南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

フィトセラピー体験。

f0053615_231619100.jpg


午前中、出稼ぎ先近くの「繭玉」さんでフィトセラピー体験会に伺いました。
アメブロのほうで知り合いまして、ずっと体験会に参加したいなぁと
思っていまして、ようやく。

入門として基礎知識のさわりをお勉強します。
それから実際に体験していきました。

画像は、終了後ですけれども、自分達で大体の好みにミックスした
ハーブに熱湯を注ぎ、その蒸気を顔に当てるフェイシャルスチームと、
適温にしてから手浴を行ないました。

楽しかった!!
香り、色、味(お勉強中はハーブティーを頂いていました)、と、
誰にでも感じやすい感覚から、自分の深い次元へとアプローチするので、
どなたにも入りやすいかもしれませんね。

ダンディライオンを炊き込んだご飯もいただいてきました。
植物、それもキッチンファーマシーになるくらい身近な物を使うので、
その辺りはとてもアーユルヴェーダと共通項があります。

もう「ふあ〜」とか「す〜は〜」とか、心地よい溜め息とか深い呼吸とか、
短い時間がなんと深く広がりを持って豊かになったことか。

喫茶店でもそうなのですが、こうしたほんの少しの時間を過ごす、という
行為が、どれだけ私達のストレスを和らげ、穏やかにしてくれるか、を
感じてきましたよ。

午後からお店に出ておりました。
素敵な午前を過ごして、なんだか1日の後半も素敵な気持ちが持続。
[PR]
by saporterK | 2013-04-29 23:24

ゴマメ。

本を読みすぎて、か、トラタカのしすぎ、かで、右まぶたが痙攣。
昨日今日と、不意に予告なしにまぶたが、ききききっ、と引き攣れる。
困っちゃいますね。

旅中は、宿に戻るとニュースを見てお風呂入ったら寝ちゃってますから、
本は学会の抄録集以外読む時間を取れませんでした。
まともに読んだのが、ANAの機内誌だったという…
(しかし面白い記事があったので、1冊貰ってきました)

その反動が、1週間経った今になってやってきました。
今日は、朝日新聞に掲載された大きなクロスワードパズルを解いて、
プレゼント応募しました。
応募より、全問つつがなく解けたので小さく嬉しい。
このくらい易しいと、手応えは薄くても、鼻歌混じりにできて楽しいです。

言葉は知っていたけど、あら、意味は何だったかしら、というのがあり、
言葉を知ってて意味を知らないって、我ながら、ワケがわからん。

「ゴマメの歯ぎしり」

…言われたこともないし、言っているの聞いたことないよ、そんなこと。
時代小説でも読んでいた時に見かけたのでしょうか。

意味ですか?
私だって調べたんですから…、ねぇ。
[PR]
by saporterK | 2013-04-28 22:29

情報。

GWに入りましたが、お店はいつも通り常と変わらず「毎週水曜定休」です。

お客さんたちは、カレンダー通りという方が多いようですから、お話は
「今日どこそこへ行ってきたよ」がほとんどです。

私としては、それが貴重なる情報源。
尤も、たいがいは「テレビで旅をした気分」と同じで、お話を伺ったら
それで行った気分も味わえる、という場合がほとんどではありますが、
なかなか楽しいものです。

今日も、近所のおばちゃん達が「どこそこへ中華を食べに行ってきて〜」と
様子を教えてくれました。ふむふむ。
特に食べ物のお店情報はありがたいですね。

今日はとにかく風が強くて肌寒くて (((> <)))
ストーブの温度設定で、密かにマスターと戦いを繰り広げていました。
あんまり温かくすると、(立っていようがお客さんと話していようが)不意に
眠気に襲われるから…
[PR]
by saporterK | 2013-04-27 23:54

記憶喪失。

出稼ぎからの帰り途中、来月の予定が入ったのですが、手帳を不携帯。
そういう時はいつもスマホカレンダーに書いておいて、帰宅後に手帳へ
書き直しています。

…ところが、その予定を入れようと5月のカレンダーを出したら、
こどもの日に「17:00 八王子」と書いてあるのを見つけました。
帰宅して手帳を見たけど、他は書き落としてあるのに、それだけは無い。
しかも記憶が一切ない。

八王子は乗り換えで降りても、用事ができる場所ではない。
しかも夕方だと、何かあるにしても私には半端な時間帯。
しかもGWの混み合う都会を私が進んで歩こうとは思えない。
しかもGW中に仕事を休んで一体何をしようとしたのか思い出せない。

