南アルプス市のジャズ喫茶より日々の出来事を。

by saporterK

<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

やっと

お店に終日いたのが久しぶりの土日でした。
そして土曜日、パン耳作戦が実を結びまして、セキレイが来てくれました。
見ている鳥でも、どれが誰かよくわからないことも多いので、
あるいは間違えて覚えている可能性が高いので、
常連さんに「あれ!あの子!誰ですか!」と
ちょんちょん食べている姿を指差して、カウンタの中から叫んでいました。

無事、セキレイの姿と名前が一致しました。

なんで田舎に住んでいてそのくらいのこと、という感じですが、
昔から「声はすれども姿は見えず」と「姿は見えるが啼きもせず」の
タイミングばかりだった(原因はそもそも木の枝の奥で啼いていたため)のと、
私が誰かのガイドでバードウォッチングをする、という鳥の楽しみに
あまり興味を向けてこなかった(ゆえに図鑑も見なかった)ため。

概ね鳥は好きです。猛禽類と小禽類が好きです。
でもそれは「近くにいて親しむ」のが好きで「遠巻きに眺める」のとは
ちょっと違う。
子供の頃、我が家にはものすごい数のインコがいました。
よく見かける黄色や水色の、愛らしい子達。
インコ小屋と向かい合ってクジャク小屋があって、チャボとか茶色くてキレイな
鳥が同居していました。
つまり「鳥=触れ合うもの」のイメージが強いためでしょう。

今ものすごくクジャク再び感が沸き上がっていて、
アーユルヴェーダの先生が「庭で放し飼いしてる(もちろんインドで)」と
聞いて「そうだ、だってテリトリー狭くて基本穏やかなんだから、一応
敷地内にさえ居たら放し飼いとは言わないよな、日本でも」と
思っていました。でも昔ちょっと田舎では「ペットにクジャク」って
普通だったのですが、今は繁殖させるどころか飼っている家もいなくなりました。

で、私のクジャク熱はともかく、小禽類はいつもお店の植木にとまっているので、
少しだけより近くで眺められたらと思いました。
広いといっても小屋は小屋。
広いどこかから、不意に訪ねて来る姿の伸び伸びした様子を、そっとお店の中から
見ていたい。

この土日は暖かいくらいの陽気。
食料確保なら、畑のほうが虫とかたくさんいて、きっとご馳走です。
今日はムクドリが1羽。

私がお店にいない日は、そもそも生き物好きのマスターが代わりに撒くはず。

なので、お店の入り口前に置かれた壺やブロックの上にパン耳が
散乱していても、目をつむって頂けるとありがたいです。

あるいは、しゃがみ込んでパン耳をそぼそぼ砕いては、ニヤつく私が怪しく
背中を丸めていても、見なかったことにしておいていただけると…

[PR]
by saporterK | 2017-01-29 23:55 | Comments(0)

転がるかのような光陰

光陰は転がるものではないし、転がるほどの光陰はさほど早くはない…
のかもしれませんが、瞬きしている間に今月も下旬です。

年末、親戚に不幸が出て、大掃除もその合間を縫って行ないました。
年始は主にマスターの体力の回復待ち。
などと言っている間に今月も下旬です。

色々と日の経つのが早い…と言っていると「歳だね」と言われる始末。
その私は少し先の不惑を前にして、ホントに惑わずにいられるものなのか、
否、いられるように過ごしていかねばならぬな。
ということを考えている間に今月も下旬です。

年末年始を挟んで、ジョージに変わったことと言いますと、
厨房のガス台を新しくしました。
ドリップ用のガラスのサーバーを新しくしました。

昨年を振り返るに、新しく常連さんとなって下さるお客さんもいらして、
様々なご事情で遠くなる方もいらして、小さな変化が生じています。

同じ、ということはいつもない。
毎日が同じようだけど、毎日が異なる1日。

暇な時間帯、お店の前に置いてある壺に南天に似た紅い実をつけた枝を
自宅から切り出して飾っているのですが、いよいよ大寒を過ぎて柿などが
なくなったためか、鳥が競って啄みに来ていました。

ひょいひょいと10粒ほども飲み込んで、はい、次の方。
ヒタキの仲間など3種ほどの鳥を眺める季節。
しかし、まだ実が残っている枝を、母上が撤去。
アテが外れたヒタキ。

パン耳を細かくちぎったのを、壺の下へ置いてみました。
警戒しているかもしれないと、夏椿の根元にも。

今日は間に合わず、その後どの鳥も来ませんでした。
こういうのは根気が要るようですね。

なので、お店の入り口にパンが風で飛ばされて転がっているかもしれません。
鳥のため、と思ってご容赦くださいませ。

[PR]
by saporterK | 2017-01-22 23:02 | Comments(0)