南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

世間の連休が、

終わりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

夕べアイスコーヒーの淹れ方に、新たに試してみようと
浸漬(しんせき)式をやってみました。

コーヒーを挽いて、水に混ぜて、数時間〜一晩置き、漉す。
手順だけ言ったら、それだけです。

判断基準のため「お店のアイスコーヒー用の豆を、いつも通りの
挽き具合で、お店で使う水を使って」作ってみました。

味がだいぶ異なった仕上がりになりました。

お店のアイスコーヒーは、急冷式。
苦みによるシャキッとした味わいと甘味による深さがあります。
飲んだ後の香りと味はスキッと切れているような印象があります。
私はミルクもシロップも不要で飲みますが、平均お客さんの多くは
シロップを加えているようです。

さて浸漬式ですが、お湯で抽出される成分が溶け出ないあるいは
少なく出てくるようで、強い苦みはありませんが、爽やかな酸味が
出ています。甘味も相対的に前に出てきている感じがします。
どこかオイリーなトロミがあるような円みがあるけれど、さっぱり。

飲んだ後に残る余韻が長いようですが、嫌な感じはありません。
苦みが抑えられているぶん、ミルクもシロップも要らないし、
濃いけどじゃぶじゃぶ飲めそうです。

私は浸漬式の味、好きだなと思いました。
しかしマスターは「マズくはないけど、なんだかな」みたいな反応。
急冷式と透過式が主流の時代の人なので、他の淹れ方は馴染まず、
また自分が確固たる地盤を築いたところへ、私が介入するのも
抵抗があるのか、本当に私のアイディアは採用に足らないのか、
大概拒否されます。
自分が苦手なアイスティーの淹れ方は私の方法を採用しましたけれど。

これが親子であるが為の闘いなのでしょうか。

父娘バトルはともかくとして、浸漬式は、家庭で手軽に美味しい
アイスコーヒーを淹れるのに向いています。
お茶パックに粉を入れて水に漬けてもいいようですし、
麦茶感覚で作れます。
前の晩に仕込んで冷蔵庫に入れておけば、朝にはグラスへ注ぐだけ。
しかも既に冷たいから氷も要らない。

朝の目覚めの一杯に、味も向いているかもしれません。
重すぎずシャンシャンと目を覚ましてくれるような爽やかさがあります。

…ここまで書いて、家庭で手軽にできるなら、この方法をお店で
採用させなくてもいいのかしらん、などと感じたりして。。。

参考までに
・ジョージのアイスコーヒーの豆;20g、中挽きより少しだけ細挽き寄り。
・ジョージの水;250cc、竹炭に一晩、その後トルマリンと麦飯石に浸ける。

水を容器に入れ、コーヒーの粉を加え、ヘラやスプーンの背で、
粉に水を吸わせるように静かに沈める。
乱暴に混ぜない。
蓋をして冷蔵庫へ。常温なら6〜8時間。冷蔵庫なら12時間。
(粉の細かさで、細かいほど浸水時間が短い)
サーバーやカップにペーパーフィルターをセットして、静かに注いで
漉す。抽出液を均等にして、飲むカップやグラスに注ぐ。
(お茶パックに粉を入れて浸水した場合は不要)

初回はこんな感じでした。
お湯を使用しないので、同じ豆でもジューシーな印象です。
冷たいけどドッシリとした飲みごたえがお好みなら急冷式が
良いようです。

父娘でも、味の好みまでは遺伝しません。
味覚の違いもあります。
私は実験を繰り返そうと思います。
[PR]
by saporterK | 2014-07-21 22:56 | Comments(0)

セミ。

不意にセミの音が聞こえているな、と昨日思ったのですが、
実際は何日も前からとのことでした。

ジジジジィと鳴くアブラゼミは、私が耳鳴り持ちなのでどちらか
判別がつかないので、気付かないのです。
で、昨日ふとツクツクホーシじゃん、と気付いたワケです。

夏なんだなぁ。梅雨って明けたんだっけ。
…大汗かきなので、タリタリ汗を流しながら、まだ日常ではありません。

W杯が終わりましたが、まだ睡眠のリズムが戻っていません。
ドイツ贔屓なので最後の最後まで、そして凱旋パレード、更には
動く選手の市場と、まだ追いかけております。

エジルの時もそうだけど、W杯後に活躍した選手はレアルマドリードに
高値でドナドナみたいに荷馬車でゴトゴト…今回はクロースですか。
海外へ行く子も多いけど、ブンデスリーガ内で活躍する選手も多いので
楽しみが続きます。

