南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明日の営業時刻のご案内

明日(1/19・火曜)の営業は、
都合により、お昼12時30分からとさせていただきます。
ご了承くださいませ。
[PR]
by saporterK | 2016-01-18 23:34 | Comments(0)

成人式。

長くお店をしていますと、私達もお客さんも、変化します。
開店当時、セーラー服だった私も、今はその年頃の子供を持っていても
おかしくない歳になりました。

お客さんの子供世代も、次々と成人となって社会へ羽ばたいています。
もう「お母さんのお腹の中で、細胞分裂していた頃からの付き合いだよ」
という子達もいますから、独身の私までもがなんだか母親気分…が
言い過ぎなら「近所のおばちゃん気分」満々です。

自分が年齢を重ねていることにはとても鈍感なのに、周囲の変化は感じる…
好い気なものです。
同じ女性として、お仕立てでもレンタルでも振り袖を着て成人式に
参加する女の子は、見ていても可愛いな、と思います。

事前に誰かから「こういう時は袖を、裾を…」と教わったかもしれませんが、
振り袖自体が日常着ではない以上、実践はぶっつけ本番。
食事する際にどう振る舞うか、頭で分かっていても緊張はするでしょう。

ゆっくり慎重に、いつもより軽めのひとくちで食べていく姿は、自然と
背筋がそれなりに伸びるものですし、手の動きもたおやかです。
それが可愛い。初々しいというか。微笑ましいというか。
そういう、ちょっといつもとは違った新鮮さのドキドキを、普段も忘れずに
行動に意識してほしいな、と思います。私などは自省すべきですが。
人のふり見て我がふり直せ。

私は大学の試験期間でもあったのと、地元に友達がほぼいないので
成人式だけのために帰省もせず、振り袖も着ず、写真も撮りませんでした。
今となっては勿体なかったかな。
[PR]
by saporterK | 2016-01-11 00:16 | Comments(0)

3連休って。

カレンダーを眺めていると、世の中は休みが多いものだなぁと思います。
お正月休みが短くても、この3連休があったら、ちょうど仕事始めからの
緊張を解くにはいいチャンスでしょうね。

すっかり連休というのを失念しておったので、特に違うわけではないけど
普段の土曜日とはお客さんの流れが違うな、と思って初めて
「あぁそうか」と気付きました。
不思議な気分。

旗日と無縁なものですから、一応お知らせ。
ジョージはカレンダーの赤い日に関係なく、毎週水曜休みです。
旗日も営業します。
でも水曜が旗日の時は休みです。営業しません。

とにかく「毎週水曜定休/それ以外は営業」にブレはありません。
よほどでない限り、臨時休業もしません。
臨時休業や、その日の営業時間の変更などがありましたら
ブログでお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。

働き者というより「いつも通り」であることの安定感、安心感が
1番心地よいからです。
[PR]
by saporterK | 2016-01-09 22:43 | Comments(0)
3日。年明け最初の営業、第一号のお客様。
ご夫婦と思われます。
毎年だいたい「いつも3日から営業している」とご存知の常連さんが
一号ですので、今年は珍しいです。

ご来店されて開口一番。
「ここは建物を建て替えましたか?」

私は厨房でケーキを作っておったので、大同小異でそこだけ聞こえました。
特に周囲の様子が変わったのはここ5、6年ですから、それ以前にお越しに
なったことがお有りかもしれません。

確かに、くろがねやの建物こそ残っていますが、病院も薬局も出来たし、
小児科が入ったことで一部テナントの外観も異なっていますし、
道向かいのパチンコ屋は「農家の店 大地」に変わって、現在造成中の
土地はクリーニング屋さんと小さなサクランボ畑でした。

「記憶と風景が全然違って、グルグル探しました」と
それでもご縁があって辿り着かれたそうです。嬉しいですね。
仲睦まじく画集をご覧になったり話をされたり…
見ていなくても感じる和やかな空気感に、私も心がじんわりしました。

今日お越しの方も「実は初めて来たのは20年くらい前に、知り合いが
連れてきてくれた時で、記憶を頼りに」辿り着いて下さった、少し前から
私達の記憶の度合いが「常連さん」にアップグレードされたお客さんです。

10年以上ぶりくらいの方になりますと、建物と店内が「変わった」と
十中八九が仰るので、逆に私達が驚くのですが…
「いえ、うちは何も変えていませんよ」

私達は毎日何時間も過ごしているので、経年変化にあまり気付きません。
しかし壁板の赤松は、開店当初は赤さが薄いのに強烈な感じがしていて、
何年かはポスターも張らずピンも刺さず、全体が一様に落ち着いた赤、
錆びたような赤になるまでは、割と目に見えて変化した記憶があります。

それ以外の、特に器は貫入に渋が入って良い具合になったのを除けば、
私は艶の変化に殆ど気付いていませんでした。
食器類も、久しぶりの方がご覧になると「替えましたよね?」に見えるようです。
家具類も一切入れ替えていませんが、何人ものお客さんのほうが頑として
「いいや、絶対に違う家具だ」と主張されるくらい変化したということですね。

ひとつ「経年変化」の点では、
「開店当初はセーラー服だった私も、その親世代に変化しました」と
今となっては自虐ネタみたいになっていますが、お客さん達も
独身から既婚へ、若者から夫や妻になり、父や母になり、ジジババになり、
それぞれの変化をされて今またこうしてお店の中で、時間が交差する。

店内に満ちている「時間」を感じました。

もうずっと足が遠のいていて来づらくて…と仰った方もおられますが、
私達は、いつも「ここに居る」。
いつも「毎日、コーヒーを淹れて、しゃべっている」だけです。
お客さんの流れは変わっても、私達が「ここにいる」ことだけは変わりません。

いつも、水曜以外は、ドアは開いています。
午前11時〜午後8時(L.O.7時半目安)、いつでもどうぞ。
何年も遠のいていらっしゃる方こそ、私が学生で不在中だった時代のことを
伺いたいのです。是非。お越し下さい。
[PR]
by saporterK | 2016-01-04 23:29 | Comments(0)

迎春

皆様、新年おめでとうございます。

3日より2016年の営業を始めます。

今年もコーヒーショップ・ジョージをよろしくお願いします。
[PR]
by saporterK | 2016-01-03 00:33 | Comments(0)