南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2011年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小松菜1パック。

まだ続いています。グリーンスムージー。
サニーレタスなら1/2〜1個(ただし母上農園の小さいサイズで)、
スイスチャードなら茎を除いて2〜3枚。
その状況で飲んでいたら、成長が「もう間に合わない」と言われ、
休みの日に小松菜を買ってきました。

で。
とりあえず朝〜午後にかけて1リットル弱を、小松菜半パック、
バナナ1本、オレンジ1個。水で。

で、今日は火曜日が予定では台風でドエラいことになるだろうと、
振替でクラスがありました。
帰宅後、土用の丑の日だと思い出す食卓に野菜がちょっぴり。

喉も乾いていたので、冷蔵庫に入れずに水に根元を浸けておいたら
葉っぱがしなしなしてきた小松菜の残りと、生協のミカンジュースと
水でグラス1杯分のスムージーにしてみました。
相対的に葉っぱが多い分量でしたが、むしろ美味しいことに気づき、
ますます色々な葉っぱで試したくなってきました。

初めて、1日で小松菜1パック(6株入ってたの)を飲んだ〜。
青虫になれそうです。
[PR]
by saporterK | 2011-07-22 00:18

陸の孤島にて…。

本日定休。

本来なら、ヨーガセラピーの同期が開催する勉強会へ参加しに、
江戸遠征の予定でした。

それに、南プス、あんまり雨も降りませんでした。
どしゃーっ。ぴた。どしゃーっ。は、どうもあれだけらしく。
で。
それでも朝には電車や高速がどうなっているかわからないので、
早起きして1時間ごとに状況を調べていました。

でも。
特急は午前中運休、各停は大月でストップ。高速は通行止め。
「陸の孤島とはよく言ったもんだな!」
なぜ大手の企業が山梨から撤退したり、参入しないのか。
理由はつまりそういうこと+巨大地震への不安からなのです。

友達に「陸の孤島になったので、山梨から脱出できない」旨を
メールして、次回持ち越しへ。

そんなわけで、今日はお昼に食堂NAMIへ。
マッシュルームクリームソースのリガトーニ。サラダ。パン。
ジンジャーティー。ピンクグレープフルーツのプリン、アイス添え。

プリンの容器を見て「わっ!」
以前、新丸ビルの上にある招福楼で、最後のお茶に出された器、
高山寺の鳥獣戯画の写しを絵付けした湯のみと同じ、かも。

これ、万葉窯のかなぁ…。
実は数日前、万葉窯の大きいほうの湯のみを注文したばかり。
鳥獣戯画の絵付けをした器は色々ありますが、ここのが好み。

うわぁ、これを買って使う仲間がいるとは…。
勝手に仲間にしていただいた女性オーナーですが、2度目の
来訪で親しくないので、緊張して確認できませんでした。

その後に行った喫茶店。久々に行ったら…テーブルや化粧室の
台に、タオルの毛羽か、そもそもホコリか、が結構ついてて残念。

ダスターで拭いたら、その後で毛羽が立たないタイプので
拭かないとなぁ。ダークブラウンを基調にしたお店なんだし…。
お手洗いが、お客さんの粗相とまではいかないけど汚れがあって、
言おうと思ったけど、すぐ横に他のお客さんがいて言えず…。

でもな。にこやかに出てきちゃったけど、あの汚れを私がしたと
勘違いされたらイヤだなぁ…。う〜ん。
掃除に関して指摘する穏やかな方法って、どうしたらいいんでしょう。
[PR]
by saporterK | 2011-07-20 23:39
お店から戻って、テレビを見ていました。
母上が「今日はバーッと降ったらパッとやんで、またバーッと…」と
エンドレスに繰り返すので、なぜそうなるのか説明しました。

私も傍目にはそうなってるのかもしれないのですが、説明が
理解できないと、目がふわふわ虚ろになる母上を見て思いました。
甥っ子が算数の計算で躓いてフリーズしている時と同じ目でした。

で。
その後、予報士が同じ説明をしていて、わかりやすい天気図を
使っていたので、私の言っていることもわかっていたようです。

だんだんと、その「どしゃーっ。ぴたっ。どしゃーっ。」の間隔は
遠くなっているのは、よほど進路が南へ鋭角に折れたんでしょうか。

まぁ、私は夜に快適に眠れればそれでいいんです。
夕べは蒸し風呂のまま、下敷きで扇いでいましたから…
[PR]
by saporterK | 2011-07-20 00:55