今日のお店の中は、エアコン26℃設定なのにサーキュレーター回しても
妙に暑いままでした。
来週には世間の子供は夏休み突入でしょうか。
今年の夏も暑さが厳しいので、どの世代も気をつけて過ごしたいものです。

私はコリン性じんましんがあるので、お店に行ったらまず顔を洗い(で、
お化粧が流れ)、首やら腕やら洗っておしぼりで拭いて(オッサンみたいに)、
ハーブウォーターばしゃばしゃつけて予防しています。
夏の間は、私がヨレヨレの顔をしていてもご容赦ください。

アーユルヴェーダの体質論でプラクリティがピッタヴァータ。
ピッタ(火)が強いので暑さが苦手です。
ヴァータ(風)もあるのでクーラーも苦手です。

お客さんと野菜の話をします。
暑いとつい温度で冷やそうと、冷たすぎるものを摂りすぎになりますが、
夏の野菜が持つ、身体の熱を冷ます性質を上手に取り入れて、
必要以上に「冷やさない」ようにしましょう。
ヨーガでも呼吸法で気化熱の作用で身体を冷ますものがあります。

最近「氷抜きで」飲み物をオーダーされる方も増えてきました。
対応しております。
[PR]
by saporterK | 2014-07-17 23:47 | Comments(0)

台風

南プスでも雨量が少ない在家塚。
ニュースの天気図で見ても、大概ポッカリ雲間があいているところ。

原七郷も昔は御勅使(みだい)川だった場所なので、何度と
氾濫を経て次第に川が移動し、こうして社会の教科書にも載る
3大扇状地の1つとなりました

…という話を、長野で生じた土石流のことからお客さんとしていました。
旧・白根町で水害といったらむしろ水が無さ過ぎて困るほうが多い。
そこそこ山から離れているし、川も遠い、となる国道沿いエリア。
我が家やお店がある辺り。

お店の建物の北隅から駐車場まで、実は高低差が70cmくらいあります。
扇状地とは、そのくらいな、緩いけど確実な「坂」。
ですから浸水被害というのが非常に少ない。
傾斜が緩いから鉄砲水にもなりにくいし。
全部、更に南の地域へ流れていっちゃいますからね。

代わりに石がゴロゴロの痩せた土地ですから、果物エリアには、
なるべくしてなり、なるしかなかった、という現実があります。
それでも飯野地区辺りへ行くと、昔は田んぼがあった(し、まだある?)。
道のあっちとこっち、というだけで違うものです。

さて台風ですが、お店を閉める時間くらいには風もありましたが、
終日平均して普段の「今日は本降りだね」が数回あったくらいで、
降ったり止んだりを繰り返していました。
これから未明にかけてどれくらいになりますか(12:30am現在)。

明日の開店時刻の頃には抜けているようです。
お店は普段通りに営業します。お越し下さい。
[PR]
by saporterK | 2014-07-11 00:26 | Comments(0)

休みです

嬉しい事に、W杯準決勝と重なった定休。

常に、ドイツ(現世代と監督のヨギが好き)、イタリア(前世代が好き)、
ギリシャ(伯母が長く住んでたから身近)を贔屓しておりまして。
世代交替しても好きなのはドイツ。
今回は前回輝いた選手以外の、前回サブだった選手達の活躍も
かなりあって、暫く楽しめそうです。

今日はシュールレの2点目が素晴らしかった〜。
前大会に少しずつ出場した子達の、羽化した感じが微笑ましいです。
ヨギは着々と若い子達に経験をさせて、上手く新陳代謝できるように
しているのかもしれませんね。

若い子の活躍で出場機会が減ったとはいえ、ベテランのクローゼも
ゴール数トップに躍り出て、良い記録を残した功績が素晴らしい。

ドイツには、ネイマールほど突出したスターはいないけど、逆に
サブを含めた全員のレベルが高く保っているから、誰かひとり欠けても
補充できる安心感があるように感じます。

