香り

お寺さんの会合帰りのお客さんから「沈香」を戴いた。お焼香で使う物よりは粗く、香道で使う物より細かい。戴いても自宅で焚くわけにもいかないので、お仏壇の中に、封を開けて置いておこう。

沈香にも種類があるが、どこのお寺さんでも大体共通した香りなので、今日も戴いてから「あぁ、これぞお寺さんの香り」と1人鼻をふがふがさせていた。お能で天女が現れる時「異香薫じて花降れり」というくだりが出てくる。天上界の香りが沈香というには少々並みすぎるような気もするが、子供の頃からわりと「お寺の香り」は好きだった。天女はいまだに舞い降りてはこないが、何か普段の現実の生活とは一線引いた香りのイメージがあったのかもしれない。

で、なぜか仏式の結婚式の話になった。その場限りの俄クリスチャンにはなりたくないし、人の前で誓うというのも何だか心もとないような気もしていたけれど、仏式、何やら新鮮な響き。聞いたことはあったが見たことはないし、未知の世界だから新鮮に思えるのだろう。指輪交換も昨今ではするそうだが、基本的にお数珠交換。厳粛さを実感する点では仏式が一番ありそうだ。着付けや花嫁姿での近所へのごあいさつ、披露宴会場への移動など手間と面倒がかかるのを除けば仏式結婚式って良いかも。信仰心のなさについては俄クリスチャンになって「誓います」と言う人々と何ら変わりはないが、考え方の有り様については勉強して自分に合っているのがどちらかくらいはわかっているので、そういうイベントの時も考慮に入れるのも大切かもしれない。

着物姿で、茶道は別にして、大抵の女性は香袋を袂に入れていただろうけど、最近そういう人に殆ど出会わない上に、和モノの香りが似合いそうな特に若者って少ない気がする。和服に香って「艶っぽい」「色っぽい」「大人」なイメージがあった。香水同様、香りと体臭が合わさって「この香り=この人」という個性が出ることを思うと、私はどんな香りが似合うだろう。ただいまお店に出ない日はJaguar。風呂敷やレターセットには、薫玉堂で買った「せせらぎの香り」というお香を引き出しに入れてある。どちらも爽やかな青のイメージ。甘い香りは私キャラではないから。似合っているかはわからないけど。

飲食店ゆえに止めた習慣。爪を伸ばしてマニキュアを塗ること、香水をつけること。この2つは学生時代に5センチヒール同様マストアイテムだった。止めた代わりに、出掛ける時に特に香水をつけると気持ちが切り替わってよろしい。以前は同じ香りを纏っていることが重要だったけど、今はちょっとした特別感を味わうようでそれも面白い。その点、お寺さんは抹香臭いと言われようとも常に同じ香りでなくては。
[PR]
# by saporterK | 2006-02-18 00:52 | Comments(0)
J-WAVEのJAM THE WORLDで「メタボリックシンドローム」について。男性ウエスト85cm以上女性90cm以上がひとつの目安。ほぼキャパが決まっている内臓につく脂肪によるため身長比とは別なのだそうだ。我が家は家系的に、判っているだけでは今までそんなウエストになった人間は皆無なので、肥満もメタボリックシンドロームもあまり切迫した問題ではなさそうだが、生活習慣病と無縁だと胸を張れるほどでもなさそうなので、そのまま聞いていた。

仮にウエストの数値が引っかかったら、まずは現体重のマイナス5%を目指すべしということだ。(ただしこれは体脂肪の肥満改善ではなくあくまでメタボリックシンドロームに関しての話)。

丸元淑生「悪い食事と良い食事」「豊かさの栄養学」でも、まだメタボリックシンドロームと言う言葉が浸透する前だったけれど、「空のカロリー」をいかに減らすかという点を重要視しており、「過栄養をやめる」点で同じである。昨今の野菜や果物にはグラム当たりの栄養含有量が昔より減っているとはよく言われているだけに、いかに効率よく無駄なカロリーを減らして多くの有効な栄養を取るかが課題だ。
ストイックになる必要はない。肉や魚、甘い物に脂っぽいもの。そういうのが好きなら量と回数を今より減らして今より動けば良いのだから。

