南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

最終日。

f0053615_23402138.jpg

大掃除の、最終日(テナントの)。
皆様ごらんのテナント2階部分の窓拭きがきました。
最大の山場です。

昨日お店の中で登った脚立でさえ足元不確かな感じで
怖いのに、ホントの梯子、しかもアルミ製の軽々しい感じで
しかもスライド式で伸ばすので、足場が不安定にたわむし、
しかも安定させる為に引っ掛ける場所もないような所へ設置だし。
しかも下を支えるというか抑えるマスターが、無自覚に揺らすし。
本人は、隣に来た従業員さんに挨拶しただけというけど…

10年ほど前、兄上がこの作業で落ちました。
まっすぐ、直下に足から落ちて、すごくうまく関節をバウンドさせて、
跳ね返る力を流して後ろにゴロリ。でも痛がっていました。無傷で。
ああいうときって、本当にスローに見えるんですね。

途中タオルを1枚ハラリと落として「これは、落としたのか?
落ちたのか?」と訊ねるマスターに「うっせ!話しかけんな!」と
暴言を吐いたりしていました。

その後スタジオで延々と大鏡を拭いたり窓を拭いたり床を拭いて、
終了しました。植木は午後からの北風ピープーで明日へ持ち越し。

やっと終わりが見えてきました。とりあえず命がけの作業は終わった!
[PR]
by saporterK | 2011-12-30 23:54

ワックスがけ。

大掃除の中には、幾つかの山場があります。
ワックス掛けがそのひとつ。

家具を昨日きれいにしたので、まず外へ運び出して
ブルーシートの上へ仮置き。
換気扇とエアコンの蓋やフィルターを外し、外でじゃぶじゃぶ。
それらを乾かす間に、その中のファンを掃除したり、照明器具を
きれいにします。この辺りでだいぶ腕にきますね。

その後、がらんとしたフロアに掃除機をかけ、ぞうきんをかけ、
この辺でお昼ご飯ブレイクをし、マスターが一服つけている間に
厨房のフード内を掃除します。

で、マスターが半固形ワックスを点々と落とし、私が塗り込み、
再びブレイク。ドアも窓も開放しているので、今日の気温は
助かりました。でもストーブは焚けないので白湯にドライジンジャーを
振ってゴクゴク。ノドが乾くのです。
その後、厨房掃除をしたりしてワックスが乾くのを待ちます。

で、マスターが拭き取り用のタオルやらを取り出し始めたら
開始の合図。それぞれフロアの角から攻めていきます。
が、何度やっても「どうなったら拭き取り完了か」わからず、時折
別角度から眺めたりして、四つん這いになって拭き取っていきます。

この辺で例年どなたか「うっかり」ご来店だったりして、ド素顔の私は
下を向いたままゴシゴシ。手ぬぐい喧嘩冠りですし。

普段あまり使わない二の腕の後ろが「オレはここにいるぜ!」的に
主張するのを感じます。これを自宅のぞうきん掛けに替えたら、
二の腕細くなるんやろか…、と毎年思うのですが。

拭き取り途中でも1度ブレイク。我が家は皆、貧血で低血圧な
体質ですから、あまり根を詰めるとふぅふぅしてしまうのです。
1時間ほど俯いてゴシゴシして無事終了。
速やかに家具類を運び入れ、あれこれセットして、フロアは終了。
カウンター内も床掃除をしたり、シンク内をきれいにして終了。

そして今日も親子3人は疲労困憊。サッと入浴&あったか夕飯。
9時くらいになってマスター沈没。
「きょうの料理」で「3時間でおせち」と銘打った放送を見ながら、
母上と「これはああだ、こうだ」と話していたら、母上沈没。

ひとりで蓄熱式暖房に乗せたホットミカンを食べながら、テレビを
見ていました。バラエティーなんて久しぶり。
ミカンの皮は、今日も使っていたけど、煮出した物を洗剤にします。
油脂汚れやヤニ汚れによく効きます。
[PR]
by saporterK | 2011-12-29 23:51
年内の営業が終了しました。

