南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2012年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

体力消耗。

火曜日夜中から、何でも夜になると熱がゴーッと上がって寝汗を
どっぷりかいて、ふぅふぅ湯気を出すような気持ちで目覚めます。
昼間は普通に戻っています。
が。
今日は朝の出稼ぎ生放送の本番中、唐突に「あ、スイッチ入った」
感覚を捉えたら、1分後には体温、呼吸数、心拍数、血圧が
ゴーッと上がるのを感じて、そのままずっとゴーッと嵐のようでした。
無事に終わって良かったです。
その後。
お昼にちょっと辛い物を食べて、体内の熱冷ましをしましたら、
だいぶ調子が戻り、夜になっても熱が上がらないしダルくもない。

そんなところへ。
「レコードをそっち(籠り部屋)へ移す」予告通り、台車2台で4〜5回
かけて、レコードを運び込みました。
しかも重い。レコードなんて、子供の頃にマスターが応接間という名の
趣味の部屋に、オーディオ機器を設置していた棚に立てかけてあるのを
見たくらいで、実際に慣らしているところは知りません。
マスター、その頃は新しい物好き&機械好きだったから、割と早い
段階でCDに移行していましたしね。

10枚単位くらいに紐で括られたレコードを、(おじさん)2人では
大変であろうと(既に建物入り口まで運んできた段階で、Sさんは
体力を使い果たしたらしく、暗に後は私が、という流れになって)、
若手K君と私が主に移動係になっていました。
が。重い。建物入り口から台車に5束ほどレコードを積んで部屋へ行き、
バケツリレー的にK君へ手渡ししていきます。顔を赤くしてふぅふぅ
言いながら棚へ収めました。

で。まだ私も若いなぁと思ったのは、突発的な力仕事だったので
筋繊維の断裂も大きく、籠り部屋の仕事を終える頃になって腕が
うっすら筋肉痛になっていました。はは。
熱で体力使っていた後の力仕事はツライぜ。
[PR]
by saporterK | 2012-03-30 23:26 | Comments(0)

今日はちょっと…

開店からほどなくお昼ゴハンのお客さんで賑わいました。
ちょっと前まで、厨房は冷えて寒くて、ガス台を使っていても
長居したくない場所でしたが、季節が変わったんだなぁというのを
ここでも実感中。ホカホカしていました。

香りが少ないタイプの水仙や菜の花を飾って、ビタミンカラー。
元気がでますね。黄色い花って。

氏神様の桜を眺めておりますが、だいぶ緑っぽいですが、
まだまだ花びらを感じさせる色は来ていません。
今日だいぶ暖かかったので、蕾も膨らんだかも。
だってやっと梅が満開ですもんね。
[PR]
by saporterK | 2012-03-29 23:32 | Comments(0)

撮れない。

本日お昼を増穂のinondoへ行って食べてきました。
昌福寺の横の狭ーい道を入って1つ目の角を曲がって、
「こりゃムラナカに入って袋小路になってしまうんじゃないか」みたいな
道を少々行ったところにあります。

で。
食べ物を携帯カメラで撮る習慣が無い私。
外観を撮って、さぁ今回こそはとサラダを撮りました。パシャ。
干し野菜が味噌ベースのドレッシングと昆布で、ハリハリ漬けみたいで
美味しいなぁと思っているうちに、食べることに気が向いていって…
サラダしか撮らなかった。。。

まぁ、そんなものかと。

だって。

食べ物は出来てサーヴされた時が食べごろ。どんどん食べごろが
過ぎていくのを追っかけながら食べていくんだもん。
写真なんて撮ってる場合じゃないんだもん。

…ということで、いつもの如く、あっけなく写真撮りをやめました。

その後、すぐ近くに普請中の来月オープンのカフェを見てきました。
都会の人が始めるそうです。建物が良いです。

増穂は近くだけど、まず滅多にいかない場所。
帰りに松寿軒で最中とどら焼きを買ってきました。ははっ。

誕生日以来、マイブームな「己買い」。己の為に己が買う。
…別にいつものことじゃん、と気付いた今日。
[PR]
by saporterK | 2012-03-24 23:41 | Comments(0)

