南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

暇な時は…

普段「お店が暇な時は掃除する」感じでしたが、今月は
決まって「暇なら雪かき」です。

それでも女ひとりの作業、自分で思うほど進まない現状…。
降ってすぐの頃のふわふわした状態ではなく、凍り付いて
剥がれにくい上に重いので、少しずつ進めるのもやっと。

今日はお客さんには直接は関係ないお店の東側を1本、
裏のまだ開通していない所を貫通させていました。
日の射さない場所の雪は、もはや氷山。
角スコが跳ね返されて、関節に響きますね。

私は図体がデカイので、男並みの仕事量が求められるのか、
70過ぎたマスターと、私と、まぁ労働力でいったら同程度、
そういうことになるんでしょうか。。。

時代小説で「女だからといって、女みたいな夢を持っちゃ
いけねぇ女だっているんでさぁ」と、大同小異で書かれたセリフを
読んだときは「ですよねぇ…」とガックリしたもんです。

しかしヘナチョコであっても骨太で筋肉モリモリなおかげで
マスターの力仕事を少しは減らせている…と自己満足で
せっせと雪かき作業できているなら良しとしますか。

それにしても、お店に着物で出る、という当初の目標が
今月は達成できないで終わります。
腕なんてマッチョになって、着物姿もあまり様にならないかも?
来月には達成できるんでしょうか。。。
[PR]
by saporterK | 2014-02-23 21:51 | Comments(0)

ありがたいです。

ここ2日間ほど、お店が賑やかでありがたいです。
…とはいえ、私が途中途中で不在だったのでオーダー表の
束を眺めて「ふむふむ」と言っているだけなのですが。

気付いたのは、もう色んなお客さんから
「マスター灼けたね〜」と指摘されまくっていること。
そして当の本人は、日を追うごとに疲労が増していて
だんだんとグロッキーになっております。

やっと除雪ができて「家を出られた」というお客さん達が
こうして出掛けてきてくださるのは本当に嬉しいです。
「家の周囲はこんな感じ」という状況も伺っています。

1日も早く日常に戻れますよう、自分達も含めて、
日々願っています。
暫くは晴天なので雪解けを期待しつつ、落雪などには
くれぐれも注意しましょう。足元そして頭上注意!
[PR]
by saporterK | 2014-02-22 22:05 | Comments(0)

やけるぜ。

終わりのみえない雪かきは細々続いております。

どう見てもインドアなマスターが、俄にアウトドアな風貌に。
雪かき作業につけ、日焼け止めをつけなかったので、
すごく雪焼けで色黒になりました。
兄上は更に色黒になりました。家族中で1番色白なのに。

私は子供時代と違い、日焼けでも雪焼けでも黒くなりません。
チョコレートみたいに日焼けした子供時代がウソのようです。

目を広く覆うサングラス、ニカブやブルカみたいに
目以外はショールを巻き巻き覆い隠し、首までズッポリ。
リストウォーマーで指先まで隠しました。
顔は何度も日焼け止めを塗り直し、手も洗うたびに日焼け止め。
ごってりごってり。

それでも何となく肌が突っ張る感じもしますし、乾燥もした。
低刺激の化粧水でもピリピリ感じることもあります。
夜にはローションパックでごわついた皮膚をふやかしてから
インドのアロエジェルでクールダウンさせています。

「女子力上げたいとかでもなく、ここまで肌に手をかけたのは
初めてだ…」(いや、標準的女性なら最低限のことかも)

日光じんましんも、一時に比べるとコツも掴んであまり症状が
出ることはありませんが、長時間、外作業で汗もかいていると、
所々発症して熱が出て難儀しています(汗)

全国紙を一週間ぶりくらいに読み、遅まきに情報を入れました。
読書も殆どしていなかったので、今、激しく文字渇望。
今日は薄日で冷えてしまい、お店にこもっていました。

どなたか、雪焼けで乾燥した肌のお手入れ法でお勧めが
ありましたら教えて下さい。私が実践したいので。
[PR]
by saporterK | 2014-02-20 23:13 | Comments(0)

通常営業。

私がFBで雪かき作業ばかり載せていたら、お店はそのまま営業して
いるのか、お問い合わせをいただきました。

開店前はマスターが、営業中は私が作業しているので、誰か
1人はお店にいて通常営業しています。

ただ夜は路面凍結で危ないので、お客さんもいらっしゃらないので
夜8時になると片付けを始めています。
中でガタガタしていても、看板が入っていなければお越し下さい。

私はお店と旧・くろがねやの間にある細い道で、道を掘り出す作業を
する予定です。これでスタジオまで道が通ります。
今はテナントの軒下を通れるのですが、昨年の草取りで積んである
枯れ草を踏んでいかねばならないのです。

雪で2回クラスもお休みしたので、来週から再開したいです。
自分がそうだったからだけど、過酷な状況、過酷な長時間の雪かき、
不安や心配などで、脳は思っている以上に疲れて興奮している。
交感神経過緊張を自覚しながらも、集中して取り組めないくらい
すべきことにエネルギー注いで、なかなかバランスが戻りきらない。