窓1枚で

お店が終わって、のんびりテレビを見ていたら降り出してきた雨。
それも突然どしゃ降り。

天窓を閉め、サンルームの窓を閉めたら…

暑い…それまで涼しく空気が入っていたのが途切れただけで
蒸し風呂。

それだけスカスカと空気の流れがあったんですね。

台風につき皆様お気をつけてお過ごし下さい。
[PR]
by saporterK | 2011-07-18 23:14

夕涼み。

夕方になって風が吹いてくると、温度設定高めな店内より
外のほうが涼しく感じます。

植木の水やりを終えて、風でくしゃくしゃになった髪を押さえながら
そのまま娑羅の隣にあるベンチ(背もたれはないので腰掛け)に
腰を下ろして、首から垂らした手ぬぐいで汗を拭きます。

あ〜〜〜、い〜〜〜風だぁぁぁ〜。

幹や枝葉にも水をたっぷりかけた娑羅の近くにいると、本当に
涼しく感じます。座って、ゆったり空を眺めていると、だんだんと
汗がひいて心地よくなってきます。

「ここでたそがれながら、ビールとかワインとかコーヒーとか
飲めたら良いなぁ…」

建物から駐車場まで、70cmほどの落差がありますので、それを
なるべく感じさせない造りになっています。
実はけっこうな傾斜があるため、テーブルは出せないのです。
人体に悪影響が出る角度は0.8度ちょっと。それ以上ですから。

「それに蚊が出るじゃん」というマスターの色気のない返事。

…ということで、夕涼みを、ひとり味わっています。
さすがに腰掛けに座ってビールは飲みませんでしたが。
[PR]
by saporterK | 2011-07-18 00:28

あ、花火の音だ!

本日も実にお暑うございまして。。。間違っても昼日中に外へは
出ません、出られません。へなちょこだから。

今日は、初めて蝉の音を聞きました。
お店の前の植木場の、どこかで。

夕方になって、風が出てきて、日陰になったら、活動時間です。
先日、刈り込みで見えない所にあったらしい蜂の巣を刺激して、
ハチがもよもよ植木の中から這い出てきたのを見て、泡を食って
お店に避難しました。

今日は植木に水をじゃぶじゃぶ撒いていると、赤ちゃんカマキリが、
突然の水に泡を食って植木の中から這い出てきました。
慌てて方向を変え、逃げるのを待ちます。5cmくらいのカワイイ子。

草取りをして、散々汗だくになって砂まみれに。
強いミントさえもゲンナリしたり、葉っぱが縮れてくるほど暑い。
お店に戻って身なりを直していると、外から「パーンッパーンッ」と
音がしてきました。

「あ!櫛形かどっかのお祭りだ!」
外へ出て、毎年花火が見えるポイントに立って、しばし鑑賞。
自治会くらいの規模なので、あっという間に終わっちゃうのですが、
「あー、夏本番だなぁ。いよいよ世の中が夏休みモードになるなぁ」

夕方から西風が涼やかに吹いてきて、花火を見ながら涼をとる、
素敵な時間でした。しかも満月も眩しく輝いて。言うことなし。
昼間がどんなに暑くても、こうして夕方が涼しいと救われますね。
これは、田舎の中の田舎であればこそ。

今日は、浴衣にスイカと蚊取り線香もあったら完璧だった!

ちなみに。お店の駐車場からは、市川三郷町の花火も見えます。
お得。遠くから見るのも一興なり。
[PR]
by saporterK | 2011-07-17 00:22

食べるそばから…!

朝の生放送出稼ぎ先への道のりは、家を出発する頃までは
わりと涼しかったりします。

今日は、黄身だけレアな目玉焼き(強火で卵を落とせば誰でも
簡単にできるタイプ)を焼くにしても、丼のご飯に乗せるにしても
「あちゃー……(絶句)」したスタッフの面々。
時間配分に脳細胞がパキパキ音を立てて働いた時間でした。

お昼に蕎麦を手繰った後、あまりに暑くて(気温と、食べた直後
だから)、コンビニで棒アイスになった「白クマ」を買いました。
初めてですが、アイス類をあまり食べないけど興味があったので。

…そしたら、袋から出すやいなや、どんどん溶けていきます。

しかも気前良く、棒の持つ部分がとても少なくて、下から溶け、
上から溶け、側面が溶け…間に合いません。

その上、白クマ特有のパイナップルやらミカンやら果物は固く
冷えているので、焦るばかりで食べ進まない。
これはもっと穏やかな暑さの時に食べたら、きっと美味しかった。

なんだか急いで慌てて「モゴモゴモゴッ」と食べたので、あまり
味わった感じがしませんでした。ミルク味で優しかったのは
美味しかったです。
[PR]
by saporterK | 2011-07-16 00:32

