南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

模様が見えて。

延々と5㎜間隔で刺してきた布巾が、ようやく模様が浮かんでくる
段階に入り「あぁ、こうなるんだぁ」。

1㎝間隔で引いた線を頼りに刺していったので、どうしてもあちこち
よろけたり幅が違ったりしていました。
「うーん、こいつぁどうも、ちゃんとした模様になるかわからねぇよ」
やめるなら今、と思いながらチクチク…。

改めて参考の本を見たら、あら、結構私のと良い勝負だったりする。
ビミョーによろけたりしている。
「うーん、こいつぁどうも、ちゃんとした模様になるみたいだ」
なんとなく希望が見えてきた感じ。

(糸を買い足す前に完成しますように。あと1本足りなくて買い足す
なんてことになりませんように。)

編み物同様、まず「使い切る」ことが難しい手芸用品。
こうしてエンドレスサイクルに入っていくのです。
[PR]
by saporterK | 2012-02-28 00:24 | Comments(0)

違った。

たぶん、風邪ではありませんでした…。ほっ。
夕べすごーくお風呂で温まって(HSP入浴法)、汗がひいたところで
すぐ寝たら、すごーく寝汗をかきまして、仮に風邪だったとしても、
免疫ガッツリ高めて体温上げて、細菌やっつけましたし、花粉症なら
冷えを取って症状緩和になったし。

いずれにしても、復活。よく頑張った、私の免疫。

今日はジンジャーティー飲んだり、お店でストーブを背負ったりして
念のため静かに過ごしていました。
お客さんから、お高い中国茶を頂いたりして、美味しく飲みながら
刺し子の続きを刺しつつ仕事をしていました。
[PR]
by saporterK | 2012-02-25 23:41 | Comments(2)

戦い中?

出稼ぎ先から本屋を経由してお店に帰り着く頃から、なんだか
ノドがイガイガ。のど飴食べて凌いでいました。

もしやこれは。

風邪の前兆でしょうか。しかもいつぶりだろうって感じの。
それとも花粉症でしょうか。夕べ風も強かったから。
花粉症の出始めは風邪の初期症状によく似ているので、
なんとも言い難いです。

とりあえず、とっとと就寝します。
[PR]
by saporterK | 2012-02-24 22:00 | Comments(0)

おいしかった〜。

本日定休。

午後、用事を済ませてからお茶をしつつのんびり。
5時という早い時刻からでしたが、夕食へ。

上石田にある「かんざし」という中華へ、特別ディナーのお誘いを
受けました。年代の異なる「女子」3名で行ってきましたが、
ご一緒した初めてお会いした女性が、あ〜何十年後かには私も
あんな空気感の女性になりたいなぁと思う方でした。
シャキッとして、サッパリした話し振りで、上品で、でもカワイイ。

で、食事がまた美味しくて、皆で「おいしい〜っ」連呼。
ヌーベルシノワーズ、というのか、味付けも濃すぎずこってりしすぎず、
ちょうど食事が終わる頃に胃も心も満たされる絶妙な塩梅でした。

作られたシェフは、ホテルイースト21東京の中にある中華の
副総料理長で、サポート役がペニンシュラ東京の副料理長という、
なんかすごい人達だぞ、という贅沢っぷりでした。

思いがけず牛肉が出されて、「いつぶり?」くらいに食べました。
普段から牛肉が選択肢にないと、パッと出された時に戸惑います。
信仰で食べないわけではないけど「神様食べちゃった」と
ちょっと心の中で謝って手を合わせつつ、パクリ。
2切れなので、消化に疲れることはありませんでしたが。

デザートのゴマプリンが「幸福甜点双輝」という名前。黒蜜シロップ、
タピオカ、白ごまプリン、黒ごまプリン、イチゴのバランスが良くて
まさに口福で幸福なり〜。

店構えもいわゆる中華っぽくなくて、女性ひとりでも入りやすいです。
サービスの女の子達はもっと勉強が必要ですが、応対はとても
良かったです。

素敵な女性との出会いもあり、良い夜でございました。満足満足。
[PR]
by saporterK | 2012-02-23 00:01 | Comments(0)

戻りました。

日、月とヨーガ療法士の特別&応用研修会へドロンしてきました。
現代医療とヨーガ療法の橋渡し役となる医師や大学教授などが
増えてきたことで、私たちヨーガ療法士の活動の場も今後は
もっと増えていけるんだろうと思いました。

