南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

複合。

起きたら喉の痛みがピンポイント。
軟口蓋の近くにできた口内炎が悪化していました。

風邪っぽいとなぜかいつも同じ場所に発生して、耳にまで
痛さが響くという遣る瀬ないことになっています。
…じゃ、やっぱり風邪もあったんだ。という気持ちの上での結論。

かかりつけに行き「すごく久しぶり」と言われながら、血圧無問題、
熱36,6℃で無問題、「じゃ、一昨年と同じので。目薬追加で」と
あっという間に終了。

喉の炎症を抑える桔梗石膏という、字面だけ見たらようわからん
漢方薬も貰って帰宅。

花粉症に関しては、漢方薬を飲む前に症状が殆ど減じており、
一体、昨日のあの苦しみは何だったのかと思っていました。
やっぱり風邪だったのさ。花粉症はやっぱり軽症なのさ。そうさ。

ナツメ茶を飲む時よりマスターの鼻がウゴウゴして「いかにも
漢方薬って匂いだな!」と退散していきました。

今日は、熱が出ていない風邪のほうで心身が重だるくて、
お茶引きになると、ストーブの前を陣取ってうつらうつら…で
体力と免疫力の回復を試みていました。
だいぶ楽になりました。
[PR]
by saporterK | 2011-02-28 22:04

パッキン交換を!

花粉症になって十数年になりますが、昨年に至っては「治った?」と
思ったほど軽症化していたのが、今日は何かが壊れたように
大変な思いをしました。

鼻が、蛇口を開いたみたいになり、お店のドアが開くと数秒後に
症状が出る、を夕方近くまで繰り返していました。
夜になると症状は治まって楽になりましたが、昼は辛かった…。
フロアをほぼマスターに任せ、厨房仕事に勤しんでいました。

花粉症のない常連さんに「パッキン交換してもらいなよ!」と
言われました…。できるならしたいです。
ちょっと驚きの発症でした。
今は全然、両鼻がスースー通っています。なぜ!

鼻をかみながら「交感神経過剰になると顆粒球とリンパ球の
バランスが崩れて…過剰になるのが…顆粒球のほうだっけ?…
だから副交感神経優位にしてバランスを戻して…」と、来たる
試験勉強の復習をしていました。
要はストレスを減じてリラックスを深めるのだ!
[PR]
by saporterK | 2011-02-27 22:46

来た来た、花粉。

やっぱり、症状としては来ました、花粉症。

でも昔みたいに目がグジュグジュして、全然色っぽくない意味で
潤んだ瞳になるとか、鼻の皮膚が剥けそうなほどティッシュで
ぶーぶーしたりとか、そういうのは無くなりましたから、これから
どうなるか観察、といったところです。

一応、マスターに鼻セレブを買ってきてもらいました。

一昨年に処方された漢方薬は、溶かして飲んでみましたが、
大丈夫なんだろうけど、溶けにくくなっている気がして中止。
密封しているようでも、湿気が入るんでしょうかね。

花粉を浴びると、その後数時間は体内に留まるので、よく夜に
部屋に居ても鼻水鼻づまりになるものですが、それは無いのが
幸いですね。注意して過ごしたいです。
[PR]
by saporterK | 2011-02-27 00:11

米。

f0053615_043156.jpg

出稼ぎ生放送で紹介した、素材の梨北米を使用した
米粉(製菓用)と米粉麺(フォーではなく、うどん状)を
ひと袋ずつ頂戴しました。

シフォンケーキは、しゅわっとする独特な食感ではなく、
丈夫なスフレみたいなふかふか感で美味でした。
カロリー的には、米なので…おはぎくらいになるのでしょうか?

昔から白いご飯より味付きご飯が好き。きな粉をまぶしたり、
今は食べないけど、のりたまなどのふりかけ大好きでした。
母上の作るツナ塩昆布の炊き込みご飯は、ツナの油分でピラフ
みたいにバラバラになってしまいますが、好きな味。

米の国内需要が高まって、色々な形で米を食べたいですねぇ。
せっかく米が美味しい国にいるんですからね。
もっと食い意地を張ってもとい可能性を広げて、食文化を豊かに!
[PR]
by saporterK | 2011-02-26 00:21

クリーンヒット…?

夜、閉店後の掃除をしていて、途中で肩甲骨がゴリゴリ動くよう
肩を回していました。

マスターが不意に「え?」と発した声に反応して振り向きざま、
左肘が窓枠にヒット。
ちょうど関節の窪んだ接合部の間に、ガッスリと枠の角が
入りました(…としか思えぬ衝撃)。

その瞬間に全身が固まり、ただいま左肩全体が変です。
久々に痛すぎて「うぅぉぅぉぉぉぉぅ」しか言えない体験でした。
驚きました。

何も、利き手側を傷めなくても。自分。
[PR]
by saporterK | 2011-02-24 23:57

すごく眠った!

