三昧。

南プスに生まれ育ちながら、未だ十日市には行ったことがないと言って
会社のスタッフに驚かされましたが、さてこの週末みなさまは十日市に
行かれたでしょうか。

今日はかなり寒かったですし、西の山が一帯しぐれていたので、
お客さんも開口一番「今日は寒いじゃんね〜」が多かったです。
ぜひウォームシェアしにお越し下さい。

さて、ここのところ定休日が定休なので、続けて映画館へ行っています。
お店ではない仕事を若干増やしている期間なので、やはり休息は必要。
そして目の保養と心の保養も。
映画にDVDにテレビと、常になく映像三昧。

今日も新聞に好きな俳優の写真つき記事が載っていて、
即ハサミで切り取る…そんなこと、W杯でドイツが優勝した時に
切り抜いて以来です。

私の趣味は粛々と偏愛の傾きが怪しくなっていきますが、
最近の癒しとして、パン耳を置いて鳥を待つという行為。
やっと個体差が分かるくらいに、鳥たちの滞在時間が増えまして、
鳥も見られているのを自覚しながら食べているのが観察されます。

ヒヨドリの、最初にパン耳を得た子には勝手に命名したのですが、
今日、別の子を目視確認して、さてこれでまた命名したもんかと思いつつ
眺めては「まだ食べる?要る?」と、ついに声がけを始めてしまいました。

テレビでも鳥類を眺めています。BS国営でフクロウの番組を放映していました。
メインはカラフトフクロウでしたが、アナホリフクロウやスズメフクロウが
ポッチリと小さくて愛らしくて、萌え。

私の好きなドイツの女性カメラマンが、ジャーマンシェパード・Ingoと
アナホリフクロウ・Poldiをメインに、その他の猛禽類の写真をサイトに
載せていて眺めています。ingoundelse.de
FBではほぼ毎日眺めて目を細めています。

[PR]
# by saporterK | 2017-02-11 23:30

個人的作業。

お店の合間
カウンター席の隅でガタガタと個人的作業をします。

遠方の友達への手紙(女の書く内容は秘するがよし)とか。
ヨーガ療法体験会の資料作りとか。
マスターの年賀状作りとか。

カウンターの中はとても足元が冷えるので、作業とは別に
たんに足を温めるためにストーブの前で四次元を見つめながら
突っ立っていることもあります。

あるいは暖炉の前に座るばあさんよろしく椅子にかけて、
ストーブの前を陣取って、編むか縫うか読むか。

今日は、昨日が定休だったので映画を観てきて頭がホットなので、
ミーハーに、好きな俳優の画像やらなんやら見て血圧を上げていました。
世の中には、せっせと画像をあげる方達がたくさんいるので、
私はただそれを見つけて眺めるだけで楽しめる…

ドイツの雑誌に載ったカメラマンのサイトにあった画像などは、
映画の宣伝でもないし、最近ゲームのポスター用にキャラ姿で登場して
それもまた素敵♡とか思うけどもそれとは関係ないようなのに、
なぜか衣装がマッドマッ○スっぽいデスな感じとメイク…ムラムラな感じ…
が、また渋くて素敵〜♡とか。。。

私にもミーハーの残滓が残ってました。

…というくらいに、今日はお客さんの間が長かったので、1本書き物をして、
本の続きを読んで、ミーハーになっていました。

たぶん、完全週休二日制じゃなくても、そういう細切れのお楽しみを
1週間分繋げたら、半日くらいにはなるんじゃないかしらん…
だから私の休みは週に1.5日、という認識でいます。

しばらくは、スマホ画面を目にしてニヤニヤしていたら、
「あー、また好きな俳優眺めてんな」くらいで受け流していただきたく。。。

[PR]
# by saporterK | 2017-02-02 22:31

やっと

お店に終日いたのが久しぶりの土日でした。
そして土曜日、パン耳作戦が実を結びまして、セキレイが来てくれました。
見ている鳥でも、どれが誰かよくわからないことも多いので、
あるいは間違えて覚えている可能性が高いので、
常連さんに「あれ!あの子!誰ですか!」と
ちょんちょん食べている姿を指差して、カウンタの中から叫んでいました。

無事、セキレイの姿と名前が一致しました。

なんで田舎に住んでいてそのくらいのこと、という感じですが、
昔から「声はすれども姿は見えず」と「姿は見えるが啼きもせず」の
タイミングばかりだった(原因はそもそも木の枝の奥で啼いていたため)のと、
私が誰かのガイドでバードウォッチングをする、という鳥の楽しみに
あまり興味を向けてこなかった(ゆえに図鑑も見なかった)ため。

概ね鳥は好きです。猛禽類と小禽類が好きです。
でもそれは「近くにいて親しむ」のが好きで「遠巻きに眺める」のとは
ちょっと違う。
子供の頃、我が家にはものすごい数のインコがいました。
よく見かける黄色や水色の、愛らしい子達。
インコ小屋と向かい合ってクジャク小屋があって、チャボとか茶色くてキレイな
鳥が同居していました。
つまり「鳥=触れ合うもの」のイメージが強いためでしょう。

