよいよ深い睡眠へ向かおうとした
その矢先。

「あー!取られる!何やってんだ!」

という叫びが。

私が2階にいることは、きれいさっぱり忘れているか、気遣い無し
なのか、妙な解説つきで叫んでいました。

マスターです。

結局、試合が終わるまでそれは続き、眠ろうにも眠れず。
しかも深い眠りへ向かう時に急速に覚醒したせいか、叫び声が
あろうとなかろうと、たぶん眠れなかったです。

寝返りをうちすぎて、首が痛い朝を迎えました。
[PR]
by saporterK | 2011-01-30 11:07

名前はかっこいいが…。

f0053615_225439.jpg出稼ぎ先へ向かう朝、母上がおにぎりを1個握っておいてくれます。そして白湯。
寒い時季は特にありがたや。
たまに「そうまでして用意してくれなくてもいいんだけど…」と、つい言ってしまう不思議な物を持たされることもあります。今日は、いつものセットに「NAVY BISCUITS」が。これ、名前は一見かっこいいのですが、乾パンです。

1枚がトランプくらいの大きさ。
日本の昔ながらの一口サイズ氷砂糖入りとは違います。
しかし甲府市の会社が製造しています。

朝からボロボロ崩れやすい上に、何より口中の水分が
吸い取られて喉を詰まらせかねない乾パンを、車の運転中に
食べるのは大変危険です。

なので、午後の籠り部屋で、紙をアゴの下へあてがいつつ、
すぐに紅茶をがぼがぼ飲みつつ頂きました。

実は、乾パンの素朴な味わいはかなり好きです。
しかしいくら唾液の分泌量が多い私でも、この1枚が大きな
タイプは、飲み物無しには食べにくい。

…ところで非常食としてでもないのに、しかも母上自身は歯が
弱いのに、なぜか乾パンが「おやつ」として時折出されますし、
「朝ご飯」として持たされます。謎。
[PR]
by saporterK | 2011-01-28 22:56

甘苦い。

甜茶を久々に飲みました。
花粉症の前兆っぽさが出てきました。

時季の前から毎日飲み続けると良いそうですが、すっかり他の
飲み物を堪能しているうちに、時季です。
でも鼻がムズっとしたり、目がカユっとなっても、身体が温まって
くると治まってしまう。
まだ間に合うかな。

普通にお茶として抽出すると、甘くて美味しい甜茶。
しかし花粉症対策としては、弱火で煮出したものを飲みます。

甘い。そして苦い。
煮出した後で、お湯で薄めています。

ナツメ、クコの実、甜茶、チャイ…
煮出す行為が好きだから続いているのだと思います。

因にアレルゲン特定していない私は、梅から桃(の花)まで、
という目安があります。
ヨーガ療法でかなり症状が緩和しているここ3年ほど。
今年はどうでしょうか。がんばります。
[PR]
by saporterK | 2011-01-28 00:23
定休でした。

母上とお昼ご飯を食べに昭和のCantuへ。
明石タコと野菜のサラダ仕立て、イナダのカルパッチョ、
葉野菜サラダ、魚介トマトスパゲティ、オマール海老の
タリアテッレ、チョコレートスフレ、ミルフィーユ。

母上はタコのバジルソースがいたく気に入ってました。
軽いけど味は濃くて美味。
さてエビですが、縦割りにされたのが「ごろっ」と乗っており、
甲殻類は「もう後は食べるだけにしておいてください」タイプ
なので、殻から身を出す作業に没頭しました…。

母上が何か話しかけてきましたが聞こえません。
集中。そして「今話しかけないで」
地獄を描いた九相図で、悪人を食いちぎるのがいますね。
ソフトシェルクラブみたいにバリバリいけたら良いのに…。

その後、親戚を訪ねましたら、初めて会っただいぶ大きな
ワンさんと戯れました。敵か味方かわかるんですね。
あまりに「仲間!」と思われたのか、途中いきなり体当たりを
喰らいました。でもちゃんと位置関係は理解してくれました。
犬にはとても好かれます。
[PR]
by saporterK | 2011-01-27 00:12

頭の中で。

出稼ぎ先で番組収録。

夕べ、自分解釈で「お化粧してなくても褒められた」ことにして、
浮かれて日焼け止めを塗って、眉を描いただけで会社へ。
誰もそこは指摘しないだけの賢明さがある、或いは無関心ゆえの
鈍感さで私の素顔に気付かない人々で助かります。

