南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2011年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

おまとめ。

本日定休。

3月生まれが3人揃っているので、ケーキを買ってきました。
おまとめ。お祝いをまとめられるのは、イベントと誕生日を
まとめられるのとは、またひと味違って微妙な心持ちが
します。しかも叔母と甥2人をまとめられているという…。

私たちは「3日天下」です。
私の誕生日を迎え、翌日から3日間天下を取った気でいると、
甥っ子兄が誕生日を迎え、翌日から3日間天下を取り、
甥っ子弟が誕生日を迎え、まとめて祝われ、収束を迎える。

色々不景気な世の中ですが、まとめられても祝い事は
ちゃんと祝えることは幸いなり。今年もおめでとう&ありがとう。
…を改めて。

私は先週だったので何ですが、ケーキにろうそくを立てると
火事になる年齢なので、実際には火は灯さないけど、願い事。

「誰もが当たり前に誕生日をお祝いできて、大切な人達と
当たり前に一緒に過ごせる世の中になりますように」

ふーっ
[PR]
by saporterK | 2011-03-30 18:30 | Comments(0)

でもそのおかげで。

リアルな悪夢で上がった心拍と血圧が下がらず、地震の心配の
思いが次々浮かび出して、しばし眠れぬ状態になりまして。
「あと数時間後には出稼ぎ先へ行くのに…何やってんのー」
と、うだうだ自分に、脳内会話の連中が文句を言い始めました。

ここは、1度布団から出て、起きて、リセットしよう。
枕元の小さい電気スタンドをつけ、試験勉強の一環で読み直す
ギヤーナ・ヨーガの講演集を開きました。

適当に開いたページがマーヤー(迷妄)について。
例えば「この世で最も不思議なことはなにか」という質問に対して
「他の人は死ぬのに自分は死なないと思う」こと、それが迷妄。

あ、さっき湧き出ていた空想では、似たこと考えてました。

そこでいかに自分の中に強い自我が残っているかを痛感。
その強い自我がにょきにょき出てきて、頭の中でいいように勝手に
動き回って話を作り上げて、心拍数や血圧を下げられずにいた。

これまで読めばぼんやりして頭が拒否していたことが、丑三つ時
過ぎた夜夜中に、水を飲むように言葉を受け入れていました。

その後、プラーナを意識した瞑想をしたら戻りました。平常値に。
すばらしい。だからヨーガ療法はやめられない。
理解を深めるきっかけも、あの悪夢で唸って目覚めたおかげ。
ネガティヴを引きずるようなことに対しての認知の仕方を
修正できるのもヨーガの智慧の恩恵のひとつであります。

そして今度はすんなり朝までぐっすり。歌います。
「すば〜らし〜い、あ〜さが来た、希望〜の〜あーさーが、
よろこ〜びっにっ胸をひ〜らっけ、あおぞ〜ら仰げ〜♪」
(夏休みにラジオ体操前に歌っていた、ような気がする歌)
[PR]
by saporterK | 2011-03-30 00:33 | Comments(0)

自分の腕で。

悪夢を見ました。

2階の自室にいて、物音が下から聞こえたのでドアを開けたら、
居間の引き戸の格子から怪しい物陰が。
見えない姿から嫌な気が流れていて、意を決して棒っ切れを
手に叫びながら駆け下りたけど…

喉が絞られるようになって声が出ない。
でも駆け下りると、それに気付いた相手もこちらへ駆け寄り、
居間の引き戸を開けたら、部屋干し用のブティックハンガーで
反撃してきて、ガンッと私の左肩を強打

…というところで目が醒めました。自分の唸り声が聞こえて。

早鐘を打つ心臓、の上に腕が乗っていました。
肘を曲げ、ぶりっ子が「キャハッ」ってするみたいな格好の左腕。
指の背中が喉を圧迫。左腕が、のっしり胸の上に。
「ほりゃ、叫んでも声は出ないわ…。」