今ものすごくクジャク再び感が沸き上がっていて、
アーユルヴェーダの先生が「庭で放し飼いしてる(もちろんインドで)」と
聞いて「そうだ、だってテリトリー狭くて基本穏やかなんだから、一応
敷地内にさえ居たら放し飼いとは言わないよな、日本でも」と
思っていました。でも昔ちょっと田舎では「ペットにクジャク」って
普通だったのですが、今は繁殖させるどころか飼っている家もいなくなりました。

で、私のクジャク熱はともかく、小禽類はいつもお店の植木にとまっているので、
少しだけより近くで眺められたらと思いました。
広いといっても小屋は小屋。
広いどこかから、不意に訪ねて来る姿の伸び伸びした様子を、そっとお店の中から
見ていたい。

この土日は暖かいくらいの陽気。
食料確保なら、畑のほうが虫とかたくさんいて、きっとご馳走です。
今日はムクドリが1羽。

私がお店にいない日は、そもそも生き物好きのマスターが代わりに撒くはず。

なので、お店の入り口前に置かれた壺やブロックの上にパン耳が
散乱していても、目をつむって頂けるとありがたいです。

あるいは、しゃがみ込んでパン耳をそぼそぼ砕いては、ニヤつく私が怪しく
背中を丸めていても、見なかったことにしておいていただけると…

[PR]
# by saporterK | 2017-01-29 23:55

転がるかのような光陰

光陰は転がるものではないし、転がるほどの光陰はさほど早くはない…
のかもしれませんが、瞬きしている間に今月も下旬です。

年末、親戚に不幸が出て、大掃除もその合間を縫って行ないました。
年始は主にマスターの体力の回復待ち。
などと言っている間に今月も下旬です。

色々と日の経つのが早い…と言っていると「歳だね」と言われる始末。
その私は少し先の不惑を前にして、ホントに惑わずにいられるものなのか、
否、いられるように過ごしていかねばならぬな。
ということを考えている間に今月も下旬です。

年末年始を挟んで、ジョージに変わったことと言いますと、
厨房のガス台を新しくしました。
ドリップ用のガラスのサーバーを新しくしました。

昨年を振り返るに、新しく常連さんとなって下さるお客さんもいらして、
様々なご事情で遠くなる方もいらして、小さな変化が生じています。

同じ、ということはいつもない。
毎日が同じようだけど、毎日が異なる1日。

暇な時間帯、お店の前に置いてある壺に南天に似た紅い実をつけた枝を
自宅から切り出して飾っているのですが、いよいよ大寒を過ぎて柿などが
なくなったためか、鳥が競って啄みに来ていました。

ひょいひょいと10粒ほども飲み込んで、はい、次の方。
ヒタキの仲間など3種ほどの鳥を眺める季節。
しかし、まだ実が残っている枝を、母上が撤去。
アテが外れたヒタキ。

パン耳を細かくちぎったのを、壺の下へ置いてみました。
警戒しているかもしれないと、夏椿の根元にも。

今日は間に合わず、その後どの鳥も来ませんでした。
こういうのは根気が要るようですね。

なので、お店の入り口にパンが風で飛ばされて転がっているかもしれません。
鳥のため、と思ってご容赦くださいませ。

[PR]
# by saporterK | 2017-01-22 23:02

あと少し。

世の中は3連休。
みなさまはクリスマスでウキウキでしょうか。

もともとクリスマスに関して何もしない家なので、
世の中の浮かれ気分からはいつも離れています。
今週の定休日には、植木の刈り込み作業をしたので、
父娘で「筋肉痛が取れん…腰が痛い…」などボヤいています。
私はともかく、マスターはしばらく疲労が残るでしょう。

テレビで定番すぎるほどのクリスマス曲が流れますね。
山下達郎とか竹内まりやとかマライア・キャリーとか。
マライアはちょっと違うけど「バブルっぽい選曲」という話で
バブル世代の人と「クリスマスといえばの曲」について
盛り上がりました。

が。
基本的にクリスマスといえば「ハレルヤ」とか「諸人こぞりて」とか
まぁどこ卒業かわかるような宗教曲のほうが馴染みがあるので、
ポップス曲アレンジされたものってよく知らないです。

でも。
ジャズアーティストの奏でるクリスマス曲、いいですよね。好きです。
お店には何枚もあるわけではありませんが、お勧めは
エラ・フィッツジェラルドの若い頃のクリスマスCD。
2日間くらいは流す予定です。

あとはナット・キング・コールやビング・クロスビーなど
昔のアーティスト達の曲を集めた1枚も。

ジャズではないのでお店では合間にしか聴きませんが、
私の定番はアンドレア・ボチェッリの歌うクリスマス曲CD。

中学高校と、全校生とOGが集まって行なうクリスマス礼拝では
全員が讃美歌やクリスマス曲を歌いまくって、大層荘厳な感じがしました。
私は卒業後は不参加ですが、クリスチャンではなくても、あの雰囲気は
好きだったなぁと思い出します。

祈りや讃歌というのは、どの宗教においても人の心の奥に届きますね。
サンスクリット語のマントラも。
般若心経や御詠歌も。

静かに穏やかに、家族や友達と1年を過ごしてきた日々に想いを馳せて
この週末を過ごしたいですね。

ジョージの年内営業は27日までです。
年明けは1月5日(木)から営業が始まります。


今年もあと少し。

[PR]
# by saporterK | 2016-12-24 00:54