何を見ても合致しないのです。
私ひとりがフスフス歩くだけなら何と言うことも無い「おっちょこちょい」で
済まされますが、これが誰かと約束をしていたら、信用を失ってしまう…
のに、思い出せずにいます。

私の記憶装置は、何を消去してしまったのでしょうか。
しかし信用を失っても、それが何かを知らなくてはなりません。
もしどなかた「約束したじゃん!」という方がいらっしゃいましたら、
ご連絡を下さい。お願いします。
[PR]
by saporterK | 2013-04-26 23:42

やっぱり。

体調は良いまま行って帰ってきましたが、やっぱり戻ってくると
ちゃんとアレコレ元に戻るんだなぁと実感中です。

旅って、慣れている人でもテンションが変わる。
旅慣れぬ私がテンション変わってもしょうがないわけです。

たいがい、食欲スイッチが切り替わります。
旅の最中って、食べるスイッチが入ります。食い倒れます。
それで胃も平気なんだから、すごいもんだと我ながら感心します。

出稼ぎ先から戻ったら、物が着きました。
たぶん、人間が着いた時より気分が上がってるかもしれない家族。
お店にいた甥っ子兄に、日向夏フレーバーのバウムクーヘンをあげました。

(試食はしてないけど、たぶん)旨いよ。だって日向夏だもん。
…という何の根拠も無い自信を以て、手渡しました、罪な大人。
いや、旨いよ。だって日向夏だもん。

旨いですもん、日向夏。柑橘好きだから、テンション上がってます。
やっぱり青島神社入り口の八百屋の奥さん、いい人だ!
テロワールについて力説してくれた奥さんの笑顔が思い出されます。
[PR]
by saporterK | 2013-04-23 22:32

水は。

この家でも、帰ればホッとする。
…と思ったのは、やはりお水を飲んだ時でした。

帰る場所がある、というのは、場所そのものということも含みますが、
飲み慣れた水を飲み、それが細胞を潤すという実感があるから、
かもしれないのだと思いました。

日本は縦長の国というだけあって、お水もいろんな味がありますね。

は〜、帰ってきたのだ、と今年も感じました。

あとは、日向夏の食べ方をお客さんに話そうとしているのに、
横からパァパァと両親が揃って口を挟んでうるさかったことでしょうか。

肘鉄でも喰らったかのように、説明どころではない上に「うっせぇよ、2人して!」と
言いたいくらい、両隣からゴチャゴチャと、人の話す機会を奪い取る両親に
呆れたこともまた、家に戻ってきてしまった実感を得させるに充分でありました。

宮崎へ行って帰ってきたのは、一体だれなのでしょうか。

ここへ行ってきたよ、これを食べてきたよ、こんな感じだったよ…
話したいことはたくさんあるのに、話は聞いてくれない。
不思議な家族です。
うーん、土産話って、お土産にはならないってこと?
[PR]
by saporterK | 2013-04-22 22:57

詰まりました。

初夏の陽気の宮崎から、真冬の寒さの江戸〜山梨に戻りまして。

スカスカだったメコメコのキャリーバッグの中には、アーユルヴェーダ学会の
抄録とアーユルヴェーダ関連書籍と文庫本が追加されて、重さだけは
詰まりました。だいぶ重くなりました。
紙の元の姿が木であることを再認識。

とりあえず、疲れのためか帯状疱疹の後遺症たる肋間神経痛がピリリと
しているので、寝ます。zzz
お風呂でも溺れかけたし。

人間は無事戻りました。
[PR]
by saporterK | 2013-04-22 00:11

詰めたけど。

…こんなに荷物が少なくて良かったのかしら。
というところで止まりました。

でも、あと増やす荷物なんてないしなー。
今回は宿でお洗濯しないでいようと思って、お洋服は枚数あるのになー。
一応カーディガンを1枚追加したけど、それでもなんだか少ない気がする…

メコメコするキャリーバッグがスカスカですが、荷物として預けて大丈夫か、
そっちのほうが気になります。

もとが小荷物すぎて友達が心配するくらいだから、たぶんこれで何の
問題もない。はず。
ここまで小荷物だったかしら、私。
それとも更に手にして安心する物が減ったのかしら。

…だからといって、帰りはお土産でパンパンにしてあげよう、と思うほど、
やさしいタイプではなかったりするのです。はは。

しばしさらばさらば。
[PR]
by saporterK | 2013-04-16 22:16

何を持っていくの?