昨日定休。

ほぼお昼といったほうが良い時間帯に起きました。
ご飯を食べて、テレビを見ながら、もう少ししたら出かけようと
思ったけど、まだ足が痛いのでケアをしていました。

で、気付いたら意識がなくなっていて、その後4時間こんこんと
眠り続け、起きたら夕方になっていました。

で、いつもなら夜眠れなくなるはずですが。
もう普通にぐっすり眠っていまして。

1日に渡ってとんでもないほどの睡眠時間をとりました。
そんなに眠るほど、何か足りていなかったんだ…
[PR]
by saporterK | 2011-02-24 12:02
先日は、新しく買ったYANNIのCDに歌詞カードがなくて、ネットで
あっさり見つかったばかりです。
でもところどころ活用形とか違ってたりしていたので、
「聞き取れたから、アップしとくね」みたいなものなのでしょうか。

さて今日は、左足ふくらはぎが痛み出して、特に階段の昇降が
辛くて泣けました。出稼ぎ先は階段ばかりで…。

で、以前から、密やかに進行していた静脈瘤がいよいよ表面化
してきたなぁと心配しているのですが、なんか今日は血管に沿って
触るとすごく痛い。
つま先立ちなんて出来ないくらい痛い。

しかし、静脈瘤って痛いとか聞いた事ないんだけど…
と思いつつ、クラスで指導中に左足に重心を移動して片足に
なった瞬間、マジ痛くて顔が歪みました。
感情は引きずられなくても、痛さのあまり「左ふくらはぎが痛みます。
痛んでいます。」とヴィパッサナー瞑想的な実況中継をしていました。

そしてネットで体験談と医師の説明や費用などを見つけました。
予想ほど手術などの費用は高くなかったけれど、やはり痛みは稀との
説明に「激烈な痛みは何から来てるの?」という新たな
疑問に繋がってしまいました。

今度ゆっくりしっかり調べますが、ひとまずマッサージ。
血管が痛むというよりは、血管に沿って走る神経が痛いのが本当の
ところなんでしょう。鎮まれ鎮まれ。

ちょっとした調べものにはネットは便利ですね。
そこから先の調べ方はこちら次第で。
[PR]
by saporterK | 2011-02-23 01:30

帰宅なぅ。

雲隠れにて勉強の日でした。

「食べ物の性質によって心が影響を受けるよりも、心のあり方に
よって選ぶ食べ物の性質の傾向が変わる」なるほど。
だからね、先日チョコレートをバカ食いしたのは…納得。

なんてことなどを学んだ後で症例発表第2回目。
「題名のポイントをもう少し大きく見やすくしたほうが良い」と
指摘を受けた以外は問題なさそう。まだ枠に余裕があるので
スライドを2枚ほど増やそうか、など思案。

とりあえずこれで講義は最終回。来月は卒業試験。
試験…もう2年前の初回のこと、覚えていないかも?という不安は
1ヶ月で解消してみせましょう、鳴かぬなら鳴かせてみせます。

夕飯に寄ったお店で食べたホットサンドが、なにやらヘニャッと
して焼きが甘かったのでイマイチな味で残念に。
前はもっとカリカリして美味しかったはずだけどなぁ。

そしてカウンター席にいた若者が何度もため息をついて、さらに
「あぁ面倒!」と、何が面倒なのかわからないけど連呼しているのを
聞いて「ほうか、ほうか、ほりゃ大変だな。」と思いつつ、
明るい気分にもなれないので退散。
若者が、ため息なんかついたら幸せが逃げますよ。
[PR]
by saporterK | 2011-02-21 23:12

仕事併行。

今日は底冷えする寒さでしたね。
いらっしゃるお客様と「これ、降ったら雨ですかねぇ、雪かなぁ」と
丸まるように話をしながら温まっていました。

花粉症のある母上と、だいぶ軽減しつつビミョーに症状が出る私。
せっかくですから、甜茶+ナツメ+クコの実+ジンジャーパウダーを
コトコト煮出したお茶を一緒に飲んでもらいました。
私はそれでお店の中にいる間は症状が治まります。
今日は数時間後に甜茶を飲んだので、更に楽でした。

さてお店の仕事をしつつ、ヨーガ療法の課題を仕上げ、クラスの
経過などをPCに向かって書いていました。
仕事を併行させ、課題に取り組むと、時折お客様と話していても
カウンセリング的になったりしています。
(それで自分の聞く姿勢の修正点なども見つかるのですが)

お昼ご飯に、レンコンを細かく刻んだものをカレーピラフに加えて
みたら、シャキシャキコリコリして美味しかったです。
先に炒めてフェヌグリークを振ってから炒め合わせます。
ご飯も半量で満足。
ついでに残りのブロッコリをペストジェノベーゼ和えにして消費。

今日は隙間時間を充実して使えました。感謝。
明日は雲隠れにて勉強の日。行くぜ。
[PR]
by saporterK | 2011-02-20 23:01

小さな会。

延期になっていた試飲会を行ない、とても小さな会でした。

せっかく散々イタリア語と格闘したので、これはひとつ実験に
(なんて。でもレシピ本に載る物で不味いというのは、
そう無かろうと思い)、作ってみました。
あと定番の品を。

サツマイモのスープ、野菜のコンソメ炊きマスタードソース、
ロースト新ジャガ(フェヌグリーク&黒胡椒)、ブロッコリと
さやいんげんのペストジェノベーゼ和え、鶏ササミのピカタ、
レンコンと長芋のバルサミコ醤油煮、カブのマリネのせサラダ、
色々野菜とソーセージのカネロニ。チーズアソート。バゲット。

でした。カネロニは…やっぱり手間がかかりますねぇ。
詰める具と、ボロネーゼ、ベシャメッラのソース2種。

「そういえば、以前ウチご飯に作った時に、こんな手間のかかる、
けど食べるの一瞬みたいなパスタ料理、2度と作らないとか
自分で思ったんじゃなかったっけ…」ということを思い出しました。

手間や手数がかかる料理って、没頭できるから好きなんですが、
たしかにウチご飯向きではないですね。
ほうれん草とリコッタチーズをフィリングにするくらいラクをすれば
良かったかもしれないです。

次回は4月最終土曜を予定しています。
ニョッキは随分と定番化しているので、そのうちパスタ生地から
作ってみたいですねぇ。
その前にアーユルヴェーダの講義で1週間ほど不在になるので、
帰ってきたら、インド料理になったりして。
[PR]
by saporterK | 2011-02-20 01:39