時々見る悪夢では、叫んでも声が出なくて焦る場面になります。
そして目覚めると、判で押したように左腕が上に乗っかっている。

夢は、記憶の整理をするか、外部環境の影響を受けるかの、
どちらでしかないのだと、嫌な汗をかきながら実感します。
以前は、庭の池で泳ぐでっかい錦鯉が屋根から降ってきて、
見上げた私に直撃したという夢として出てきました。シュール。

久々に自分の声で起きるほどの唸り声を上げました。んぉぉぉぉっ
疲れました。
[PR]
by saporterK | 2011-03-28 23:18 | Comments(2)

今日は

花粉症のせいか左目が痛くて涙がほろほろ…
後、鼻水たらたら。

途中、近所のおじさんからスイセンをいただき、花器へ
さしていたら、その香りで再び目が痛み、涙がほろほろ…
私は吹き出物でも花粉症でも何でも、まず顔の左半分から
症状が出てくるのです。観察によるところでは。

甜茶や生姜湯を飲んだりしつつ、本を読んでいました。
節電のため、お茶引きの間はフロアの電気を消して
カウンターだけに。
ストーブの火がとても赤々として見えます。

いつもこうしていることが、当たり前なんて思っちゃいけない。
これが当たり前にならなくなった時、私は代替できる術を
知っているかしら。物質的にも気持ち的にも。

左目の痛みと涙でごわごわしながら、静かに過ごしていました。
[PR]
by saporterK | 2011-03-28 00:44 | Comments(0)

三月で

寒いですね。
西の山から雪が解けないと、この寒さは続きそうです。

なんだか冬の名残なのか、ほんとに冬に戻ったのか。
起きてきた虫や小動物は大変じゃないかと思いますが、
彼らのほうが順応に長けているようにも感じます。
(風邪ひいてるところを見たことないので…)

ミックス柴だったユリアンは、少し花粉症でした。
この時季は目が潤んで鼻をぐすぐす。
よくくしゃみをしていましたっけ…

でも寒い日も、ちゃんと暖かい日だまりへ移動したり、
ちゃっかりお店の前のマットで丸まって、尻尾で鼻先を
覆っていたり、対策は万全でした。

今日は重ね着をして、寒さ対策をしなくちゃ。
節電にもなるように。
[PR]
by saporterK | 2011-03-27 10:39 | Comments(0)

見えないこと。

ニューヨークタイムズの震災写真を見て、テレビには映せない
厳しい現実があることを、大人である私たちは目を
そらしてはいけないと思いました。

今日ニュースを見ながら「もう2週間、まだ2週間」と
思っていました。
復旧、復興の話がほとんどになっている中でも、大勢の人が
大勢の人を探して見つけていることも忘れてはいけない。
数字でしか知り得ないことが、写真に収められています。
[PR]
by saporterK | 2011-03-26 00:10 | Comments(0)

停電までギリにセーフ。

さて本日は停電実施グループの我が家に戻るには、出稼ぎ先の
籠り仕事をパッと終えて、寄り道せずマジダッシュで運転すれば、
ギリギリで間に合うかも、ということで脇目も振らず帰宅。

信号待ちで「ドゥン」なんて電気が落ちたら、走り出すタイミングが
わからなくてオドオドしちゃいますからね。

「余裕持たせた時間を差し引いて7時から消えるとして、夕飯を
あと20分で食べればオッケー」みたいな空気だったので、
ろうそくも点けながら食べていました。

別に電気が消えてからだってゆっくり食べられますけどね。
食後を一休み状態で過ごしていました。
結局1時間ちょっとで電気がつきました。

マスターが「おい、まだ消えないぞ」から「おい、なんでこんなに
早く電気が点くんだ」と、母上と私は「別にいいじゃん。」な
点に於いてグズグズ文句が続いていました。

田舎の節電なんて、これ以上どこも削れないよ〜、くらいにまで
なっています。まぁそもそも人口比率からいっても、そんなには
効果も小さくはないけど大きくもないでしょう。
でも、停電にならない23区とか他の地域は、まだ電気を消せる
所があるはず。