えー、今年の学会は宮崎県です。

いつも立ち寄る本屋に、いっかな宮崎県単体のガイドブックが見つからず
「山梨ですら単体であるのに…」と首を傾げていたら、最寄りの本屋に
ありまして、出発3日前に購入。
母上が「え、何を今更」と、そりゃもう小バカにした口調で驚いています。
私も「えぇ、何で今更」と、思いながらも、そこはやはり紙媒体が好きなので、
地図などを眺めたり、宿の場所を確かめたりするのに必要なわけです。

そして2日前ですが、まだ荷物が手付かずです。
「最悪、学会に出るための参加証と抄録集さえあればOK」という、
国内であるがゆえの危機感のなさと、旅慣れぬための呆然により、
また季節が少々異なる距離感のために「何を着るか」が決まらず、
一向に進みません。

丈夫さに関しては怪しくメコメコするキャリーケースの蓋は開いたまま。
北海道へ行った際、あまりにメコメコなので手荷物に預けず機内に持ち込み、
収納場所をほぼ独占した迷惑な人と成り下がったので、今回は預けたい。
…というか、初めからメコメコしない丈夫な物を買うべきだったのですが。

家族ときたら「マンゴー食いたい」の「チキン南蛮食いたい」の言いたい放題。
旅行するのと勘違いしているのではないでしょうか。
今回はヨーガ療法学会とアーユルヴェーダ学会に行くので、2日間は
ガチで缶詰、初日と最終日は半端な時刻の便なので、あまり余裕がない。

学会に行くようになってから、毎年「まるでお土産を買いに行くみたいだ…」と
つぶやきながら、到着早々か出発直前にまとめてボンと送っております。
(つまり、かなり、いい加減というか、定番だけ選んでいるこだわりのなさ)

宿では一切食事を摂らないので、晩ご飯を何にしようか、ガイドブックでは
そこばかり目が行きますね。
牛は食べないので、やはりチキン南蛮か。
一軒、菜食のお店があったのでホッとしました。やっほー。
あとは九州パンケーキ(晩ご飯じゃないな)が食べられるお店も発見。
宿の目の前に喫茶店もあるからコーヒーもオッケー。
空港ではマンゴージュースも飲める。

…という食べ物計画だけ、はかどっております。
しかも空港でお昼ゴハンになるので、何を食べるか、さっきから真剣に
悩んでいました。
真剣になる部分を間違えている気がします。
明日、出稼ぎとクラスを終えたら、荷物を詰めなくちゃ。
[PR]
by saporterK | 2013-04-15 23:51

運転手。

本日定休。
朝から名人戦2日目を観ておりましたが、お昼過ぎから母上とお友達が
元・タカラジェンヌによる公演を観に行くとかで、運転手をしてきました。

通っていたバレエ教室の後輩が宝塚に入ったのがずいぶん昔のように
思えます。退団して、指導とかしているんじゃなかったかしら…
その子も公演に出たそうです。
宝塚以後に何度か発表会などで会ったくらいなので、懐かしいなぁと
感慨に浸っていたら「あの子、あんたより3歳しか下じゃないのよね」と
母上がしみじみ言っていました。あらまぁ、そうね、言われてみると。

さて母上達を降ろした後は、カフェでご飯を食べました。
そしたら、居た、男子お1人様。その勇気に敬服。
男子の胃袋に足りるのかしら…カフェ飯って。

男子って、飯に関しては「かわいい♡」より「うまそーっ」優先だと思ってた。
行ったカフェのご飯は「うまそう」だけど「かわいい」盛り。

お店紹介とかする職業なのかしら…、オトメンとかいう生物なのかしら…、
ホロホロに崩れる手羽元チキンのトマトカレー(かなりスパイシー)を
かっ込みながら、目はスマホで名人戦の解説をみながら、頭の中で
そんなことを思っておりました。

私は、カワイイお店でカワイクない量を平気で食べるタイプです。
「足りなかったら他のを追加オーダーすればいいのよ」という口です。
今日は母上達をピックアップした後で予定があったので、腹八分目で。
(たぶん通常の「女子」の皆さんならちょうど良い)

帰宅後は、次第に入りにくくなるニコ生の隙を狙いつつ、やっと入れたと
喜んでから程なく羽生さんの投了でした。
フルセットで最終局を甲府まで持ってきていただきたい。
竜王戦が来なかったから、名人戦で大盤解説を観たい。
[PR]
by saporterK | 2013-04-10 22:05