杏の花。

収録日がズレたので出稼ぎ先へ。
駐車場の角にある杏の花が咲き始めていました。
暖かかったですね。

普段行かない曜日に出てくると、普段行くお店が定休日。
お昼ゴハンをどこで食べるか、収録中ずっと考えていました。

収録後のほんの数分「旅(もしくは出張)するのに準備に
どれくらい時間をかけるか」という話をしました。
3日間ほどの日程なら2日ほど前(ただし旅行計画作成は除く)。
研修会や会合などならぶっちゃけ当日朝でも間に合う。
基本、「足りなきゃ現地調達」派です。昔はもっと荷物が少なくて、
なのにその中にはしっかり単行本が携帯されていました。
それぞれ、性格が出ますね。

夕方出稼ぎ先を出ようとしたら、杏の花が更に咲いていました。
明日は雨で寒いなんてなぁ。。。
お店に戻ったら、娑羅の木の芽も目に見えてふっくら銀色に
なっていました。

夜はクラス。
こちらも収録同様、一部の生徒さんの希望でズレました。
私はヨーガする時間が増えるのは歓迎です。
定休の昨日があまりにぐーたらだったのでなおさら。
[PR]
by saporterK | 2012-03-23 00:55 | Comments(0)

強風。

本日定休。
が。
あまりの強風におののいて籠っていました。

撮ったままの物を見ていました。
途中まで観ていたジルベスターを。もう年が明けて3ヶ月過ぎてますが。
その後は「英国王のスピーチ」コリン・ファース好きです。
で、そのまま大相撲となって1日テレビにへばりついていました。

そうでもしないと、毎回予約録画する時に「HDDの残量が不足する
場合があります」という警告が消えないんですよね…。
[PR]
by saporterK | 2012-03-21 20:52 | Comments(0)

おはぎ。

お彼岸に入って、お寺に行く前から「おはぎっ、おはぎっ」と
ルンルンな私はダメな子孫です。
餡、きな粉、白ごま3種を食べました。
ルンルンです。

世間では春休みの子供がわんさか。
子供の頃は途中までぶどう農家だったので、この時季はもちろん
どこか連れて行ってもらうことはできず、従って子供がわんさか
賑やかな雰囲気を知らずにきました。
なので、今もそういうのは苦手です。

長期の休みの内、数日はバレエの特別レッスンという名の
長時間レッスンがあったくらいで、春休みは、宿題が無くてラッキー
とか、最も「ぐーたら」な時季だったと思います。

良い思い出は、春っ子なので大きな手作り焼きプリンを誕生日の
ケーキ代わりにしてもらって「わーい♪」だったことが筆頭。
私は子供時分から、イチゴショートなんかよりレアチーズとか
切り分けられる焼きプリンが好きでした。
たいがい、食い物の記憶が強いです。
[PR]
by saporterK | 2012-03-21 01:25 | Comments(0)

いつかぶりかの。

今朝の地震は「ドスン」の一回で叩き起こされた感でした。
そのまままんじりともせず朝となり、出稼ぎ生放送へ。
寝不足の中でも最も頭がギリギリ孫悟空みたいになる感じで
リハーサルを迎えました。
あまりに頭が働かなくて、思わずコカ○ーラを1缶購入。

いつぶりやろうなぁ。
元々、炭酸は喉の刺激が強くて、ゲロルシュタイナー以外は
滅多に飲みません。いわんやカラメル色素やカフェインや加糖
された炭酸においてをや。
が。
なまじコーヒーや紅茶を飲むより、ごく稀に飲むコカ○ーラのほうが
ガツンとくるのです。(もちろん、日常的に飲んでる人は別だと思う)

効果覿面でした。
しかも本番途中に、何やら就職活動的な服装をした若者が
ゾロリと副調整室に入ってきて「なんじゃそりゃーっ」と思いつつ、
無事放送は終了しました。
背後で視線と説明のゴニョゴニョ聞こえる声が非常に仕事への
集中を削いでくれましたが、全うしたぜ、オレ…。