ガツガツ消してみようよ。なんでビルの上の看板なんかに
まだ電気が点いてる所があるの?それ、消そうよ。
不公平感というよりも、努力の見えない場所がまだ有ることは
何か間違ってると思うから。
電気料金の体系を変えるなら、それは計画停電を免れている
地域に限ってほしい。(政府がするとは思えないけど)

節電も停電も苦ではないけど、何かおかしいという疑問が
抜けずにいます。
停電中は、ろうそくが燃える「ジジジ」という音を時折聞きつつ
静かにしているのは好きです。「もっと夜の闇と静けさを!」
[PR]
by saporterK | 2011-03-25 23:38 | Comments(0)

いつも通り。

注意を受けていない山梨の我が家では水を買う動きはありません。
摂取して、対外から排出されることを考慮して、それでダメなら
それが自分の寿命じゃないかと思っているのが揃っています。
暢気なのか。鷹揚なのか。冷静なのか。愚かなのか。正しいのか。

ヨーガ療法で使っている瞑想の聖句集に
「不安は人を閉じ込め 愛は人を解放する」というのがあります。

多くの人は今、不安によって自分の行動に自由度が失われて
認知間違いの中に閉じ込められている。
でも利他行為(「あなたのために」行為する)という愛によって
被災地の方達に働きかける人達もいる。
自分が向ける「愛」の矛先は、どこにあるのか。

そもそも東京で普段の飲み水を買っていない人のほうが
少なそうなので、買い占めなくてもいつも通りに買っていたら
何も変わらないのではないか。
そこに乳児を持つ家庭が買うようになっても、問題は起きない
のではないかと思います。

山梨で起きている買い占めは、愚かなのか正しいのか。

コップ一杯の水の為に争いが起きる。
あれは自然の水が減るからではなくて、こういうことでも
起きうる事態ということだったのでしょうか。

ずっと竹炭を入れて汲み置いて水道水を飲んでいます。
放射性物質の除去には効果もないでしょうが、今日も
いつも通り汲み置いて、普通に飲んでますよ。
[PR]
by saporterK | 2011-03-24 00:36 | Comments(0)

夕立?

本日定休。

出かけようか決めかねつつ、洗濯をして時代劇ドラマを見て
過ごしていました。
時代劇を観ていても、その光景に慣れた母上は一緒になって
「あらぁ、若尾文子、これいつの?」と観ていました。
必殺シリーズの仕舞人でした。昔なのでわかりません。

そろそろお茶の時間だから着替えようかな…と思ったら
ドバーッと雨が降り出しました。それもかなり強い雨。

行くつもりの場所はちょうど計画停電に入ったところで、
それでもいいやと思っていたけど、母上が頂き物の
ロールケーキを切り分けだしたので、今日は家でお茶タイム。
マジ降りです。南プス市は今日は停電しないのですが、
居間を出ると寒いです。
[PR]
by saporterK | 2011-03-23 17:00 | Comments(0)

ありがとう。

夕べメールが日付変更に届いて気付きました。
新たな1年を2分過ごしていました。

全ての人々が幸せでありますように
全ての人々が健やかでありますように
全ての人々に繁栄がもたらされますように
全ての人々が苦しみを克服できますように

ヨーガで「万人の祈り」というマントラがあります。
サンスクリットと日本語の両方で唱えます。
普段から唱えているマントラのひとつ。

全ては、私、私が愛する人達、私を愛してくれる人達、
見知らぬ誰か、生きとし生けるもの、私が苦手な人達、
私を嫌っている人達までも含めての「全て」です。
便宜上「人々」だけど、もっと広く、生ける「全て」。

この祈りが全ての人々に届きますように。
だって、あなたがいなければ、今の「私」はないのですから。
私の知る人も知らない人も、今の私になるために必要。
だから全ての人々に、新たな1年ありがとう。
[PR]
by saporterK | 2011-03-23 00:56 | Comments(0)