籠り部屋で、音量を上げて音楽を聴いています。
休憩しながら、CDの音をよくよく聴いていると、息づかいや
楽譜をめくる音がしているようです。

オーケストラの場合、たぶんそういう音は指揮者のだと思うの
ですが、どうなんでしょう。
ホールで録音する時のマイク位置は知らないので、勝手に
指揮者の息づかいを感じている、と思えて楽しんでいます。

私は1度買うと、とりあえず「もうお腹いっぱい」になるくらい、
ほぼ毎日聴いていたいタイプです。
耳が悪いのでイヤホン使えないので、断片的に覚えている
曲が、頭の中で流れている状況です。
[PR]
by saporterK | 2011-01-26 02:32

話の軸。

折り畳んだポスターを持って、行ってきました。雲隠れで勉強。
心臓があばら骨を突き破る緊張。
ポスターよりスライド発表のほうが気持ちが楽でした。
第1回目は、ほぼ無事終了。次回へ。

帰りに八王子のコーヒースタンドで紅茶を飲んで電車待ち。
で、知らない男性に声をかけられました。
「隣から見ていて、お化粧にとても気を使われているように
見えたので…」とのこと。お化粧関係の方のようです、が。

しかし。
今日は、日焼け止め、眉を書き足し、ビューラーでまつげを
上げただけ。これをお化粧と呼ぶなら、まぁそれで。

褒めてくれたのが、勧誘に繋がるわけでもなく、さりとて今時
ナンパするでもなく、話の流れが見えず返答に困りました。

「お化粧は興味なくて、お肌の手入れすらほぼしてません」
何度かそう言っていますが、「してなくてそれだけきれいなら
もうそれで」って、だから、結局、話の軸がわかりません。

あごに吹き出物があるのは見えているんだから、もしかしたら
「吹き出物に悩んでて…」という言葉を待っていたのか。
そしたらすかさず「当社では…」に繋げようと思っていたのかも。

でもいいや。褒められた、というとこだけ注目しておきます。
自分、肌はおろか造形も褒められたことないので、まれに
褒められると反応の仕方に窮しますが、喜んでおこう。きゃっ♪
[PR]
by saporterK | 2011-01-25 01:13

よく働きました。

今日はマスターが半日ほど不在でした。
親戚の結婚式へ。

不在中、ヨーガ療法のほうを仕上げようと目論んでいましたが
常連さんや10年以上ぶりくらいのお客様などが続きまして、
母上と2人でよく働いていました。

心地よい疲労感に身を委ねている頃、大相撲千秋楽の時間。
幕内力士の取り組みを、琴欧州あたりから携帯でちょっとずつ
見られました。白鵬、魁皇戦だけは見ましたよ。

マスターも戻ってきて、ようやく模造紙の切り貼り作業へ。
定形外の大きさでの掲示になるので、2階のスタジオに行って
切ったり貼ったり。
パワポ作成の手直しをして、宿題をして、目がくしゃくしゃです。

帰宅して、ただ今もろもろプリント中。大量だ…。
[PR]
by saporterK | 2011-01-23 22:54
ヨーガ療法のブログはアメブロを使っているのですが、
ふいに「なぅ」を投稿しました。よくわかっていないのに。

私は携帯でネットをしない(っていうか仕事中しないでしょ)ので
不要だと思っていました。
ツイッターも、実際どういう広がりと繋がりを持ちたいか、今は
不明確なので見てるだけの状況。

「使うかどうかは別にして、以前はシステムやスキルはついて
いったものだけど…こうして取り残されていくのかしら」
しかし全く悲壮感なし。

それでも「なぅ」を投稿したら、その下に「はじめまして」欄が
あることに後になって気付きまして。
なんだかあべこべやな、と思いながら書いてみました。

でもやっぱり「なぅ」じゃないことを書くなら…必要ない?
ほぼタイムリーじゃないです。

大相撲が白鵬の優勝が決まりましたね。
「あ、こういう時に、なぅ、だけど…」まぁいいです。
魁皇も勝ったし。
初場所は、日本人力士も頑張りましたね。沸きました。
[PR]
by saporterK | 2011-01-23 00:03