身体が破壊されて疲れがたまってくると、心が荒んできて…
毎日が心身の疲労で終わるような感じでした。
日・月が私のピークで、やっと自分でヨーガしながらバランスを
調えられてきて、ホントに痛い箇所のホントの痛みの認知に
絞られてきたら、よく眠れるようになりました。

本来なら定休にこそ作業を進めなくてはいけないのですが、
さすがに身体を休めて少しでも回復させないと、まだ残る作業に
前向きに臨めません。という言い訳をしておいて。

これから大雪にでも見舞われない限りは、通常営業です。
皆様も道中くれぐれもお気をつけて、ホッと一息、お越し下さい。
[PR]
by saporterK | 2014-02-20 00:47 | Comments(0)

(やっと)定休の水曜。

土日と臨時休業したものの、長時間の過酷な作業が続き、
営業を再開してからもそれは続き、身体の破壊度が増す一方です。
皆様も同じ状況かと思います。お見舞い申し上げます。

これでまた雪が来たら、身体が本気で壊れると危惧しましたが、
どうやら雪マークが取れたようで、ちょっと安心しました。
その間にできる場所は作業を進めなくてはなりません。

マスターは母屋周辺を作業しながらお店に向かったそうですが
「5mもやったら身体がガタガタ」という齢71。
どのみちお店には1人いなくてはなりませんから、今日はひとりで
裏から氏神様のお宮を抜く道を作りました。
休憩を入れながら5時間弱。
女だけど形がでかいので、私が道を1本作ってもそんなもんか、
くらいな反応で、ますます男前に磨きがかかりそうです。

晴れているけどやはり寒いので、休憩にミルクティーを熱々で
飲みながらストーブの前を占領し、髪はぐしゃぐしゃ、
肌はパリパリ、なんとも言えない姿になっていましたが、
ここまでくると作業の達成感優先になってきます。

皆様も、外の作業で冷えて体調を崩しては元も子もありません。
防寒はもとより、時折休憩を挟みながら、しっかりその都度よく
温めて作業をお続けください。

1日も早く、日常が取り戻せますように。。。
下手をするとお彼岸まで解け残る根雪になる場所もあるかも
しれませんから、その後の怪我などにもご注意ください。
[PR]
by saporterK | 2014-02-18 22:49 | Comments(0)

本日営業します。

昨日歩いた限りでは、1車線分通れる感じにはなってきたので、
本日営業します。

ただ、狭い道によっては、対向車が来た際の待避エリアは
取れない状況のようですのでお越しの際はご注意ください。

アルプス通り、国道は片道1車線ずつ取れているようです。
様子を見に行って車が立ち往生してもいけないので、
路面状況が把握できません。
県内各地の情報をいただけたら嬉しいです。

牛乳が、いつも利用している移動販売が来られませんので、
ココアやカフェオレなど、ご提供できない場合がございます。
食材があるだけ営業いたします。

筋肉痛や貧血で、家族全員スローで妙な動きをしていますが、
その辺りは目をつむっていただきたいです。
[PR]
by saporterK | 2014-02-17 11:20 | Comments(0)

ひとまず開通?

今日おかじま食品館へ歩いて行ってきました。
東西を走る道は、道沿いの皆さんが総出で手作業で
雪かきをしていました。
行く先には何台も、スタックしている車。
雪を掘ったり、指示を出したり…そしてエイエイとみんなで押します。
漸く到着してみると、さすがにお惣菜部門はお休みし、
見た感じ「在庫があるうちは営業します」という状況でした。
それでも営業しているだけで助かりますね。

南北を走る国道52号は、私が通った時にはまだ
一般車両の轍でなんとか走ることはできるけど、
といった具合でした。

お店の前の道も、私が戻ってくる時にブルが通過しました。
轍が深くなって、車幅が合わないとちょっとコワそうですが、
それでもそこから雪が溶けていくなら…
1度通過しただけなので、「一方通行で譲り合い」です。
向こうから対向車が見えても…どこへ避けるのか…までは
考える余裕がなく、そのままお店に戻って作業。

店子さんの中で、小型ダンプを所有されている旦那さんを
伴ってきて下さったので、エイエイと最低限必要な場所の雪を
乗せて、旧・くろがねやの駐車場へ除けてもらいました。

しかし、いつもくろがねやに無断駐車する車が、あろうことか
テナント側のど真ん中エリアに乗り捨てていっており、とても
作業効率を悪くしていて難儀しました。

千坪近い駐車場全ては無理なので、店子さん達に「最低限何台?」
と確認し、出入りのルートを作って、みんなでエッサホイサでした。

今回の雪は前回と違って重かった!
関節と筋繊維を破壊されるのを感じました。
アルプス通り、甲西バイパス、国道52号はそれなりに通ることは
可能だそうです。

お店の営業は明日の状況で決めると思います。
予報では晴れですし、一応ギリギリ道は通れる。
期待したいところです。
[PR]
by saporterK | 2014-02-16 20:22 | Comments(0)