この半月は、集中講義や学会と重なって、まともに試合を観られず、
ネットで画像や動画を探しては断片的にチェックしていたので、
リアルタイムで観られてちょっと解放感。

最後に1点入れられちゃったのはつまらなかったけど、前回大会の
対アルゼンチン戦より点差が開いてビックリでした。
これまでスペインの異名だった無敵艦隊、今大会はドイツに当てたい。

次ぎの準決勝のオランダとアルゼンチン。
バイエルンという括りで見たら、ロッベンがいるオランダを応援したい。
今大会のオランダの勢いはすごいし、決勝での闘いを観たいです。
三位決定戦で南米対決、というのも見応えあるかもしれないし。

いやいや、とにかくドイツ!なにはともあれドイツ!
[PR]
by saporterK | 2014-07-09 08:32 | Comments(0)

プチカフェイン断ち

喫茶店をしながら、なかなかできません、カフェイン断ち。
学会遠征中は、いとも簡単にできました。
摂る水分は殆ど水で過ごしました。
帰りの電車中で紅茶を飲んで終了。

ここ2日は、疲れと外食続きだったりして、脚のむくみが取れず、
足全体が熱っぽくて難儀していたので、お友達ブレンドの漢方茶、
巡りを促すハーブティーを飲んでいました。

足もむくみが取れ、内臓も休まり、落ち着いてきました。
今日は午前中に出張ヨーガセラピークラスでした。
会場はお友達のアロマサロン。アロマテラピストのお友達なので
「なんかちょっとお疲れ気味だね〜」だった開始前。
しかし指導しながら自分でも「今、ここ」への意識を以て行なって、
終了したら「なんか目の辺りがすっきりして元気になったね〜」。

自分で言うのもなんですが、ヨーガセラピー良いです。
私はアイソメトリックスで充分に汗をかける女ですが、パワーヨーガ
などの肉体系に比べると、爽快感や達成感を求めるひとには
物足りないかも。
しかし自分で自律神経を調え、心の働きや思考の早さを調整し、
真の健康(肉体的、精神的、社会的、霊的に健康であること)を
目指す上で、ヨーガのマインドを養っていくのが大切。
クラス、といっても、実際は自分が最も楽しんでいたりして…。

クラスの後で、お友達が用意していてくれた水出しハーブティー
(今日はハイビスカスとマロウに梅酵素シロップをプラス)を
頂いたら、まさに乾いた土に一気に水が染み込む勢いで
ぎゅんぎゅん吸収されていきました。

アーユルヴェーダではハーブやスパイスを水出しさせた浸液を
「ヒマ」といいます。
フレッシュでもドライでも、ハーブを冷たい水に浸して数時間〜一晩。
例えばミントが入ると普通ハーブティーはシャキッとしますね。
しかしヒマにすると、まろやかで柔らかく甘い水ができます。
ミントをアップルミントやオレンジミントにすると一層甘味がでます。

こういうのを飲むと、まずペットボトルの清涼飲料水が一切不要。
天然の、まさに清涼たる飲料水ができますからね。
サッパリさせたかったらそこへレモンを数切れ。これで充分。

何も健康オタクで言うのではありません。
今では簡単にハーブは手に入るし、ミントみたいに強い品種なら
簡単に育ちます。
そうやって目の前にある物で、簡単に、美味しく、安く、安全に
自分を癒してくれるものが作れるのだから、勿体ないと思うのです。

コーヒーも、インスタントもあるしコンビニでも飲めます。
でも、単なるカフェイン投入ではなくて、お湯を湧かしたりする
準備の時間、ゆっくり丁寧に淹れている時間、そういう
目に見えない楽しみや五感を通して取り入れている何かが、
コーヒーや紅茶好きにさせ、飲みたいと思わせているのだと感じます。

漂白剤や化学的な糊を使ったカップに注がれるコーヒー。
熱によって溶け出るケミカルな成分を使った容器で飲む
コーヒーは、本当に美味しいでしょうか?
自動に出てくる機械の、部品を毎日分解して洗っているでしょうか?
その水は(南プスならまだしも)浄水しているでしょうか?
コンビニのコーヒーを否定はしないけど、味よりも私は
使われる容器に抵抗があります。