今年もご来店下さった皆様、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

明日からは大掃除なので、店内或いは2階スタジオの
どちらかには全員雁首揃えておりますが、来て下さっても
何もお出しできませんからご注意ください。

年明けは5日(木)から営業します。
お待ちしております。

どうぞ残りの今年を健やかにお過ごし下さい。
Komm doch mal wieder!!
[PR]
by saporterK | 2011-12-28 00:11

あと1日。

今年の営業も、火曜の1日を残すところとなりました。
がんばります。

あとは大掃除ですが、初日にマスターが氏子総代の役で
午前中は不在なので、どこから始めようかと考え中です。

皆様、今年のコーヒー飲み納めにいらしてくださいませ。
お待ちしております。
[PR]
by saporterK | 2011-12-27 00:12

Frohe Weihnachten!!

クリスマスでしたね。いつも通りでした。

本日iPhoneに替えまして、あーでもないこーでもないと
奮闘中です。ディスプレイのフィルムを貼った為なのか
反応がイマイチな時があり、むーむー唸っています。

クリスマスプレゼントといえば、購入時に主回線の兄上が
ポイントを譲ってくれたことでしょうか。
あ、あと面倒な所の設定も。
しばらく眉間にシワ寄せ携帯を眺める状況が続きます。

皆様、よいクリスマスをお過ごし下さい。
[PR]
by saporterK | 2011-12-25 22:14

またひとつ納めました。

出稼ぎ先は納めてきました。
その後、知り合いに頼んであったヨーガ関連の書籍を受け取り、
その後、ケーキを受け取り、15分だけコーヒー飲んで休憩し、
その後、問屋へ立ち寄り、放送終了後に母上から電話が来て、
頼まれた食材を買いに行って、お店に戻りました…

ら、母上があたふたしていました。
レジのお金は入れておらず金庫丸出し。
伝票が半端にしか書いておらず、私には何がなんだか判らず。
ここでまた瞬間湯沸かし器たる私が噴出するも、お客様が
目の前で会計を待っている状況です、耐えます。

ジーンズを履き替え、お化粧を直して、お店モード突入。
とりあえずルフナを軽めに淹れてティータイム。
を、楽しんだら、今日もありがたきかな、夕方までせっせと
働かせていただきました。

突然気配を消して「どろん」した母上に気付かず、重なる注文を
作りながら片付けながら電話まで取って、しかも途中で甥っ子
兄弟が緊急(らしい)事態を知らせに飛び込んできたりして。
ほんの一瞬、八面六臂。

そんなわけで、母上と「お昼ご飯」を食べたのが5時過ぎ。
ふたりで「もうお腹空きすぎて倒れる〜っ」と、無心になって
モグモグしていました。

母上が途中でマスターの面倒を見に帰宅し、私はその後
存分にカウンターをゴシゴシ磨いたりしてから閉店。

クリスマス時季にクリスマスらしいことをしたのは、高校まで。
そういう学校だったので、クリスマス礼拝で揃ってハレルヤとか
歌ってましたね。たぶんまだ各パートを歌えそう。
[PR]
by saporterK | 2011-12-23 23:57

まだまだじゃのう。

本日定休。

美術館へ、浅川兄弟展を見に行ってきました。
朝から夕べのカレーを食べながら、母上が「寒くてどこへも
行きたくないな…。でも展覧会見たかったしな…」と
つぶやいているので「私、今日行くけど」

そんなわけで急遽、2人で行ってきました。
日頃から「ママもKちゃんと一緒に東京へ美術館巡りしたい」と
宣う母上ですが、今日の様子からは、とても無理。

意外と人が少ない時間帯に入れたので、もう自由に存分に
見られる状況だったのですが「ママ、もう疲れちゃった」と
半分ほど見て顎を上げていました。

江戸へ行くと、都内の場所関係なしに梯子するので、移動で
立ったり歩いたり、もう容赦なく闊歩するわけですから。
「とてもお母さんは連れて行けないよ」
芸大美術館開館直後に行った時だって、私は両親を引率して
それだけで疲れ果て、その後ひとりで行き直したのですから…。