たまたま今朝ディスカバリーチャンネルで「ローカーボ(低或いは断炭水化物)ダイエット」についての番組をみた。私は以前胃痛で図らずも炭水化物と脂分を取れずにいて激やせしたが、体験的によほど気をつけないとむしろ体に悪い。ともかく被験者はきちんと方法を守って実行したが、グズグズ文句を言ったり言い訳が多くてしまいには好きな物が食べられずに泣き出したりして、実は痩せる気なんてないんじゃないかと思ったくらい。結果的に被験者は痩せなかったが、痩せた人々はまずまず健康そうであったが、ずっと続けなくてはならず少なからぬストレスを抱いている印象があった。

健康の為に痩せようと思ったら、その「今より少し減らす」ことは厳密に守るべきであり、そうしなくては何の意味もないので、ストイックになる必要はなくても、自分に厳しくなる必要は大いにある。そう思いながらラジオを聴いていた。外見上とは別に、健康上痩せなくてはならない必要がない今を保っていようと思う。なによりも、今「痩せたい」と思っているなら「何の為に」というのを明確にすべきだ。一言で痩せるといっても目的は色々、対処も色々なのだから。
[PR]
# by saporterK | 2006-02-17 00:01 | Comments(1)

区切り

本日定休日。
母上の実家へ。叔父が亡くなって丸3年なのでお墓参りへ。そうか、もう3年か。人は遥か古代から「3」という数字が好きだが、気持ちの上でも区切りがつき始める点でも同じかもしれない。

お寺から戻ると、従兄弟達のアルバムを見て興じる。母方の従兄弟達はみんな子供の頃から殆ど顔が変わらないが、私は「誰これ?」と、彼らと一緒に写った自分を指差す有り様。二目と見られぬほどではないけど、かわいくない。従姉のアルバムを見て、私が背丈を越すまでお下がりを着ていたのを思い出し、少し切なくなる。でも七五三で着た着物の柄とか、わりと覚えているもんだ。2時間ほど盛り上がっていく。

母上の実家への途中に、道の駅とよとみがある。今年で8周年だそうで、おまけに真空パックの茹でとうもろこしを貰い、くじ引きで塩味クラッカーを貰う。野菜を買い、紫芋ソフトクリームを食べ、南部茶を飲み一息つく。アイスを食べながら店内を見ていたら、もうすでに野菜は殆ど売切れいてるけど、客足が絶える事なく循環している。ウリのシルクパウダー入りソフトクリームを買う人もいるし、それぞれ楽しんでいる様子。道の駅が乱立しているが、ここはほぼよろしく運営されているように見える。地元メディアを賑わせているだけに、良いイメージを死守してほしい。豊富村も、もうすぐ合併して村としては区切りがつく。

帰り道、今度は我が家のお寺さんへ。来週は祖父が亡くなって丸10年。その前にもう一度草がないか汚れていないか見に行く。お墓の敷地に植えた椿の実が、たくさん落ちている。母上は「お寺さんでなければ持って帰って植えるのになぁ」と未練たらしい。ひとまず枯れ葉を取ったりして帰る。10年、色々あったなぁ、と感慨も深く。
[PR]
# by saporterK | 2006-02-15 16:44 | Comments(0)
本日の山梨日日新聞、芸能欄。私を知る人は「芸能欄?」と首を傾げるかも知れない。めくっていたら佐藤浩市が写っていたから手を止めた。何年か前にテレビ東京のお昼の時代劇アワーで、ずいぶん若い頃の佐藤浩市が出演していたのを観たことがあった。松尾芭蕉の旅を影から守る役で、最後は必ず一句紹介されて終わるという、知的な時代劇だった。今よりずっと顎のラインはほっそりしてて、しなやかな筋肉を思わせる動きが「おぉ、かっこいいねー」と感心したものだった。

そんな佐藤浩市も45歳という。へぇ、もうそんなおじさん年齢だったんだ、と思いながら記事を読んだ。俳優としての転換期である年代を、わりと素直に受け止めている印象。ある車のCMで、独身であろう女性部下があえて前を向いたまま「今日の課長(部長だったっけ?)素敵でした・・・素敵でした」なんて言うような対象に起用される年代。