暫くお休みします。

皆様、人生初の出来事、驚くを通り越えた「明らかに極まった」
諦めが私は起きております。
立春を過ぎての「寒中お見舞い申し上げます」m(_ _)m

暫く周辺道路の除雪の目処が立つまで、お店も休業します。

除雪が進まない=流通が止まる
除雪が進まない=お店に行きたくても行ける道がない
除雪が進まない=火からまた雪マークが出てるのに…

皆様のお住まいの地域でも、コンビニやスーパーなどが
相次いで休業してきているかと思います。
停電地域もあります。
どう気をつけたらいいか、正直途方に暮れそうです。

雪国ではないが故に除雪車そのものの絶対数も足りず、
ほぼ個人任せ状態です。
国道52号と甲西バイパスに挟まれたエリアにあるお店は、
現在「通ろうと思えば通れるけど、埋もれても知らないよ」な、
なんとも言えない状況です。

晴れた今日は、屋根からの落雪が続き、しかしまだ落ちきらない。
とても危険な状況が続いています。
作業は本当に気をつけてもしきれませんね。

南プス市で最も水気の少ないここでこれだけなら、一体県内の
他の地域はどれほどになってしまっているのか…

「もう雪をどかす場所もないよ〜」な自宅は後回しにして、
お店もできる限りのことをしたいと思います。
因みに様子を見に行ったマスターによると「スタジオの階段に
かけてある屋根のシートが傾いでて、慌てて落としたら
身体が痛い…」
もう命がけですね。
[PR]
by saporterK | 2014-02-15 23:09 | Comments(0)

む〜

母上に訊いたら「もう水仙咲いてるわよ」…。
ほんの少しの先取りを狙っていましたが、残念。
でも今使うと寒々しい「雪と赤い実」に比べたら素敵かな。

先週の雪はどうだったか…訊こうとするところへ再び週末に
雪の予報きました。来週水曜も怪しげ。
うーん、雪がゴンゴン降る中の手紙の冒頭に雪の話題も
なんだか無粋な気がしてきました。
他の話題から入ることにします。

ようやくお店裏が、軽自動車が通れる…というか無理矢理
通っていった痕があったので判明しいたのですが、これで
またどうなるでしょう。一応明日積もってもある程度なんとか
なるように一気呵成に隅へ寄せておきましたけど…

さて私は明日は出稼ぎ先の生放送です。
朝から雪が降るようなので、普段7:30発のところを、
念のため繰り上げて家を出ることにしています。
放送終了後の積雪によっては、午後仕事を切り上げて
お店に戻るか考えなくては。。。

皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごし下さい。
[PR]
by saporterK | 2014-02-14 00:12 | Comments(0)

早いなぁ。

定休でした。
13時過ぎまで収録がかかったので、一部予定を変更して、
仕事→休日気分へ。

ここのところ収録が押す回が増えて、収録中「お腹すいた〜」と
言動がグネグネすることも増えています(私だけ)。
他のスタッフさん達は、お昼休みが削れていくのでしょうから、
外部の私などは気楽なものです。
今日みたいに収録日がズレて休みに重なると、そのまま
帰ってきますから(ていうか帰らないと用事がこなせない)。

帰りに文房具屋へレターセットを探してきたのですが、まだ
立春すぎとは言え寒さが勝っている。でも手紙では少しは
春っぽさも先取りしたい。

…と探したら、花梨の花や、桜の花のセットがありました。
いやぁ、いくらなんでも早すぎる。先取りしすぎる。
ぐるぐる店内を見ていたら、ありました、鳩居堂コーナーに。
雪中花というセットで、1枚は透かすと雪が描かれており、
次の1枚は白い水仙が描かれているという便箋に、まだ蕾の
状態が描かれた封筒。これです、こういうのを求めていました。

北陸のお友達とは、LINEもメールもするのですが、基本手紙。
近況報告ばかりですけれど、レターセットには季節を感じさせる
タイプを選びたい。
実はあたふたする間に、柊の時季を過ぎ、雪の結晶は今では
タイムリーすぎて寒々しい…と、2種類を使いそびれて
次回持ち越しとなったのでした。

以前はそういう点から季節を思うことが少なかったのですが、
手紙というツールというだけで、セットの紙質、ペンの種類や
インクの色、字、話題、季節感、同じ日本の異なる土地に住む
互いのことなど、考えることが多岐に渡り、目にするものなど
感覚を澄ませていないと、うっかりスルーする儚さなどを
思わずにはいられません。

季節ごとに送るくらいの頻度ですが、良い時間を過ごせます。
今日買い求めた便箋に、さて何をしたためましょうか。

…まさか収録中にお腹が空きすぎて「電源落ちる〜」なんて
考えてた、とは書きにくい。
[PR]
by saporterK | 2014-02-12 23:09 | Comments(0)