で、講演会とか研修会とか自主研究会などで、大学院レベルの
講義を聴いたり(あるいは収録DVDで学習)できるのは、こりゃ
普通の大学生だって他所の大学や大学院の講義にモグることさえ
できない話ですので、大変貴重な機会であります。

ヨーガ療法の症例論文の中にも、エビデンス・レベルの高いものが
作成されるようになってきて、どんどん現代医療現場にも信頼性ある
ものとなっている流れとのことで、パッと見で医学論文です。
心理学の授業で、エビデンスレベルの高い論文にするための
実験群とか対照群とかの設定について、勉強した覚えはあります。
矛盾とか誤謬が生じない注意点とかテストに出た覚えはあります。

今度の学会も、普段なら絶対聞けない講演盛りだくさん。
大学生時代より大学教授陣の講演や講義を聞く機会が増えました。
脳みそ維持が大変で、面白いです。

帰りには、友達に首根っこを治してもらいました。
鍼灸医が「この首は触りたくないなぁ」という陥没をしている頸椎が、
表に出てきました。久々に触った骨の出っ張り。
一時的でも治って、首が快適。耳鳴りが消えて音がよく聞こえる。
チョー感動。
[PR]
by saporterK | 2012-02-20 23:19 | Comments(0)

言語学習に…。

知人の旦那さんが「自分の興味がある本を教材にして日本語を
勉強している」というのを聞き、早速本を取り寄せてみました。

でもドイツ料理の本って、字ばっかりで写真がない物が多いらしく、
ちょうどナイジェラ・ローソンのレシピ本のドイツ語版がありました。
ナイジェラ、セクシーな料理研究家のイギリス人。
以前テレビでナイジェラの料理番組を観ていました。
「そんなに砂糖を!」「あんなに卵を!」と目が飛び出るレシピも
けっこうあるのですが、出来上がりを食べる彼女がカワイイ。
超セクシーなのに、優しいママ、カワイイ女性。
ジャーダ・ラウレンティスとナイジェラは好きな料理研究家です。

1ページ目からとりあえずザッと目を通して、「これは知ってる単語」」
「これは調べたけど忘れたけど覚えてるけど思い出せない単語」と
見分けていました。

辞書を使い出したら、全然進みませんからね。
幸い単位は日本と同じグラムと摂氏なので、ザッと料理の雰囲気は
感じられました。あとはじっくり読んでいくこと。

1つの分野に絞ると、だいたい頻出単語も決まってくるので、進歩は
一部早くなりますね。
少しでも分かってくると、読んでいても楽しくなってきます。

はいはい、せっかく料理本を買ったんですから、作りますよ、いつか。
久しぶりにナイジェラのお料理の方向性を見ました。
で、やっぱり「そんなに砂糖を!」なお菓子もチラホラ…。
[PR]
by saporterK | 2012-02-16 23:52 | Comments(0)

Valentinstag.

私もチョコレートを頂いてきちゃいました。
出稼ぎ収録で、出演のゲストさんから「スタッフは何人か」聞かれ、
きっとチョコやろなぁと思ったら、私の分も。いただきます。

お昼に行ったお店でもチョコレートを頂きました。
店内あちこちから(主に女性の)「あらぁっ、んまぁっ、うれしい〜」
という嬌声があがっていました。私もその1人。いただきます。

先日、知人からスペインのカプチーノ風味のトリュフを頂きました。
自分用にもリンツを買ってあるし、カフェリのトリュフも注文済み。
この時季に限っては、チョコレートを我慢できにくいですね。
悩ましい。

いわゆるヴァレンタインデーとしては、自分全然関係ないのですが、
美味しいチョコレートが世間に溢れるのはワクワクウキウキしますね。
映画「ショコラ」で、ジュリエット・ビノシュが作る肉料理にかける
チョコレートソースが気になっちゃってしかたないのですが、ちょうど
Eテレの「極める」シリーズがチョコ学で、次回の番宣見たら肉料理を
チョコレートソースで食べている姿が出ていました。
作り方、見ておこっと。でも肉が牛だったら作らないけど。

以前、お料理雑誌のプレゼントで当たったジャン=ポール・エヴァンの
レシピ本(当たった直後に日本語訳が出て泣けた ;-<)は、
見ているだけでも蕩けそうなチョコレートの写真が美しい。。。