コンビニでパッと買って車の中などで飲まなくてはいけないほど、
私達の生活は何に急かされているのでしょう。
[PR]
by saporterK | 2014-07-07 23:45 | Comments(0)

世の中は、

何が起きていたんだろう…と、未だよく把握できていません。
が。
日常を生きる中で、知らなくても良い情報のほうが多いのではないかと
体感しています。
そこまで頻繁にネットをチェックする必要もなくて。
そこまで情報を深追いする必要もなくて。

自分が見る世界は小さくコンパクトになるけれど、私が世界を
動かすわけではない。
世界よりまず自分の身近にいる人達との関係性のほうが大切。
足元を見ずして遠く向こう側なんて見ていても仕方が無い。

テレビも新聞もなくてもまぁなんとかなっているものだし、ネットも
なくても実はさほどでもない。

尤も、アーユルヴェーダ合宿も学会も、1日のスケジュールが
とてもタイトだったので必然的に他のことをする余裕がなかったので
当然なのですけれども。

1週間の日常を挟んで、少し外部との接触を断った状況を過ごして、
自分の足元はどうなっているのだろう、など考える機会になりました。
そのうち元へ戻っていくでしょうけれど、時々はネットやテレビのプチ断食
するようにしたいと思います。
[PR]
by saporterK | 2014-07-06 21:15 | Comments(0)

再び旅から戻りました。

7/3〜5、多治見へ行ってきました。
saporterKの仕事の1つ、ヨーガセラピー(ヨーガ療法)で、
第12回(社)日本ヨーガ療法学会研究総会に出席するためです。

毎年主にYTIC(Yoga Therapy Instructor Course)卒業生の
症例報告ですが、毎回国内外の専門家による講演を聴講します。
医療系大学などの教授、名誉教授といった、一般のイントラでは
勉強できないことを、私達ヨーガ療法士は勉強していきます。
今回の大テーマは「脳科学からみたヨーガ療法」でした。

2日間に渡って、缶詰になってひたすら講演で学び、症例報告で
学び続けてきました。頭が再びギュウ詰めになっています。

これまでは学会を挟んで半日〜1日の自由時間をくっつけて
旅程を組んでいましたが、今回「どうも多治見の観光シーズンから
外れているようだ」し、交通機関の兼ね合いで距離感や時間が
読めず、自由時間をだいぶカットしました。

すると結構気持ちも身体も慌ただしくて、あわあわしました。
直前に「名古屋で観光か」と思い直し、徳川園、徳川美術館、
熱田神宮へ寄ってきました。
しかしいずこも滞在時間は短く、場所確認した感じでしたが、
本降りの中で散策する徳川園などは、人も殆どおらず独り占め状態。
自分も少し濡れたものの、緑が香る雨の中を満喫できました。

名古屋はともかく多治見や宿を取った土岐などは、田舎度では
こちらの甲斐市くらいな印象だったので、どうも県外へ出ている感覚が
薄く、何度も「山梨でもこんな感じだよ」と言っていました。

あっという間の3日間でした。
W杯のドイツーフランス戦も、疲労と眠さに負けて、ちょうどふと目が
醒めた時に試合終了して結果だけチェックして喜んだり。
将棋の棋聖戦と学会が重なって、ニコ生に入れず、帰りの電車の中で
中継ブログ観たり。

先月下旬に加えて今回の遠征と、私にしては長距離長旅が続いたので
毎晩テンションを戻すのに難儀しました。
長時間座り続けですし、食事もいつも通りではないし、という旅に
ありがちな状況にいたので、腰痛やら神経痛やら、健康について
お勉強に行きながら、過酷な状況での自分の反応までも観察分析する
良い機会になります。

さてこれで長期の遠征は終わりました。
通常モードに戻ります。
学会後に慌ただしく歩きまくってから電車に飛び乗ったので、
足がパンパンです。それが旅土産?
[PR]
by saporterK | 2014-07-06 02:10 | Comments(0)