辛いもので。

定休でした。

夜、友達と貢川の「味香」へ。
お土産を渡し、いざ。ご飯の約束を入れた時点では、まだ
夏風邪の最中で、唐辛子食べたいなぁと思っていたのです。

トッポキ、チヂミ、スンドゥブチゲ、トマトサラダ、冷麺、
お通し4種(キムチ、ワカメとキュウリの和え物、ひじきとさつま
揚げの甘煮、もやしナムル)、かき氷。

お通しの後のトッポキが「あ。甘いね。………かぁっっっっ」
だから念のためトマトサラダという無難な一品を頼んだのです。
熱いのか辛いのか解らなくなりながら食べるトッポキ。旨い。

冷麺の、麺を「じょきっ」と切るのが好きです。見るのも好き。
という話を、おばちゃんが切るのを見ながら言ったら、麺に
練り込んだ「山に生えてる根っこだけど、日本語で何て言うか
わからない」植物のことなど教えてくれました。

デザートのかき氷。大きくて2人でつつきあい。
もう1人のおばちゃんが「よく混ぜて」と、無愛想なんだけど
おばちゃんがよく混ぜてくれました。ははっ。

あんこ、かき氷用のお餅(トッポキのお餅を輪切りにしたような、
少し甘い)、緑色の硬い求肥みたいなお餅、ミルク、きな粉。
辛くてヒリヒリする舌がクールダウン。

初めに食べたトッポキの辛さで、キムチやスンドゥブチゲが
全く辛く感じず。なるほど。
口がヒリヒリ、身体はホカホカ。

おまけにくれたアメちゃんは、飴なんだけど「おこげ」味。

おばちゃん「飴どうぞ。おこげの味」
私「お米の味?」 既に知ってる友達とおばちゃん「おこげ」
私「おこげ?」 友達とおばちゃん「おこげ」
私「おこげ?」 友達とおばちゃん「そう。」
飴なんだけど、ポン菓子みたいな香ばしい味。納得。
[PR]
by saporterK | 2011-07-14 01:05

車が。

わずかにオイル漏れをしていた愛車。
オイル止め剤をいれたけど、やっぱりダメで、むしろ漏れが増量。
オイル交換の時期にもなったので、その辺を取っ替えてもらう為
修理工場へ預かってもらいました。

…ら。

翌日「ターニングベルトに亀裂が入っているのを見つけちゃった」
ということで、急遽そちらも取っ替えてもらうことに。

…ということで。
部品を取り寄せるところからなので、数日の待ち。
まさかマスターのアホみたいな愛車には乗れない。
(あの狭い伊勢通りを左折?無理無理!)
母上の漫画みたいにバラバラになりそうな軽トラにも乗れない。
(っていうか、AT限定の免許だし、私)

…その為。
出稼ぎ先へは、マスターの送迎。私ってどちら様?
公共交通機関の乗り換えを見たら、全然うまくいかない…
言い出す前に、私に甘いマスターが「お父さんが乗っけてく」。
何だかとても情けなし、私。

お昼ご飯は当然、徒歩圏内のお店から選ぶと決まっているのに、
日傘を忘れてしまい、首に手ぬぐいを垂らし、日陰を選んで、
頭から湯気を出して行きました(@_@;;)
[PR]
by saporterK | 2011-07-13 00:47

あんな感じのドット。

お店に行く前、「BSコンシェルジュ」を見ていて、ちょうど前衛派の
草間弥生さんが紹介されていました。
「あ。……あー。」
あのドットを見て突然思い出しました。

北大の総合博物館で見た、蝋人形的サンプル。
それは写真技術のなかった頃の資料で、皮膚病だけでなく、
病気の影響で皮膚に発症した状態の型を取り彩色を施した物で、
その中に私がかかった病気のサンプルも思いがけずありまして、
普通の青タン部分と、毛穴から出血してるものでした。

「……、こうはならなかったはずだな」と見た時は思ってましたが。

幼稚園だったか小1くらいの頃に、バレエの振り付けで、
手の平で太ももをパチンと弾くようにして、手を振り上げつつ
すぐさまグランバットマン(足を高く上げるポーズ)するのが
ありまして。

あまり自分の病気の重大さを理解してなかったので、
(真面目な私は)熱心にレッスンしたために、両方の太ももの
手が当たった箇所が、毛穴という毛穴から内出血し(たように見え)て、
ドット模様みたいになっちゃったことが…あー、あった、あった。
サンプルとちょっと違うけど。

子供の足の太さですから、1個の内出血の直径も5mmもなかった
はずだけど、手の平くらいの面積での毛穴がそうなっちゃったので、
結構大げさに見えたのを思い出しました。

昔から、草間弥生さんのドットは、かわいいというより内臓っぽくて
怖いって思っていましたが、何だか原因が判明しました。

日頃は記憶の奥底に埋もれているのが、不意に思い出されるのは、
あたかも深海魚が釣り上げられて、水圧の急激な変化でボコボコに
なるが如き心地がしました。

おかげでテンションさがりました。とほっ
[PR]
by saporterK | 2011-07-12 00:07