あぁ、これで最低でも今年中は2度とコカ○ーラ飲まないな。
飲んでいても美味しいとはついぞ感じなかったです。
[PR]
by saporterK | 2012-03-16 23:20 | Comments(0)

う、美しい…。

先日、友達と中華をつつきながら展開したおしゃべりの中で、
「Kちゃんがねー、リヤドロの瞑想っていう作品を見てたら
浮かんできてー。」と言われました。

リヤドロはバレリーナの女の子や、ひな人形など日本の
モチーフもあるので知名度もかなり上がっていますね。
なかなか面白い物もあるので好きです。

でも瞑想というのは知らなかったので、ネットで見てみました。

「……、これ見て私……ホントすんません」

そのくらいキレイでした。
西洋から見た瞑想な感じはしますが、リヤドロの中でもかなり
削ぎ落とした美といった印象でしょうか。
とても静けさを得られます。穏やかな瞑想の様子です。

そっかぁ、これ見て私を思い出してくれてたんだ…嬉しいなぁ。
静謐さが滲み出るような人になりたいです。
俗っぽく、お値段見て目ん玉飛び出すようなことしないで。
[PR]
by saporterK | 2012-03-15 23:33 | Comments(0)
本日定休。わたくし勤労。

時々、あまりにリアルで夢か現か区別がつかなくなる夢を見ます。
もちろん、目が覚めて「あぁ夢か」と自覚するのに、時間が経つほどに
むしろリアルさが際立ってきて、ふとした瞬間に混乱します。

「観る者」と「観られるもの」との識別をせねばな。
この世は合わせ鏡。記憶の整理や自我の欲求が反映される夢を
思い出しながら自らを観察すると、心の乱れっぷりがわかります。

私が混乱する夢は、内容というよりもその「感覚」のリアルさが
際立っているもの。
手触りとか、空気の振動とか。音だと伝播する環境の湿度も感じて、
脳の出来事には思えないくらいリアル。

で。
目覚める直前の夢がまた、五感が惑わされるほどリアルでした。
夕べ寝付きが悪くてうだうだしていたせいで、余計に混乱しました。

ぼんやり出稼ぎ先に到着して、気を抜くと夢で触れた物の感触や
音が浮かんできては頭痛にも似た違和感が湧いて難儀しました。

再び√にまつわる解説を図説つきで教えていただき、漸くガッテン。
理解してないのに製図がうまくいって、いい気になっていたのですが、
なぜ上手くいったのかが分かりました。
(でもそれを人に教えられるかと言われたら、否、ですけどね。)

あまり動揺しないほうですが、する時はたいてい自分の中で起きて
自分の中で収まっていく、自己完結型みたいだな、と感じた夢。

感覚器官の体験は本質ではないことを実学的に理解しました。
直接体験が真実ではないこと(だって主観という色眼鏡越しだから)。
変わることは本質ではないこと(だって脳内妄想が起きるんだから)。
人が考える内容なんて実は大したことないこと。
[PR]
by saporterK | 2012-03-14 22:55 | Comments(0)

√3からの解放…間近。

何って、刺し子の図柄で出会ってしまった√3です。
朝顔っぽくも七宝の崩しにも見える図柄なのですが、製図の際に
√が出てきた瞬間、意識がぼんやりしちゃいました。

いやだって、和算学者ならともかく「おなご」が縫い継いできた
刺し子に√の概念要らないじゃん、本来。って思ったんですよ(怒)
先日の入試解答速報の合間に√の説明を受けていた時だって、
右から左に意図せず聞き流されていって、辛うじて何ぞやという点は
聞き止められたかも、でしたから。耳が鼓膜の辺りで閉じてました。

で、結局√3が分かっても分からなくても晒布に製図はできましたし、
あと1列だけ刺したら完成です。(ちょっとホッ)

今後も刺し子を作る限り、出会う√。減感作療法なり得るか。
なんてことを考えながらお店にいました平和な日。

収録がまたも定休にズレましたので、行ってきます。
[PR]
by saporterK | 2012-03-14 00:42 | Comments(0)