子供の頃は、よぅチョコレート(だけじゃないけど)で鼻血出したな〜。
その度に大騒ぎになっちゃって、エラい目に遭ったな〜。
今は好きなだけ食べたってせいぜい胸焼けくらいで鼻血も出ないし、
チョコレートは血が止まる普通の幸せの象徴。
今年も食べるで〜。
人にあげてる場合じゃないです。自分の分、自分の分を食べるのだ!
[PR]
by saporterK | 2012-02-15 00:57 | Comments(0)

立場変われば。

本日ヨーガ療法講義のお手伝いでした。
午前中は講義、お昼を取りつつ受講生さん達の宿題発表をうかがい、
私もそのテーマで少し話をして、午後は実技実習。
その後、中間テストでした。

私が町田へ通っていた頃は中間テストはなかったのですが、こうして
試験準備ができるのは良いことだと思いました。
卒業試験は3、4時間の筆記試験と1、2時間の実技試験があって、
気持ち的に「ぶっつけ本番」でしたから、試験の流れや様子が事前に
練習できたら、落ち着いて卒業試験も臨めるでしょうね。

で。
私達卒業生はお手伝いですから、試験管役でした。
でも学校のテストと違って、点数で減点するといっても、かなり
主観が入ってきますので、こちらも責任重大。
ドキドキして汗かきました。

ドキドキしながら「あぁ、これはストレス反応であり、緊張するから
無理だと断ることをせず応諾して対応できた心と行動の自由度を
高めることである」と、頭の中で自分分析をしていました。

自分が卒業試験で試験管して下さった方達も卒業生で、且つ
ボランティア。あの方も優しかったなぁ。私が何点か知らないけど。
卒業試験は先だけど、見る側としての心構えも、練習できました。

立場が変わると、見えてくることも変わってくる。
自分の視野について考える機会でもありました。
[PR]
by saporterK | 2012-02-12 23:46 | Comments(0)

進まないけど、

お店のHPを手打ちから他へ移行させる準備をしております。
「初めででも作れる」だったか「1から始める」だったか「サルでも分かる」
HTML作成の手引書を買い、サル並みの脳みそに鞭打って、
作って載せてありますが、パソコンを買い替える度に直せない部分が
でてくる不思議に出会い、こういう所に時間を割くのは違うな、と
常々感じていたので、HP作成サイトを見つけまして、やっとこさ
作業を始めました。

が。

こういうサービス使っても、私自身のセンスがブラッシュアップする
わけではないので、すでに頭を抱えている状況。

いつ移行できるかなー、と夢見ています。
進まないけど、進めてます。

ひとまず、明日はヨーガ療法の中間テストの試験官してきます。
テストというか、確認と予行練習といった感じみたいですが。
私の頃は中間テストなしだったので、予行練習できる制度になって、
準備ができるのはいいなぁ。
[PR]
by saporterK | 2012-02-11 22:33 | Comments(0)

初の大寝坊。

朝、夢で巨大地震に遭い、窓から外の安アパートがばったり
なぎ倒される(けど住人は無事)のを呆然と見ていました。
うすらぼんやり目が覚めると、天窓が明るい。

あぁ、また変な時間に目が覚めちゃったな〜…あと何分くらい
2度寝できるかなぁ〜…

7:23

???

うぎゃーーーーっ!なんじゃこりゃーーーーっ!

前の携帯をアラームのためだけに使用していて、幸い?にして
5分ほど早めて時刻設定してあるのですが、それにしても。

アドレナリンが寝ぼけた脳みそ内で爆発的注入されて、目覚めから
20分以内に家を出てました。。。
でもちゃんと洗顔歯磨き、あまつさえ髪まで結えたのねー。

そして道もわりと空いていて、でも焦りそうになると信号がちゃんと
赤になったりして、結局いつも通りに到着というラッキーデー。
出稼ぎ先のお手洗いでお化粧しましたで。

しかしその後の生放送中は、出過ぎたアドレナリンが行き場を
失ったみたいになって、頭がギリギリしていました。疲れました…。

アラームが聞こえなかったのは、人生初でありました。
夕べ12時半には布団に入ってたぜ、オレ〜。
[PR]
by saporterK | 2012-02-10 23:21 | Comments(0)