何気なくさっき「もうそんなおじさんか」と思ってはみたけれど、お父さん世代というわけではないし、さりとて恋愛の対象とするにはいささか躊躇われるのが40代。人物評かも男としてを超越して「人間的に」素敵かどうか、になってくる。
私の考えは別にすると、もはや外も中もオッサンやオヤジな人もいるが、反面誘われたらふらふら催眠術にかかる危険が匂う魅力をふりまく人もいて「男」としての二極化が顕著になるのも40代だと思う。孔子が曰く「不惑」どころか「わくわく」するような昨今。私としては人間としての魅力を見たいし見てほしいと思うのが40代といったところか。30代はともかく射程圏内なので外しておいたほうが良さそうだ。

年齢が一回りちょっとくらい離れると、お互い勝手に都合の良い期待を抱きやすい。私の勝手な期待とは「経験値としての知識を惜しまず与えてくれて、時々メシでも驕ってくれて、人生の良き助言者として遠くから(ここがポイント)微笑ましく見守ってくれる」感じか。まるで老人に期待するようなことだけど。勿論友達にそれを言ったら、床が揺れそうなくらい笑っていた。私も現実にあり得ないと思っている。

「末は尼寺か修道院か」という妙な評価を得たことさえある私は、鼻が悪いのか滅多に「男」のフェロモンって嗅ぎ分けられないみたい。周囲の女性が言うほど簡単に目がハートになったりしないんだよなぁ。それに色々言っていても、生臭い欲求って、なんか疲れそうで。
[PR]
# by saporterK | 2006-02-15 00:29 | Comments(0)
昨日ロングブーツでガツガツ歩いて足の薄筋や縫工筋とおぼしき所が筋肉痛。若いけど、若ぶるのはやめたほうが良さそうだ。

お客さんから手作りのココアマフィンを戴く。「わーい、ありがとうー」と喜んで、さて食べ始めてから「おぉ、これはマスターがまず手をつけるべき品であったか」と気付いたけれど、もう美味しく食べていたのでモグモグごっくん。マフィンには幾つもレシピがあって、今日戴いたのは私好み。義姉上にしてもお客さんにしても、どうして子育てに忙殺されてくたびれきっているのに、こんなにもおいしいお菓子を作れるんだろう。そういう点で、以前も言うように私には人への愛情が不足しているのかも知れない。

で、夕方一段落となって新聞を開く。雲隠れすると新聞を読まないのでちょうど休刊日で良かった。日曜日付けの日経新聞に、コーヒーが糖尿病や肝臓がんの予防に期待ができる記事。当然ながら「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」で締められていたが、薬として飲まれ始めた一説がある通り、コーヒーも適量飲むことで体によろしいのだ。好きであればよいし、嫌いなら飲まなくてもよろしい。本当の薬と違って取り入れるかどうか選択できるのもよろしい。

内田樹氏や小田嶋隆氏のブログで、「ジャーナリスト宣言 朝日新聞」のCMへの批判記事を読んでおおいに頷いたばかりだが、日経新聞ばかり褒めるわけではないけれど、読んで面白いとか為になる記事の量としては日経に軍配をあげる。それにここのところの朝日新聞に対する更なる批判として、例えば「一面記事と社説とで主張が噛み合なかったり矛盾さえしていることがある」一貫性の乏しさがあげられる。
それを思うと確かに言葉はCMの中の「残酷」「無力」だ。先月ころ単行本に「朝日ともあろうものが」というのが出た。題名を見ても最近の朝日新聞への批判が伺えるし、逆に朝日新聞への手放しの信頼と期待を購読者が持っていたかわかるような感じがする。内容は読んでいないので見当違いな印象かもしれないけれど。

と思うんだけど、お悔やみ欄や地元の記事に関して購読をやめられない(申し訳ないが山日新聞は特定の記事、それも水原紫苑さんとかの連載以外読みたい所は殆どない。しかしそれも朝日には載らないこともあるお悔やみなどもあって購読をやめられない)。

やはり多少主張の噛み合わせが悪くても、ひとつの意見として比較するには、新聞も三紙くらい取っていないと、一紙の記事に自分の考えが操作されてしまうので、これからも朝日と山日と日経に新聞代を払っていくのだ。あ、あと私は読まないスポーツ新聞一紙もあった。朝日の首尾一貫しないことに切り裂くようなご意見を聞かせて下さったお客さんのお勧めは「信濃毎日」だそうだ。単行本化された物も良質な内容という。
お勧めの新聞があったら他にも教えてほしい。
[PR]
# by saporterK | 2006-02-14 00:01 | Comments(2)