東京人の足腰の強さを目指したいものです。
と、美術館入り口のガラスに映った己の、スカートからニョキッと
突き出た足を見てため息つきつき、後にしたのでした。
スカートを履かない緊張感抜けっぱなしの生活を思い知りました。
[PR]
by saporterK | 2011-12-22 00:03

ひとつ、納め。

出稼ぎ先の収録番組が、納まりました。まずは、ひとつめ。
午後の籠り部屋も納まることに。これで、ふたつめ。
金曜日は旗日なので、籠り部屋も閉まっているから。
金曜の生放送で、出稼ぎ先は納まります。やったー。

お店は今度の火曜まで。クラスも火曜まで。
そして残り4日間は、怒濤の大掃除へ。

納まっていく仕事ですが、気持ちが実感されたのは、実は
収録前に来たメールでした。
ヨーガ療法の知り合いから、お願いしてあった本の受け取りに
ついての日取りを決めていた時、不意に「年末なんやなぁ」と
しみじみきました。収録が始まる直前でした。

なんとなく、年末気分になってきましたよ。やっとこさ。
[PR]
by saporterK | 2011-12-20 23:26

カレンダーだらけ。

景気が悪いとはいえ、カレンダーをいただいております。
お断りするのもなんだしなぁ、ということでマスターが
受け取っていますが、数本以外はすべて裏紙に使用するので、
良いような悪いような…

「日本は無料配布が多すぎる」
雑誌の記事で読んだことがありました。
ティッシュ、うちわ、カレンダー、新製品のサンプルなどなど。
そしてつい「もらってしまう」行動習性も手伝って、要らない物で
溢れるという悪循環。

さー、そろそろ大掃除の前段階くらいは始めなくては。
[PR]
by saporterK | 2011-12-19 22:27

懐かしきお菓子、

の話を、常連さんと盛り上がっておりました。
少々世代が異なる常連さんですが、ロングセラーのお菓子は
充分共通話題です。2時間その話題でした。

私の子供時代は、辛うじて近所の文房具屋兼駄菓子屋が
残っていたので、その面影は記憶しています。

基本おやつは母上が何か作っていたので、実際に駄菓子や
市販のお菓子を食べたのは、小学校に行ってから。
プリンとかチーズケーキとか、私は覚えていないスワン型の
シュークリームとか、昔はよく作ってくれたのですよ、母上も。

今でもまだだいぶ甘いもの好きという認識がなされいる私。
昔は痩せの大食いでしたから、甘い物もよぅ食べました。

でも「母上が買ってくれなかった」という思いがよほど強烈に
残っていたせいか、大学時代に一人暮らしになると、あれこれ
「やってみたかった」ことをしてみましたよ。

ハーゲンダッツ大きなカップひとり食いとか(これは日常化し
友達の度肝を抜いたものです。今は当然やめました)。
某焼菓子メーカーの、クッキーアソート(2段入り)ひとり食いとか。
羊羹の竿を、端からかぶりつくとか(ひとくちタイプとか、そんな
お上品な状況ではなく、通常のアレを)。
プリン○ルス1缶ひとり食いとか(これも日常化してたっけ)。

自炊してちゃんと料理して食べた後に、そうした市販のカロリー
がっつりな物を「食後のデザート」にしていた、アホな食生活でした。

幼少期から学童期の欲求を満たしておかないと、大人になってから
歪んだ形になって満たそうとするというのを授業で聴いた時、これは
一種の反乱だと思いました。

どんなに身体と脳に悪くても、食べてみたかった、あの妙な色の、
妙な味らしいお菓子を、母上はいつだって買ってくれなかった…。

から、バイト代という「自ら稼いだ自由になるお金」で買うんだ!
そんな感じでしょうかね。妙な色や味のは買わなかったけど。

今にして思えば、手作りのおやつを毎日飽くほど食べるなんて、
むしろ贅沢だったんですけどね。わからなかったんですよ、当時。
市販のお菓子も好き。
でも手作りが一番好き。

そこへ落ち着いた私は、シワがよってきたリンゴをまた煮て、
アーモンドクリームを作り、残っていた冷凍パイシートを出して、
アップルパイを焼きました。
そしてそれは、帰宅後に両親と食べました。
[PR]
by saporterK | 2011-12-18 23:06